カテゴリー別アーカイブ: イベント・お祭り

小倉の物部神社の鬼太鼓


物部神社法被

4月15日開催の小倉の物部神社祭典に行ってきました。昼間は小倉の集落に行ったら太鼓の音も聞こえず、後で聞いたら畑野の街中に遠征に行ってたり、山の上の集落に門付けに行ってたりと、遠いところから門付けに行っているみたいです。夜になると小倉の集落に散らばっていた鬼たちが戻って来て門付けをし、最後に宮入りをします。

物部神社

この日は桜も満開で、境内がライトアップされてとても美しく雅な佇まい。田んぼの代掻きが終わって水鏡になっていたら、映り込みが綺麗だろうなぁとは思いましたが雨上がりだったので、若干映り込んでくれました。

物部神社

手水鉢も映り込みが綺麗でした。流石時間になると人がいっぱい集まってきますが、二年前でしょうか、訪れた際にはもっと沢山の人が集まっていたように思います。おそらく15日が日曜日でいろいろな行事と重なった故に人が分散したのかなぁと思います。

小倉の獅子

小倉のお祭りは宮入の際に鬼たちと獅子で、鳥居前で行ったり来たりします。入ろうとする獅子、それを止める鬼。その駆け引きを数回繰り返した後、勢いよく獅子が拝殿えと駆け込みます。

小倉の獅子

小倉まつり

この日は観客も少なかったので場所取りも余裕があり、良いポジションを取れたのでバッチリ撮影出来ました。たまに他人のフラッシュで白飛びした写真になったりもしましたが。

物部神社

ISO感度をググっと上げてISO8000、F1.8の開放で撮ってやっと追いつく感じ。辺りは照明があるとはいえ、動きの早い鬼を追いかけるのはなかなか厳しいです。。。

小倉鬼太鼓

小倉の鬼太鼓の特徴は、動きが早いのと、太鼓にアタックするところ。飛んだり跳ねたりするので、フラッシュを焚いたとしても、4組の鬼がずらりと並んで合計8人で踊りますのでフラッシュの光が手前から奥まで行き渡らないという撮影条件の厳しい被写体。しかし、このずらりと勢揃いした鬼の勇壮な踊りを撮り逃したくないですよね。

小倉鬼太鼓

少しアングルを低く構えて、境内のライトアップを光源として使いつつ、後はカメラとレンズの性能頼り。被写界深度が浅いのは仕方がないので、手前から奥までばっちりピントが合ってはいませんが、満開の桜をバックにずらりと勢揃いした小倉鬼太鼓の舞いが撮影出来ました。

小倉鬼太鼓

小倉鬼太鼓

最後は鬼と太鼓が一例してご挨拶。
本当に素晴らしいお祭りでした。中にはお祭りに合わせて帰省したり、有給休暇をとったりして元地元の方にも声掛けして、参加してもらっているとか。

小倉鬼太鼓

関係者に聞くと来年は15日じゃなくなるかもしれない、日曜日の方が参加しやすいからという意見も出ているようです。他の地域も日曜開催の所が若干増えつつあります。
祭りの担い手は大事です。鬼になれば稽古も必要ですしね。ただ、地域が一つになり、このお祭りを運営しているのを見ていると、「しかたねぇ」なんて言いつつも、どこか嬉しそうにしているような気がします。
お祭りはその地域のアイデンティティでもあると思っています。
ぜひ佐渡のお祭りを見に来てみてはいかがでしょうか?

当館から小倉・物部神社までの地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

佐渡島でグランピングしてみませんか? Let’s GLAMPING!!


旅するテント

グランピングって何?という方はまだ多いのではないでしょうか。GLAMPING(グランピング)とはグラマラス/Glamorousキャンピング/Campingを組み合わせた造語で、自然環境の中でホテル並のお料理や快適なサービスを受けられるゴージャスなキャンプスタイルのことを指します。テントを張ってカレー作って寝袋で寝るというスタイルではありません。

今回そのグランピングを手掛ける旅するテントさんが佐渡で企画するとのことで、ちょっとだけお邪魔してきました。

会場となったのは、素浜海岸。
既にサーカステントのような白地のテントが張ってあり、集まった皆様もドレスコードは白。こういった雰囲気作りからテンションが上がってきます。
そしておもてなしのテーブルコーディネートが本当に素敵過ぎます。キャンドルが煌めき、飾りのフルーツやおしゃれな小物も配置してあり、まさにホテルのバンケット会場かのようです。

SWAMPさん

まずはスパークリングワインで乾杯ということで、SWAMPさんが抜栓。
気遣いがホテルマンのごとく手際がよく素晴らしい。グランピングってもてなす側のサービスも大事だなぁと感じました。また、もてなす側の楽しませる!の意気込みと、お客様側の楽しむ!の意気込みがマッチしているのも大事ですね。今回集まった方たちは本当素敵で、佐渡の自然を満喫しながらゴージャスな雰囲気も楽しんでいらっしゃいました。

このロケーションはホテルの窓からでは味わえませんね。

佐渡グランピング

帳の落ちた頃、白いキャンパス地を張ったところにプロジェクターを投影して、皆さんで映画を楽しむという素晴らしさ。
佐渡随一の砂浜で映画を見るなんて、、、今まで考えたこともなかった。

尾畑酒造

そして、こんな感じで地元食材のお料理と並ぶのは、地元のお酒。
我らが真野鶴でございます。こういった地元の自然環境の中で地元のお料理と地元のお酒を味わうって、よくよく考えたら贅沢ですよね。

GLAMPING

私はあまり時間がなく、ちょこっと撮影にお邪魔しただけですが、佐渡でグランピングっていいなぁと思いました。
オートキャンプ場のような施設ではなく、お風呂やプールがゴージャスな感じで揃っているような施設があったら、もっとハイクラスのグランピングの体験が出来るのではないでしょうか。
佐渡のアウトドアは簡易的なものばかり今まで作ってきたけど、これからは本格的なものに取り組んで行かなくちゃいけないなぁと感じました。

佐渡でグランピング。アリです。

snowpeakの常設グランピング施設(2017/6/9 OPEN)
http://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/

GLAMPINGコーディネート 旅するテント
http://tabisuru-tent.com/

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

1月3日開催の月布施毘沙門堂のドウ押し


ドウ押し

佐渡の南西部にある月布施の毘沙門堂にて、毎年1月3日に開催されるドウ押しを撮影しに行ってきました。
ふんどし姿の集落の男性が、25歳と42歳の厄男を一人一人胴上げ・・・というより身体を持ち上げてあちこち曳き回したり、豆殻を燃やした火の上で炙ったりするという、言葉にするとなにやら恐ろしいことをしているかのようですが、そんなにキケンな神事ではありません。

辺りも暗くなった18:30ぐらいになるとお堂の前には集落の人たちや、この様子を一目見ようというお客様や、取材のカメラなどで賑わいます。

月布施の毘沙門堂

鬼役となるふんどし姿の男性たちもぞろぞろとお堂に集まり、挨拶とともにドウ押しが始まります。
囃子方は「ワッショイ、ワッショイ」とかけ声をかけながら木の棒や手足などでお堂の板戸をたたきます。

ドウ押し

あとはひたすら曳き回す。

堂押し

曳き回す。

胴押し

曳き回す!

厄払いの奇祭

曳き回す!!

胴押し

曳き回す!!!

厄年

途中火の上に!そして、鬼たちが濡れた手で豆殻の灰をつけ厄男の顔などに塗りつけます。

厄払い

また曳き回す!

ドウ押し

最後に世襲の神主役を胴上げして終わります。
月布施のドウ押しは佐渡市の無形民俗文化財に指定されています。
ぜひ来年開催の折にご来場してみてはいかがでしょうか。

月布施のドウ押し(毘沙門堂)
開催日時:毎年1月3日 18:30~

当館から月布施毘沙門堂のドウ押しの会場への地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋