カテゴリー別アーカイブ: お土産

佐渡産の焼あご(トビウオ)はこうして作られる


焼あご作り方

6月初旬から7月中旬頃にトビウオが沢山採れます。
このトビウオを使った焼あごの作成風景に出逢えました。ここは佐渡市真野地区の豊田という漁村で、昔から焼あご作りが盛んでした。近年は担い手もいないことから焼あご作りをする人も減ったとか。
佐渡の蕎麦つゆと言えば、このあごだしが定番です。最近では焼あごを島外のラーメン屋さんが大量に仕入れているようで大変人気なんだとか。

この貴重な焼きあごがどのように作られているのか、おばちゃんにこっそりお聞きしました。

トビウオを捌く

まずはトビウオを捌くところから。
鱗を落とし、頭を羽のところから切ります。腹を裂いて内蔵を出します。

トビウオを洗う

裂いたトビウオの腹側をブラシで綺麗に洗います。

トビウオに串を差す

頭側から長い竹串を、尻尾まで貫通はさせない程度に刺していきます。

焼あご

火の周りに差し並べていきます。最初は背中側から焼き、頃合いになったらお腹側を焼きます。

焼あご

焼きあがったら、更に豆炭で炭火焼きにして飴色になったら完成。

焼あご

丁寧な行程をおじちゃんとおばちゃん二人で、黙々と作業していました。
こんなにも手間がかかるお仕事だったのですね。そして、この丁寧に作られた焼きあごを使ったお蕎麦のつゆの風味がたまらないです。
今度焼あごのつゆをいただく時には、この作業を思い浮かべ、ありがたくいただきたいと思います。

豊田のおじちゃん、おばちゃん、ありがとう。
また来年も撮影出来たらと思います。

関連記事:




佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

佐渡の写真集「佐渡自慢vol.2」が本日より発売いたします。


佐渡自慢vol.2

佐渡の写真集「佐渡自慢vol.1」を去年の7月に発売したわけですが、本日3月1日より佐渡自慢vol.2を当館およびレストラン&バーこさどにて販売開始いたします。
その他の販売先等はまだ未定となっておりますが、随時掲載しお知らせしたいと思います。

■現在の販売先
尾畑酒造株式会社(通信販売)
maSanicoffee
新穂潟上温泉(休業中)
BlueCafe

佐渡自慢vol.1についてはこちら
佐渡の写真集「佐渡自慢vol.1」を何故旅館番頭が作ったのか

vol.1は割りとメジャーな佐渡の観光スポットを中心に構成されておりますが、vol.2は佐渡の夕日や夜景、人物等を中心に構成いたしました。以前アートディレクターの浅田克治さんに「綺麗な写真を撮る人はいっぱいいる。佐渡島に住んでいる地元の人だからこそ撮れる写真を。」とご助言いただき、佐渡ならではの時間の過ごし方、佐渡の暮らし、佐渡の素敵な人たちを本誌にて掲載いたしました。

佐渡の写真集 佐渡自慢vol.1、vol.2ともに税込み1500円となります。
あなたの佐渡をあなたの言葉で広めていただきたい。そんな想いでこの写真集を作りました。

佐渡の写真集

佐渡の写真集佐渡自慢についてのお問い合わせ

会社名またはお名前 (必須)

メールアドレス (必須)

写真集についてのお問い合わせ内容 (必須)

関連記事:




佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

カフェ併設の朱鷺オカリナの里 「城南窯」(じょうなんがま)


城南窯

佐和田のコメリ向かいの交差点の坂を上がり、左手にある小高い丘の上にあるカフェ併設の、朱鷺オカリナの里「城南窯」さんにお邪魔してきました。窓からは海が一望出来て、とっても素敵な空間なんです。ここのお店は、城南窯という窯元さんですので、作品も展示してあるカフェです。もちろん提供される器もこちらで焼いたもので、作品に囲まれながら窓からの眺めを堪能出来るんです。

城南窯

丁度この日は雨上がりで二重になった虹が見れました。
城南窯からの虹

店内は池田脩二さんが手掛けた朱鷺をモチーフとしたレリーフが天井や壁に、沢山羽ばたいており、佐渡らしい空間となっています。また、池田脩二さんは佐渡汽船のときわ丸のエントランスホールにある、朱鷺のレリーフを手掛けた方です。ご存知でしたでしょうか?
佐渡汽船の新造旅客カーフェリーときわ丸
池田さんの作品はこちらです。
城南窯 池田脩二 作

池田さんの代表作でもある、朱鷺オカリナ。通常の形状だと、朱鷺の顔の部分が演奏中のオカリナの穴をふさぐ指で隠れてしまう。改良を重ね、演奏中でも朱鷺の顔が見えるような形状に仕立てあげ、やっと完成した作品なのです。その想いを形にする愛情と情熱は、この地にカフェとアトリエを開くにも同じぐらいに注がれたようで、池田さんのこれをやろう!と決めたら没頭してやるというアーティストの集中力のような、そのようなものを感じました。
池田 脩二 朱鷺オカリナ

偶然にも立ち寄った際に、窓の外に虹が出てその情景をバックにオカリナの演奏をしてくれました。
写真ではお伝え出来ませんが、~El condor pasa コンドルは飛んでいく~という曲です。これには来場した女性たちも感動。また、偶然にも池田脩二さんとお連れした女性たちの大学の学長さん(あのイルカの彫金で有名な宮田亮平さん)が親戚だということで、これまたご縁のあるお話。
池田 脩二 朱鷺オカリナ

奥様や娘さんの作品もあり、中でもかわいい!と人気な池田早季恵さんの作品。当館にもいくつか展示させていただいております。コブダイや朱鷺など佐渡の人気の動物をモチーフにした作品や、ふくろうやかめ、鬼などその表情もとてもかわいらしく、柔らかな雰囲気。
城南窯 池田早季恵 作
城南窯 池田早季恵 作

お土産としてお買い求めいただくもよし、作品に囲まれた素敵な空間で、窓の景色を眺めながらのんびり過ごすもよし。
お近くを通る際にはぜひお立ち寄りいただきたいお店としてご紹介いたしました。

佐渡市中原15-12
0259-57-2368
営業時間:11時~18時
木曜定休日

当館から城南窯への地図

関連記事:




佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋