タグ別アーカイブ: お寿司

旅サラダで伍代夏子さんが佐渡に!りきすしさわたのお寿司とレストランこさどの佐渡牛が放送されました

蒸し鮑

平成27年7月4日(土)8:00~放映の朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」という番組に、りきすしさわたさんと、レストラン&バーこさどが取り上げられました。ゲストの旅というコーナーで、演歌歌手の伍代夏子さんが佐渡を20年ぶり訪れてくれました。宿根木の街並みや蓮華峰寺、トキの森公園や大膳神社などを散策したあと、りきすしさわたさんへと足を運びます。

りきすしさわた

放映では昼間立ち寄った設定でしたが、過去のりきすしさわたさんの記事などから画像を使い回し(笑)

藁燻の鰆握り

イカの握り

美味しそうな旬のマグロのカマの握りや、鰆の稲藁炙りとか、めっちゃ美味しそうに映っていましたね。伍代夏子さんもお仕事がら各地で美味しいものを食べていらっしゃるとは思いますが、あのりきすしさわたさんのお寿司は、きっと感動モノだったに違いありません。

しかしながら、きっとお店の予約が殺到するだろうなぁと。
当方のブログの過去記事に「りきすしさわた」で検索して辿り着く方が、放映後ドーーーンっと増えました。もし、あの番組をご覧になって行きたい!と思ったのなら、予約はお早めに。
以下動画は雲丹の握りの様子を動画で撮影したものです。興味のお有りの方はぜひご覧ください。

さて、当館裏手の直営レストラン、「レストラン&バーこさど」もご紹介いただきました。最初ご来店の時から伍代夏子さんのカメラが気になって気になって仕方がなく・・・あの大筒をハンドバックのような感じで持ち歩き、テーブルの角などにゴツっとあたったりして、ヒヤヒヤしておりました。。。
CANONの6Dだったかな。300mmぐらいの望遠レンズ付けていました。

伍代さん、とてもスタッフへの気遣いがさりげなく、撮影が終わってからも「あなたたちも食べてみなさいよ。美味しいわ!」と真ん中の美味しいところを惜しげも無く、スタッフに食べさせてあげていました。Gacktさんの時もそうでしたが、人間力がにじみ出ていましたね。本当に素晴らしい方でした。そんな伍代夏子さんが召し上がったのは当然「佐渡牛のサーロインステーキ

佐渡牛サーロイン

放映時テロップでも流れましたが、伍代夏子さんが召し上がったのは240gのステーキ。肉厚でジューシーなミディアムレアな焼き上がりが、佐渡牛の美味しい焼き加減。そんなステーキの映像があますところなく、見事に撮影されていました。流石旅番組のカメラは違うなぁと実感しました。

佐渡牛のサーロインステーキ

実は佐渡牛のサーロインステーキは、当館でもお召し上がりいただけます。
ご予約時に佐渡牛ステーキプラン(お一人様1泊2食 15000円)をお選びいただくか、お夕食時にご注文いただくかどちらでも可能です。
伍代夏子さんやGacktさんが絶賛していただいた、幻のご当地牛「佐渡牛のサーロインステーキ」をぜひご賞味ください。

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

佐渡の佐和田にあるお寿司屋さん りきすしさわた

りきすし

せっかく佐渡に来たんだからりきすしさんに。
お寿司が好きそうな方には、そう言ってお店をご紹介しておりました。

私自身は佐渡生まれ佐渡育ちなくせに、ナマモノが食べられないという特異な感じでして・・・お寿司屋さんを薦められる立場にはないのですが、実は私がナマモノが食べられないというのは生のお魚が生臭いからです。その私が、りきすしさんのお寿司は大丈夫なんですよね。
仕込みには手間を惜しまず、お米はもちろん佐渡産。その中でも佐渡の北側の戸地というところの山手のお米を使用。お米の粒がやや小さいそうで、それが寿司で握るには良いそうです。それだけではなく、精米の時にさらにお米を削るそうです。さらに、お米を炊く時のお水は、酒蔵では一番軟水といわれている、金鶴の仕込み水(大佐渡山脈の伏流水で軟水)を分けてもらっているそうです。

詳しいウンチクについては、私が聞き間違いがあるといけないので、直接カウンターに座り、親方にお聞きいただければと思います。

とにかく一つ一つのお寿司が美しいのです。
私の拙い写真では表現しきれない、そして食べなきゃわからないその味は、ぜひお店に足を運んでいただき、りきすし体験をしていただきたいのです。

りきすし さわたのお寿司(ヤリイカ)

りきすし さわたのお寿司(あなご)

りきすし さわたのお寿司(甘エビ)

りきすし さわたのお寿司(あわび)

りきすしを体験する
お寿司屋さんでお寿司を食べるという行為を超えた、もはやアート体験なんじゃないかと。
佐渡に来たらぜひ、足を運んでいただきたいお店です。

りきすし体験のコツ
・事前に電話予約-予約状況によっては暖簾が出ていない時があります。
・少人数がおすすめ-4人ぐらいがちょうど良いのかなぁと思います。
・自分の予算を告げる-明朗会計ですのでクオリティの割にぜんぜん安いです。
・出来るだけカウンターを-1~2名でしたらぜひカウンターへ。親方とのお話はお寿司の魅力をより一層高めてくれます。

りきすし さわた
〒952-1315 新潟県佐渡市河原田諏訪町112番地甲
営業時間:18:00~21:00 水・日曜休
0259-57-1991

当館からりきすし さわたへの道のり(車で10分程)

りきすし さわたのFacebookページ

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋