大白髭草(オオシラヒゲソウ 学名:Parnassia foliosa var. japonica)


オオシラヒゲソウ

大白髭草(オオシラヒゲソウ)
学名:Parnassia foliosa var. japonica
科名:ユキノシタ科
佐渡での自生:佐渡の水の流れる傍の半日陰斜面に自生しています。

オオシラヒゲソウは日本海側のみ自生する植物で、新潟県内でも自生地が限られる絶滅危惧種です。
佐渡島内では小佐渡の山にしか自生がないと言われ、大変貴重な山野草です。

オオシラヒゲソウ

関連記事:



雪の下(ユキノシタ 学名:Saxifraga stolonifera)


ユキノシタ

雪の下(ゆきのした)
学名:Saxifraga stolonifera
科名:ユキノシタ科
別名:虎耳草(コジソウ)、金線草(キンセンソウ)、耳だれ草(ミミダレグサ)
花言葉:愛情、好感、切実な愛情、軽口、無駄
佐渡での自生:佐渡の水気のあるところに自生しています。

佐渡の湧き水の出る岩場、水が滲み出る岩場や道路脇の半日陰のところに自生します。葉っぱを食用にしますが、古くから民間薬として火傷やかぶれ、虫さされ、中耳炎、耳だれ、風邪などの症状に用いられたようです。7~8月ぐらいになると、ランナーを伸ばして繁殖します。庭のグランドカバーとしても最適の山野草です。

雪の下

関連記事: