延根千鳥(ノビネチドリ 学名:Gymnadenia camtschatica)


ノビネチドリ

延根千鳥(のびねちどり)
学名:Gymnadenia camtschatica
科名:ラン科
花言葉:よく似た友人
佐渡での自生:佐渡の高山の日当たりの良い水場の近くに自生しています。

佐渡でよく見かけるのは金北山やドンデン山などの大佐渡山脈。水の流れる川の脇や、日当たりの良い湿地などに自生しています。一株に花を沢山付けて、日当たりの良い場所では葉っぱが大きく展開し、存在感たっぷりの山野草です。名前は横に大きく伸びる根っこと、花姿が千鳥のようだということで付いたそうです。

延根千鳥

関連記事:



延齢草(エンレイソウ 学名:Trillium smallii)


エンレイソウ

延齢草(えんれいそう)
学名:Trillium smallii
科名:ユリ科
別名:タチアオイ
花言葉:奥ゆかしい美しさ、落ち着いた美しさ
佐渡での自生:佐渡の林床に自生しています。

この延齢草種から花が咲くまで15年かかると言われています。実や葉は食べられるそうですが、根茎にはサポニンという有毒成分があるらしく、ちょっと食べる気にならない。ただ、山野でたぬきかうさぎが延齢草をかじった跡をよく見かけるので、食べても大丈夫なのだと思います。伊藤邦男先生の佐渡の花(春)にも、ミツナ、ヤマミツナの名で山菜として食する旨が記載してあります。
延齢草の芽出しの頃の、まだ葉っぱが柔らかい様子が初々しく、なんとも愛しげであります。

延齢草

関連記事: