カテゴリー別アーカイブ: グルメ・地酒

当館すぐ裏手のおすすめ佐渡食材の和食処 割烹ごしま


割烹ごしま

当館より徒歩2分。
地元の医療関係者の接待先でも使われている、地元食材をふんだんに使ったお料理が自慢の割烹ごしま。当館に朝食付きでお泊りいただき、お夕食はこちらでというお客様もいらっしゃいます。また、あてもなく佐渡旅行に来て、当日になって宿を決めたけど、お夕食どこにしようか・・・などというお客様にもご紹介しているお店でもあります。

私も美味しい和食のお料理を食べたい!という時にこちらを予約することがあり、今回はその時のお料理をちょっとご紹介します。

のっけからこれです。(※注:ビールは別です)
カニのむき身!佐渡はズワイガニや紅ズワイガニなどが採れるところでもあり、それがちゃんとむき身で出てくる。そして、サラダ仕立ての海鮮お料理。これまた絶品。

割烹ごしま付出し

お刺身の盛り合わせが、一人前でこのボリュームです。
地元の鮮魚を仕入れて、こんなに種類豊富に提供してくれるお店なんです。

お刺身盛り合わせ

そして、この時は春だったのでシロウオが近くの川で採れるのでシロウオの柳川鍋。山椒がピリッと効いたあつあつのお鍋。
お出汁の味が絶品です。

シロウオ柳川鍋

これまた日本酒に合わないわけがなく、あつあつのお鍋から取り分けつつ日本酒も。
地元のお酒がまた美味しい。各種取り揃えてます。

シロウオ柳川鍋

この日は真野鶴さんのちょっと特別なお酒をご用意していただいた日でした。

真野鶴

この天ぷらはレンコンのはさみ揚げ。
白身魚のすり身が入った、魚の旨味とレンコンのホクホクな甘味。
これまた日本酒最高に合う。

割烹ごしまの天ぷら

〆のごはんですが、こちら割烹ごしまさんの名物料理。
「ばらちらし」です。私は生魚があまり得意ではなく、こちらのチラシ寿司には生魚は入っていないのです。
とってもおいしくて人気で、地元のスーパーでも小分けにして取り扱っているぐらい。

割烹ごしまのばらちらし

ご予算が心配になると思いますが、お料理だけで3000~4000円ぐらいで十分ご満足いただけると思います。
もちろん、もっと美味しいお料理が食べたい!という方はご予算も奮発していただけたら、ご主人も腕によりをかけてお料理を作ってくれると思います。
地元の美味しい食材と、美味しい地酒を堪能できるお店。地元の人に人気なんだから、絶対おすすめです。

割烹ごしま
佐渡市真野新町172-4
TEL:0259-55-3138
営業時間:17:00〜22:00(不定休)
※ご予約してからのご来店をおすすめします。(当館のブログを見たと伝えてくれると、私が次回来店時に大きな顔できますw)

当館から割烹ごしままでの徒歩地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

香煎工房の珈琲豆焙煎機を購入しました


珈琲焙煎機

先日、東京の香煎工房というところから、新しい焙煎機を購入しました。以前の焙煎機はただ焼くだけで、排気のコントロール等がなく、もう少し本格的な焙煎機が欲しいなぁと思っていた所、かなり本格的な仕様の焙煎機をネット上で発見。さっそく問い合わせしてみて気に入りました。

CAPASUTA ke-2

焙煎機の購入にあたって、焙煎機製作者の辻さんのところに行って焙煎機の使い方と、焙煎の理論について学びます。東京に交通費かけて行く価値ありの焙煎講習で、焙煎機についての取り扱い方や手入れ方法なども教えていただきました。何よりも好感が持てるのが、焙煎も調理であり衛生に気をつけるという点。当たり前のことだけど、多くのロースターはそこまで気を使わないのだそうです。

焙煎機が当館に到着して、さっそくテスト焙煎。若干輸送時に機械のズレ等がありましたら、調整してすべての機器は正常に作動。
珈琲の生豆を投入します。この珈琲豆はエクアドルの高地産の無農薬栽培されたものを使用しています。

珈琲生豆

時々テストスプーンで豆の状態を確認しつつ、温度と排気の調整に気を配ります。豆を焼くと豆の水分が蒸発して、炭のような状態になるのですが焦がし過ぎず、酸味とコクを上手に引き出したところで焙煎機から豆を出して素早く冷却しないと、どんどん焙煎度合いが進んでしまいます。

焙煎テスト

こちらが焙煎が終わって冷却中の豆。色ムラも殆ど無く、珈琲豆のチャフ(薄皮)も排気装置によって取り除かれています。冬場の焙煎なのでなかなか温度管理が難しいのですが、数回程焙煎して慣れてきました。今までの焙煎機よりもさらに美味しく焙煎出来るようになりました。

無農薬珈琲豆

当館で提供する珈琲と、レストラン&バーこさどで提供する珈琲はすべてこの焙煎機で焙煎しています。ご注文があれば焙煎した豆を販売することも可能ですが、今のところ発送はしておりませんのでご了承ください。(焙煎豆は来店受け渡しとなります。)
新しい焙煎機で焼いた豆は香りが高く、後味がスッキリとしていてクリアな苦味とコクが特徴です。ぜひご賞味いただきたいと思います。

焙煎珈琲豆

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

カニ好き必食!築地で好評価の佐渡海洋深層水で短期蓄養された活本ズワイガニ


佐渡海洋深層水活本ズワイガニ

カニ好きな方はぜひ食べて欲しい!佐渡近海で採れた本ズワイガニを、佐渡海洋深層水で短期蓄養したカニを活きたまま直送する。そんなことをやっている施設にお邪魔してきました。この施設は佐渡海洋深層水の分水施設の近くにあり、同じく佐渡海洋深層水を水槽に入れた「佐渡海洋深層水水産施設」です。鮑の養殖や、甘海老の短期蓄養、昆布の養殖なども手掛けています。

佐渡海洋深層水活本ズワイガニ

カニ漁の解禁は10月~5月ですが、一番美味しい時期といわれているのが11月~2月ぐらい。雄のカニの方が大きくて市場に出回るのも雄のカニが多いです。ただ、雄のカニだけ水槽に入れておくと喧嘩して、足折れの原因になったり弱ったりするそうで、同じ水槽の中に雌のカニも何匹か入れると落ち着くのだとか。

佐渡海洋深層水活本ズワイガニ

また短期蓄養した後、出荷するわけですが、その間にも新鮮なお魚を卸したものを与えていて、海にいるより贅沢なものを食べていると言えます。餌を投げ込むと、はさみを器用に使ってもぐもぐと食べていました。たまに餌の取り合いにはなっていましたが、食べる姿もなんだか愛しげです。

活本ズワイガニ

活本ズワイガニの発送は、佐渡海洋深層水を密閉容器に入れ、水の中でエアレーションをして空気を含ませた後、本ズワイガニを入れて袋に入った氷を浮かべ、温度が変わらないように工夫してあります。一般的には氷を敷き詰めた発泡スチロールに、カニを逆さまにして入れて発送するのですが、この方法だと急激に冷える為に、関節部が折れやすくなるそうです。

活本ズワイガニ 発送

まだまだインターネット上でも佐渡産活本ズワイガニの掲載が少なく、なかなか知られていないようで、何処に行けば買えるの?とか、ネットで通販していないの?とか聞かれたことがありますが、基本的には佐渡海洋深層水分水施設にお問合わせいただければ対応していただけると思います。

佐渡海洋深層水分水施設
〒952-0822 新潟県佐渡市多田262番地4
電話:0259-81-2611 FAX:0259-81-2612
営業時間:9時~16時30分
E-mail: sado-dsw@e-sadonet.tv

活本ズワイガニ 直送

築地でも評価が高く、以前は越前ガニや松葉ガニの価格が一番高く、カニといえば能登沖というイメージだったのですが、最近では佐渡産本ズワイカニも評価が上がってきており、価格も同等に扱われるようになりました。築地が認めた佐渡産本ズワイガニが何故美味しいか、その理由を4つにまとめてみました。

何故この活本ズワイガニが美味しいのか?
理由その1:採れたてのカニを低温の佐渡海洋深層水に蓄養して身が締まりおいしくなる
理由その2:短期蓄養の間にも刺し身で食べられるようなお魚を餌として食べさせている
理由その3:活きたままの本ズワイガニを直送するので、到着しても元気に動いています
理由その4:発送時氷に直接入れず、佐渡海洋深層水に入れて発送するので足折れが少ない

佐渡産活本ズワイガニ

どのくらい活きがいいか、写真ではお伝え出来ないので動画で撮影してみました。

佐渡海洋深層水に入った佐渡産活本ズワイガニ動画

今丁度旬の佐渡産活本ズワイガニはカニ好きの人ならぜひ味わっていただきたい。当館でもご予約いただければご用意出来ます。(予約時に活ズワイガニが食べたいとお申しつけください。)

佐渡産活本ズワイガニ・・・1匹12000円(税別)

当館から多田の佐渡海洋深層水分水施設までの地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋