カテゴリー別アーカイブ: グルメ・地酒

加茂湖のかき小屋あきつ丸


牡蠣小屋

先日加茂湖のほとりにあるカキ小屋「あきつ丸」さんにお邪魔してきました。
かき小屋の中は加茂湖で採れたかきの殻を剥いている真っ最中でして、次から次へと殻を開けて剥いていきます。

加茂湖は新潟県で一番大きな湖です。佐渡島は新潟県で唯一真牡蠣(まがき)の養殖をしているところなのです。(※佐渡島では他にも沢根で養殖してます。)牡蠣は通常2〜3年かけて大きく育ち出荷出来るようになるのですが、この加茂湖で育つ牡蠣は1年で出荷出来ます。また、加茂湖は汽水湖であり淡水と海水が混ざり合い、牡蠣の香りが磯臭くなく美味しく食べられるのも特徴です。

牡蠣のしゃぶしゃぶ

あきつ丸さんでは、牡蠣のシーズン中であれば一日前に予約するとカキ小屋でランチをご用意してくれます。この日頼んだのは、カキのしゃぶしゃぶや殻付き牡蠣の蒸したものも付いたコース料理で、一人4000円。他にも殻付き牡蠣食べ放題プランなどいくつかあるようです。

かき小屋のしゃぶしゃぶ

はじめにかきのしゃぶしゃぶをご用意いただきました。しゃぶしゃぶといっても、生食用ではないのでちゃんと火を通してからいただきます。

加茂湖の牡蠣

鍋に入れたあっつあつのカキをすくい上げ、佐渡産のポン酢でいただきました。これで二人分か!?というぐらいの量だったのでお隣さんのお客様におすそ分けさせていただきました。

カキの炊き込みご飯

テンポよく次々とお料理が運ばれてくるので、撮影しつつ食べつつ、しゃぶしゃぶしつつとこちらは大忙し。このカキの炊き込みご飯も絶品でして、あのカキの風味がしっかりついていて、ゴロゴロとカキの身も入っていて濃厚なお味を堪能。お漬物も美味しく、小鉢には牡蠣の佃煮がご用意されておりました。これまた美味しくてお隣のお客様はおかわりしていたぐらい。

加茂湖のカキフライ

後ろではパチパチと揚げ物をする音がすると振り返ってみると、カキフライをご主人が丁寧に揚げておりました。食べるのも忙しいし、撮るのも忙しい。そんな落ち着きのない客ではありますが、このカキフライはやばいですね。美味しすぎました。

カキフライ

大事なことですのでもう一度言いますが、このカキフライはめちゃくちゃ美味しいです。醤油でオーソドックスに食べても良し、中濃ソースでこってりで食べても良し、ポン酢でさっぱり食べても良し。カリカリのさくさくで油っこくなく、カキのジューシーさを閉じ込めた美味しい衣でした。
揚げたてのあつあつなので、やけど注意ではありますが。

牡蠣の味噌汁

そしてこれは人生初ですが、牡蠣の味噌汁。牡蠣のお吸い物などは食べたことはあったのですが、味噌汁の中に入っているのは初めて見ました。こんなにも牡蠣づくしで贅沢な食べ方をしたのも初めてです。

殻付き蒸し牡蠣

そして牡蠣の殻付きのまま蒸し上げたものを、ご主人が丁寧に開けていただき、ゆずを絞って食べます。もう既にお腹いっぱいな感じではありましたが、すべて平らげました。佐渡の牡蠣はスーパーに並んでいる時点で剥いてあるので、殻付きのまま食べることは滅多にないのですが、あきつ丸さんの牡蠣小屋に来れば、殻付きのまま購入も出来ますし、牡蠣小屋の中で食べることも出来ます。

おけさ柿

最後に佐渡の名産である「おけさ柿」。カキづくしのコース料理に相応しいデザートでした。

牡蠣に合う日本酒

お酒はもちろんソフトドリンクもご用意があり、中でもおすすめなのが「牡蠣に合う日本酒」とラベルにあるので、こちらが絶対おすすめでしょう。これと牡蠣のしゃぶしゃぶや、蒸し牡蠣などは合わないわけがないです。

かき小屋あきつ丸

前述に記載したとおり、ご予約が必要ですので前日より前にご予約することをおすすめします。また、舟で漁に出ていたりする場合もありますので、電話の繋がらない時間もあるかも知れませんので予約が取れるまでお電話してみてください。あっつあつの揚げたてカキフライがめっちゃ美味しいですよ。

かき小屋あきつ丸
所在地: 〒952-0021 新潟県佐渡市秋津976−1
電話: 0259-27-7603

当館からかき小屋あきつ丸さんへの地図

関連記事:




佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

釣り人が集まる肴が美味しい居酒屋かっ八(かっぱち)


かっ八

佐和田海水浴場近くにある、夜限定のお店「居酒屋かっ八」にお邪魔しました。
ここは釣り名人が集まるお店で、その釣り人たちをもてなす肴が沢山用意された店でもあります。何を食べても美味しいのですが、やはりこのお刺身がドーンっと舟盛りで出てくるのがインパクトが大きいでしょう。

舟盛りのお刺身

今回はお任せコースということで飲み物含めて一人5000円ぐらい。
このお刺身の舟盛りは3人前ですが、はみ出るぐらいの大きなタラバエビがドーンと載せられておりました。また脂テッカテカの寒ブリも醤油を弾く程の旨味たっぷりのお味。なんとも盛り付けが豪勢なネタ揃いです。これは大きなホテルや旅館では用意出来ないであろうネタです。

ぶりのしゃぶしゃぶ

この先付けで出てくるお料理も絶品でして、貝ヒモのサラダ仕立ても美味しいし、牡蠣グラタンもアツアツの身もプリプリなやつでして、白子ポン酢はクリーミーで濃厚な旨味。ブリのしゃぶしゃぶは鍋に入れてサッと表面の色が変わったら引き上げて、レアな状態で食べます。余分な脂が落ちてさっぱりとした味わいで、しゃぶしゃぶし続けこちらも瞬殺。お箸を置くこと無く次々とお料理を食べ尽します。

佐渡産寒ブリのしゃぶしゃぶ

たまにイレギュラーであろう、ボタンエビの殻を塩焼きにして出てきたり、釣り人が釣ったイカが出てきたり、美味しいご馳走がぽんぽんと出て来ることもあります。

しめ鯖

このしめ鯖が絶妙な酢加減で、旬の鯖の旨味が酢によって引き出されております。しかも竹を切って器にしたものに盛り付けて出てくるというお皿使いも素敵です。

豚ロースの照り焼き

魚が怒涛のごとく続いた後に、豚ロースの照り焼きが出てきました。たまらずご飯を注文するイレギュラーにも対応してくれて、茶碗一杯づつということで提供していただき、このご飯もまた美味い。
こちらの料理で今回は〆ということでした。季節によって様々な料理が出て来るこのお店ですが、私のお気に入り料理が真鯛のアクアパッツアのお写真を紹介したいので、以前行った時の写真も掲載しておきます。

岩牡蠣

こちらは夏に行った時に出てきた岩牡蠣。ポン酢でいただきます。佐渡は冬場に加茂湖や沢根で採れる養殖の真牡蠣の他に、夏に岩場で採れる天然の岩牡蠣もあり、年中牡蠣の食べられる島でもあります。

真鯛のアクアパッツア

そしてこちらが真鯛のアクアパッツア。ドライトマトの旨味が真鯛の淡白な味にアクセントで効いています。このアクアパッツアを粗方食べ終わった頃に下げたと思ったら、こちらの煮汁を活かしてパスタに仕上げて提供してくださいました。

真鯛のアクアパッツアのパスタ

普段は看板も付いていなかったり、ふらっと立ち寄れるのはおそらく常連さんだけなのかも知れませんが、電話予約してからであればこの美味しいお料理にありつけるかも知れません。
まだ行ったことがないという方は、ぜひご予約してから行かれることをおすすめします。

居酒屋かっ八
住所:佐渡市河原田諏訪町211
電話:0259-52-6455

当館から居酒屋かっ八までの地図

関連記事:




佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

佐渡島でグランピングしてみませんか? Let’s GLAMPING!!


旅するテント

グランピングって何?という方はまだ多いのではないでしょうか。GLAMPING(グランピング)とはグラマラス/Glamorousキャンピング/Campingを組み合わせた造語で、自然環境の中でホテル並のお料理や快適なサービスを受けられるゴージャスなキャンプスタイルのことを指します。テントを張ってカレー作って寝袋で寝るというスタイルではありません。

今回そのグランピングを手掛ける旅するテントさんが佐渡で企画するとのことで、ちょっとだけお邪魔してきました。

会場となったのは、素浜海岸。
既にサーカステントのような白地のテントが張ってあり、集まった皆様もドレスコードは白。こういった雰囲気作りからテンションが上がってきます。
そしておもてなしのテーブルコーディネートが本当に素敵過ぎます。キャンドルが煌めき、飾りのフルーツやおしゃれな小物も配置してあり、まさにホテルのバンケット会場かのようです。

SWAMPさん

まずはスパークリングワインで乾杯ということで、SWAMPさんが抜栓。
気遣いがホテルマンのごとく手際がよく素晴らしい。グランピングってもてなす側のサービスも大事だなぁと感じました。また、もてなす側の楽しませる!の意気込みと、お客様側の楽しむ!の意気込みがマッチしているのも大事ですね。今回集まった方たちは本当素敵で、佐渡の自然を満喫しながらゴージャスな雰囲気も楽しんでいらっしゃいました。

このロケーションはホテルの窓からでは味わえませんね。

佐渡グランピング

帳の落ちた頃、白いキャンパス地を張ったところにプロジェクターを投影して、皆さんで映画を楽しむという素晴らしさ。
佐渡随一の砂浜で映画を見るなんて、、、今まで考えたこともなかった。

尾畑酒造

そして、こんな感じで地元食材のお料理と並ぶのは、地元のお酒。
我らが真野鶴でございます。こういった地元の自然環境の中で地元のお料理と地元のお酒を味わうって、よくよく考えたら贅沢ですよね。

GLAMPING

私はあまり時間がなく、ちょこっと撮影にお邪魔しただけですが、佐渡でグランピングっていいなぁと思いました。
オートキャンプ場のような施設ではなく、お風呂やプールがゴージャスな感じで揃っているような施設があったら、もっとハイクラスのグランピングの体験が出来るのではないでしょうか。
佐渡のアウトドアは簡易的なものばかり今まで作ってきたけど、これからは本格的なものに取り組んで行かなくちゃいけないなぁと感じました。

佐渡でグランピング。アリです。

snowpeakの常設グランピング施設(2017/6/9 OPEN)
http://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/

GLAMPINGコーディネート 旅するテント
http://tabisuru-tent.com/

関連記事:




佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋