春蘭(シュンラン 学名:Cymbidium goeringii)


シュンラン

春蘭(シュンラン)
学名:Cymbidium goeringii
科名:ラン科
別名:黒子(ホクロ)、ジジババ
花言葉:気品 清純
佐渡での自生:佐渡のに明るい林床に自生しています。

ラン科の植物で真っ先に春に咲くのが、この春蘭。葉っぱの間からにょきにょきっと立ち上がり、十字架のように咲きます。
花は茹でて酢の物にしたり、塩漬けにして蘭茶として、おめでたい時に飲んだりします。

春蘭

関連記事:



粗毛瓢箪木(アラゲヒョウタンボク 学名:Lonicera strophiophora)


アラゲヒョウタンボク

粗毛瓢箪木(アラゲヒョウタンボク)
学名:Lonicera strophiophora
科名:スイカズラ科
別名:大葉瓢箪木(オオバヒョウタンボク)
佐渡での自生:佐渡の日当たりのよい斜面に自生しています。

春の山々で真っ先に白い花をつけるスイカズラ科の低木。葉っぱの裏に産毛のような起毛があることから、この名前が付いたそうです。
漢字で「荒毛」として掲載している方がいますが、粗毛が正しい表記です。初夏には赤い瓢箪のような実を付ける。

粗毛瓢箪木

関連記事: