常磐碇草(トキワイカリソウ 学名:Epimedium sempervirens)


トキワイカリソウ

常磐碇草(ときわいかりそう)
学名:Epimedium sempervirens
科名:メギ科
別名:三枝九葉草(サンシクヨウソウ)
花言葉:あなたを捕らえる、人生の出発
佐渡での自生:佐渡の林床に自生しています。

佐渡のトキワイカリソウは白花しかなく、葉は常緑で冬場に落葉しません。花姿が碇の形に似ていることから、この花の名前が付けられたそうです。全草を生薬として用いるようで、淫羊霍(いんようかく)という精力剤として使用されます。バイアグラと同じホスホジエステラーゼ阻害効果があり、陰茎などの血流が増えるそうです。

トキワイカリソウ

関連記事:



Comments are closed.