カテゴリー別アーカイブ: グルメ・地酒

JA佐渡米はネオニコチノイド系農薬不使用で日本一安心安全美味しい理由


トキ認証米

ツイッターを見ていたら鳥類学者の方のツイートでこんなのを見つけた。


農家をしていないにも、ネオニコチノイド系農薬が生態系に及ぼす危険性については、ニュースや知り合いのSNSの投稿などで見てはいました。特に齊藤農園の齋藤真一郎さんが一生懸命取り組んでいたので耳にはしていました。調べてみると2013年頃から廃止したのだとか。ちなみに齋藤真一郎さんはWikipediaにも掲載されている有名農家さん。

佐渡米

そして13年連続食味「特A」で現在連続記録としては日本トップ。(昨年魚沼産コシヒカリは連続28年特AがAランクに)これも凄いのですが、除草剤を使わないから田んぼの畦道は綺麗に緑色をしています。そのかわり、農家さんたちは草刈りをしなくてはならず、夏の暑い時でも早朝の涼しい時や夕暮れ時になると、田んぼに出かけて草刈りをしています。手間はかかるけど生き物たちは住みやすくなり、結果安全で美味しいお米になるのかもしれません。

佐渡米

JA佐渡 特別栽培米農林水産省新ガイドライン
環境にやさしい農業の島だからできる農法【生きものを育む農法(生物多様性農業)
「生きものを育む農法」とは、農薬や化学肥料を削減するだけでなく、朱鷺を中心とした豊かな生態系を守り、生きものが暮らしやすい水田環境を作り出す農法です。

具体的には、
・化学農薬・化学肥料の減・・・従来の慣行栽培方法の5割減以上とする。
・生きものを育む技術・・・冬期湛水、江の設置、魚道の設置、ビオトープの設置等の取り組み
・生きもの調査・・・年2回の田んぼの生きもの調査の実施
これらの要件を満たすお米が「朱鷺と暮らす郷」米になります。(佐渡市による認証制度「朱鷺と暮らす郷認証制度」)
さらに、美味しさを追求し、タンパク含有率6.2%以下が、認証米要件に加わりました。(平成25年産米より)
– 上記JA佐渡より抜粋 –

普段何気なく食べている佐渡産コシヒカリですが、当たり前の味の裏にはこんな農家さんたちの努力があるんだよなぁと知るきっかけになりました。
朱鷺に棲んでもらいたい。その一心で様々な研究者も佐渡に来て農家さんたちと一緒に取り組んだ努力の賜物。それが世界農業遺産(GIAHS)の登録にも繋がったんですよね。
皆さんも普段食べているお米を佐渡米に切り替えたくなったのではないでしょうか?ちょっと試してみたい!と思ったら取り寄せてみてくださいね。

通販でも買える「朱鷺と暮らす郷認証米」購入サイト
佐渡もん – 相田ライスファーム 佐渡スーパーコシヒカリ –
佐渡特選市場 斎藤農園
楽天市場 食の宝島佐渡 朱鷺と暮らす郷コシヒカリ

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

魚道場 長浜荘の海鮮丼はぜひ食すべし


長浜荘

真野の長浜にある魚道場長浜荘に行ってきました。こちらは民宿でもあり、ドライブインでもあり、寿司割烹でもあり、お店に入ると大きな生け簀があるお店。ここの海鮮丼がボリューミーで旨い!という評判は前々から聞いていたのですが、地元で顔見知りのお店ってなんだか同業者が偵察しているみたいで入りづらいのもあり、なかなか来る機会がありませんでした。

いけす
おこぜ

普段から大きなバスが止まって団体さんも入るを見かけてはいたのですが、もちろん2人でも大丈夫。今回注文したのは海鮮丼とお刺身定食。海鮮丼はいろいろとランクがありましたが上の1900円にしてみました。ネタは季節によって変わると思いますが、寿司ネタでお馴染みのやつから、いごねりまでのっているではありませんか。そして、たまに海鮮丼を食べる時にアレ?って思うのがごはん。すし飯じゃない海鮮丼の時がたまにあるので、こちらはちゃんとすし飯でした。

海鮮丼

お刺身定食は1700円でこのボリューム。決して同業者だからサービスしたわけではありませんよ。普段からこのボリュームなのです。

刺身定食

オーナーの三浦さん、板場で忙しそうにしていたのにも関わらず、ご挨拶に来てくれました。お人柄もさることながら料理の味もボリュームも素晴らしい。

長浜荘 三浦幸二

魚道場長浜荘
〒952-0315 新潟県佐渡市大須1021-1
TEL 0259-55-2511

当館から長浜荘への地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

スーパーER農法の佐渡産無農薬レモン


無農薬レモン

佐渡でレモンが採れる!そんな話を以前からお聞きし、店頭でそのレモンが並んでいるのをお見かけして以来、いつか栽培している風景を見てみたい。そんな想いから役所やらJAやらに電話しつつアポを取って取材させていただきました。食に携わる人でも、実際に現場を知る人って少ないですからね。その食材がどんな人がどんな想いを込めて作っていらっしゃるか、採っていらっしゃるか、実際に見聞きすると食材に対する思い入れも自然と違ってくるのです。

無農薬レモン

ナビでも辿り着けない、赤泊の山を越えて細い道をグネグネと曲がりながらやっと辿り着いたその先に、ハウス栽培されたレモン畑がありました。この場所は日の当たる斜面にハウス栽培されているので、日照条件が良くレモンも育つのだそうです。この佐渡産無農薬レモンを栽培しているのが、「上野初男」さん。

上野初男

佐渡産無農薬レモンは、スーパーER農法という発酵食品をベースとした土壌改良材を散布するのみ。酵素と微生物のチカラによって土壌環境を整えることで、植物が本来持つ生命力を高め、根の張りや樹勢がよくなり、病害虫に強く、成長促進・収穫増・糖度増が期待できるのだとか。
今回お邪魔して撮影させてもらったのですが、レモンが木になっているのを見るのは初めて。店頭に並んでいるのを見るだけで、こんな風に育つのかと勉強になりました。

佐渡産レモン

特徴としては、果汁が濃厚でジューシーで実は小粒。レモン果汁を絞るとなると、結構な数が必要かも知れません。レモンの果皮は無農薬ですから安心して皮ごとジャムやレモンスライスなどで使えます。

レモンの花

レモンの花をざっと探したのですが、終わりかけのものがありました。白い花びらに黄色い雄しべなんですね。またお邪魔してレモンの花も見てみたいと想います。

無農薬レモン

このブログを見て上野初男さんのレモンを買いたい!という方もいらっしゃると思いますので、購入できるところをご紹介。いつもあるとは限りませんが、購入の際にはお電話でお問合せすると良いかと思います。

・新鮮空間「よらんか舎」 佐渡市千種68番地1 Aコープ金井店内
電話 0259-63-3538(9:00~20:00)

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋