カテゴリー別アーカイブ: 自然

佐渡の深山に出没する火の鳥アカショウビン(赤翡翠)を追う


アカショウビン

声はすれど姿は見えず。キュロロロロっと可愛らしく鳴く綺麗な赤いくちばしの鳥、アカショウビン。火の鳥と称されるこのアカショウビンは渡り鳥で、東アジアから東南アジアまで生息域は広く、夏になると日本に飛来してくるそうです。

ここ佐渡にもアカショウビンの飛来はあるようで、よく出没するポイントへと足を運びました。
ポイントに到着してわずか数分後、新緑の映える木々の奥に一際目立つ赤いくちばしの鳥アカショウビンが飛来!なんともラッキーな出会い。前回は人が数組居合わせて、じっくり撮影が出来なかったのですが今回の出会いは邪魔者は居ません。ここは三脚を据えてじっくり撮影といきましょう。

アカショウビン

毛づくろい中のアカショウビン。

アカショウビン

羽をパタパタっと乾かしているアカショウビン。

アカショウビン

餌取りダイブのアカショウビン。

アカショウビン餌取りダイブ

獲物を捉えたアカショウビン。

獲物を捉えたアカショウビン

採った獲物はカエルでした。

アカショウビンとカエル

獲物を弱らせるために枝に叩きつけます。アカショウビン的なお料理といったところ。

アカショウビン捕食

バシバシっと数回叩きつけて丸呑み。

アカショウビンとカエル

これだけじっくりとアカショウビンを観察出来たのは初めてでして、こんな野鳥素人の私でも簡単に出逢うことが出来たのは、佐渡だからなのか・・・それともたまたま運が良かったのか・・・定かではありませんが、毎年夏には出逢える可能性は高そうです。

尚、撮影場所については自然保護のため伏せさせていただきます。

アカショウビン(英名:Ruddy Kingfisher)
学名:Halcyon coromanda
分類:ブッポウソウ目カワセミ科ショウビン亜科ヤマショウビン属

2016/5/24のアカショウビンとの出逢いの記録

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

海の見える佐渡のひまわり畑が見頃です! 小川のひまわり畑~尖閣湾のひまわり畑


尖閣湾のひまわり畑

佐渡でひまわり畑というと小川のひまわり畑が有名ですよね。
Facebookの情報を頼りに小川のひまわり畑尖閣湾のひまわり畑が開花しているとのことで、車を海岸線へと走らせます。
当館からひまわり畑へは、車でおよそ40分ほどの距離になります。

「海の見えるひまわり畑」は佐渡ならではの情景ですよね。こちらは小川のひまわり畑です。
駐車スペースもありましたが、あっという間に満車状態に。やはりこの時期にしか見れない情景ですから、皆さん心待ちにしているんですね。当館にお泊りのお客様でも数名の方が、開花状況をお聞きになっていたので、その人気ぶりが伺えます。
小川のひまわり畑

ひまわり畑は外海府一帯に広がっており、海岸線を走っていると海の青の中にばっと広がる黄色いエリアが目に飛び込んできます。この時期の外海府のひまわり畑の情景も佐渡のオススメ観光スポットです。
この灯台の見える黄色い一帯が全部ひまわりです。こちらは尖閣湾のひまわり畑です。
尖閣湾 ひまわり畑

ちょっと狭い田んぼの舗装された農道があり、ちょっとした車を停めるスペースもありました。
ひまわりが皆んな車の方を向いています。ひまわり畑で撮影していて思ったのが、ひまわり畑に到着すると皆んな元気を貰っているようでした。
ひまわり畑で撮影

今日は天気もよく、ひまわりが一層元気な表情を見せてくれていました。
ひまわり畑

だいたい同じ方向を向いて咲いているのですが、海に向かって咲く花はありません。だいたい南の方を向いて咲くそうで、外海府の海側は北ですからひまわりたちは道路側を向いて咲いてくれます。ひまわりの黄色、海と空の青、草の緑が映えてコントラストが美しいです。
ひまわり畑

だいたい7月上旬から8月上旬の間に咲きますので、この時期に佐渡を訪れる際にはぜひ外海府の海岸線に行ってみてください。
海の見えるひまわり畑(小川~尖閣湾)はとってもおすすめです。

当館からのひまわり畑(小川~尖閣湾)への地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

準絶滅危惧種の佐渡の固有種サドノウサギ(佐渡野兎)に出逢う


サドノウサギ

サドノウサギ(学名:Lepus brachyurus lyoni)
佐渡の固有種であり、増えすぎて困った為、テンを放して間引きしようと試みたらテンが増えすぎてしまい、準絶滅危惧種に指定されてしまったサドノウサギ。後ろ足が雪に埋まらないように長いのが特徴だそうです。夜行性なのでなかなか見る機会もなく、またすばしっこいので、見つけても撮影することが出来ませんでした。

今回たまたま夜、山道を走っていると一匹の兎が車のライトに照らされて、逃げては立ち止まり、逃げては立ち止まりを繰り返していました。たまたま立ち止まったところを、手持ちのカメラでパチリと収めることが出来ました。なるほど・・・情報どおり、耳がやや短く、後ろ足が長い。毛色は夏毛の茶色へと生え変わっていました。冬毛になるのはいつになるのかわかりませんが、その頃はこの山道は通行止めになってしまう。。。

サドノウサギ

農家さんのお話では、サドノウサギは割りとそこらへんにいて、農作物を食い荒らすので厄介モノだそうな。確か朱鷺も同じく厄介モノ扱いされて絶滅してしまった。農業は自然との共生、人としての生き方を考えさせられます。

佐渡島には他にも独自の進化を遂げた固有種がいます。(新種含む)
・サドノウサギ
・サドカケス
・サドモグラ
・サドガエル
・サドマイマイ
・サドマイマイカブリ
・サドムシオイ
・サドアザミ
・サドナデシコナマコ

朱鷺も含めてですが、この島で守られている生物は沢山。
生き物たちにとって暮らしやすいのか、たまたま天敵がいなくて生き延びているのか。どちらにしても、島の魅力のひとつであることにかわりありません。
島の魅力といえば、この日は山に登って素敵な景色が見れたのです。その模様はまた後日投稿します。

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋