カテゴリー別アーカイブ: 神社・仏閣

薪能の古い歴史を持つ牛尾神社の能舞台と安産杉と拝殿の彫刻は見応えあり


牛尾神社 大鳥居

ここは新潟県一大きい湖が正面にある、歴史ある神社牛尾神社です。
延暦11年(792)創建の歴史ある社で、天王さんとも言われて親しまれています。
佐渡の能楽の中心となった国仲四ヶ所御能場の一つでもあり、その能舞台は新潟県指定の文化財になっています。
牛尾神社能舞台

床高、開口高、橋掛り長さ等は、佐渡の能舞台ではほぼ最大だそうです。毎年6月12日には天王祭・牛尾神社宵宮奉納薪能があり、薪能が奉納され、続いて鬼太鼓が奉納されます。
牛尾神社薪能
(2014/6/12撮影)

この時期になると近くの川では蛍が舞い、薪能の雰囲気をより一層幽玄な雰囲気へと誘います。
潟上の蛍
(潟上の川のホタル)

境内にある安産杉は孕杉(はらみすぎ)ともいわれ、古来、子授け・安産の杉として名高いです。この安産杉を抱えたり、樹皮を煎じてのんだりして、子授けや安産を祈る風習もあるそうです。
牛尾神社 安産杉
牛尾神社 安産杉

参道には各所見どころが沢山あるので、ぜひゆっくりとお参りしながら巡ってみてください。

薬師堂 天満宮
薬師堂 天満宮
牛尾神社 狛犬
牛尾神社 狛犬

中でも拝殿の彫刻は素晴らしいので、ぜひご覧ください。
牛尾神社 拝殿の彫刻

翁面が奉納されているようですが、数年に一度しか見ることができず、次回は上手く行けば3年後だったかな??(不確かですいません。。。)
閲覧叶う際には、またお知らせしたいと思います。
翁面

牛尾神社
住所: 〒952-0103 新潟県佐渡市新穂潟上2532
電話:0259-22-2237

当館から牛尾神社への地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

善知鳥神社400年例祭 相川祭りの神輿


善知鳥神社

先日相川の総鎮守である善知鳥神社のお祭りに行ってきました。
佐渡島内の集落のお祭りとしては最大規模で、流石天領の相川ならでは。しかも今年は400周年だそうで、いつも担いでいる神輿ではなく、先代神輿(重量1t!)を担ぎ出す為に担ぎ手も増員したとか。(参照:相川祭り棒組

はじめて相川祭りに訪れたわけですが、神輿が何処にいるのかわからない。。。
とりあえず、賑やかな声のする方へ車を走らせると、豆まきという神事をやっている最中でした。

豆まき

周りの方に、神輿は今どのらへんでしょうか?と聞くと、まだ奉行所より上じゃないか。という情報を聞き車を京町らへんまで走らせると・・・何やら賑やかな掛け声が聞こえてきます。ちょうど夕白町大神宮に神輿をおろす時だったようでした。白装束の集団が神輿を担ぎおろし、境内で休憩&担ぎ手交代をする場面を見れました。

夕白町大神宮

善知鳥神社 神輿

神輿のルートですが、善知鳥神社を14時に出て、鹿伏~御番所橋~四町目~一町目~羽田~博物館(17時頃)~京町~大工町天満宮~夕白町大神宮(19時頃)~下相川~柴町お旅所(20時半頃)~天領通り(21時頃)~善知鳥神社午後22時頃に到着するようです。見どころは天領通りと、善知鳥神社に戻ってくる時だとお聞きしました。今回時間がなく、夕白町大神宮~下相川に向かうところまでしか見れませんでした。

善知鳥神社神輿のシキの様子の動画

辺りが暗いので、高感度で撮影するも・・・やはりノイズが気になりますね。暗いし、フラッシュは祭りの雰囲気を邪魔してしまうし、動く被写体・・・撮影の悪条件ばかり。
善知鳥神社 神輿
相川祭り 提灯行列
相川祭り 神輿

何枚も撮ったのに、まともに見れそうな写真が少ないこと。。。
来年はまた元の神輿に戻るのでしょうけど、この400周年の記念すべき祭りを少しでも見れてよかった。
そして、これを支えてきた町の人々の想いに触れることが出来てよかった。

もっとこの善知鳥神社の相川祭りに佐渡島内、島外から参加してくれるといいのになぁと思った次第です。
また、この日は佐渡島内のあちこちでイベントやらお祭りが開催されていました。来年この日めがけて佐渡にお越しください。

善知鳥神社例祭 相川祭り公式ホームページ
善知鳥神社バナー

当館から善知鳥神社までの地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

佐渡のお寺の維持について考える


長谷寺 佐渡

先日、畑野の商工会でセミナーをしました。
講師謝礼金を頂いたわけですが、そのお金の一部を長谷寺(ちょうこくじ)に信者としてお布施いたしました。

理由としては二つ。
一つは、長谷寺にお客様をお連れして住職がご案内してくださり、いつもお世話になっているから。
一つは、大変素晴らしいお寺なので、自分も何かしらこのお寺に貢献したいから。

住職に電話で連絡して、ご在宅かどうかお聞きし、お寺に伺いました。
お布施の旨を伝えると、「諸堂・伽藍並びに境内整備勧募受付」という用紙をお持ちいただき、そこに名前と住所、願意、金額を記入するところがあり、そちらを記入。お金と一緒に住職にお渡ししました。

長谷寺 仁王門

住職からお聞きしたのですが、このご時世でお寺の維持に関しては大変であるとのこと。
人口が減っていく佐渡島ではなおのこと大変で、お寺の収入源である葬式や、年忌などの法要が減っていくわけですから、お寺の維持管理どころか住職の生活すら大変。
由緒あるお寺の宝物も、佐渡市指定の文化財にして保護してもらおうにも、佐渡市もお金がないので指定はされない。

長谷寺には国、県指定文化財が沢山あり、国指定文化財(十一面観音三体)、県指定文化財が7件、県指定天然記念物2件、国登録有形文化財が15件。その他にも文化財としての価値あるものがいっぱいあるわけです。

十一面観音 長谷寺

こういったお寺の宝物の維持管理も、実際大変で、盗難防止や、修繕修復などにも経費がかかるし、建物の維持管理がかかるわけです。
檀家が少なれけば、当然一軒あたりの負担金も多く、長谷寺のような由緒ある大きなお寺になれば、維持管理もさらに大変なようです。

インターネットで「お寺の維持」と検索するといろいろと世の中のお寺の大変な事情がおわかりいただけるかと思います。

佐渡で拝観料を頂いているお寺は、根本寺だけで、五重の塔のある妙宣寺(みょうせんじ)、紫陽花咲き誇る蓮華峰寺(れんげぶじ)、牡丹で有名な長谷寺(ちょうこくじ)、この3つの観光需要の高いお寺はいずれも拝観料をいただいておりません。
観光バスが立ち寄るお寺ですが、もう少しお賽銭をいれてくれるように、ガイドさんたちも協力しないといけませんよね。

長谷寺 富田住職

私が知り合いをガイドで長谷寺にお連れすると、富田住職はいつも快くお寺のご案内をしてくださいます。時間があまり無いと言うと、足早にハイ次、ハイ次、とご案内してくださるのですが、お客様は説明を聞くのがやっとで、お賽銭を入れて拝む暇もなく・・・見ていて勿体無いと思う次第。無料でご案内していただき、さらにお賽銭も無しでは、ご案内した私としても申し訳ない。

暗闇体験をしても、お金はいただいていないわけです。
なので、私が出来ることといえば、お寺にお賽銭を入れる時は5円ではなく、50円・・・いや100円を入れるようにする。
佐渡のどこかの地区で講演に呼ばれた際の講師謝礼金は、その地区のお寺や神社にお布施する。
知り合いをガイドする際には、謝礼金をご用意する。

今までは正直、お寺や神社のお賽銭は5円や10円を入れておりました。
(そんなに沢山入れると勿体無いという気持ちもあり・・・)
今後は佐渡のお寺に感謝しつつ、お寺の維持に少しでも協力出来ればと思っております。

合 掌

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋