タグ別アーカイブ: ガイドブック

佐渡島絶景フォトガイド 出版しました

佐渡島絶景フォトガイド

この度、佐渡PRフォトグラファー伊藤ヨシユキこと、ご縁の宿伊藤屋6代目番頭が本を出版しました。7月4日には新潟市内の蔦屋書店河渡店にて、出版記念イベントがあり、7月7日には新潟県内販売開始、7月15日には全国販売開始となります。Amazonでは15日から販売開始となります。

こちらからも購入可能です。
ご縁の宿伊藤屋公式オンラインショップ

この本は写真集ではなく、ガイドブックとして出版いたしました。
何故ガイドブックにしたのかというと、写真集だと本屋さんの本棚の置かれている場所が大抵奥の方に置かれていますし、風景写真の写真集ではあまり手にとってもらえないかもしれない。ターゲットである旅行者が見るのはガイドブックであることから、佐渡の絶景スポットをガイドするガイドブックであれば手にとってもらいやすくなるだろう。そんなことから、ガイドブックとして出版することにしました。

ガイドブックといっても観光ガイドではなく、フォトガイドですので、るるぶやまっぷるといった飲食店情報や、宿泊情報、ショップ情報などは一切なく、その絶景が一番美しい季節や時間帯や撮影ポイントをガイドしたものであり、あとはアクセス情報などを入れた他にはあまり見ないガイドブックとなっています。

佐渡島絶景フォトガイド

本の帯に入れてある「あなだだけの一枚がきっと撮れる!」は、私が撮影したものより、空の状況が違うでしょうし、海の状況、光の加減、機材が違えば、構図も違うでしょうから、きっとあなただけの絶景に出逢えるはず。そして、それを映していただきたいし、それを多くの方に見ていただきたい!そんな想いを込めて掲載しました。

もともとトレッキングガイドや観光ガイドなどもやっていたので、ガイド目線での気付きやお客様から教えていただいたことなどを、たくさん本に詰め込んだつもりです。

佐渡島絶景フォトガイド
佐渡島絶景フォトガイド

今回この本を出版するにあたって、協力いただいたのが「新潟発R」という冊子を手掛ける出版社ニールさん。以前新潟発Rの写真を提供したこともあり、本を出したいということをお話すると、快くご協力いただきました。

ただ、本の出版する直後からコロナ禍が始まり、おまけにスタッフが辞めるなど、たくさんの苦難が同時に降りかかり、出版するのを何度もやめようかと悩みました。そんな中でもニールさんの応援もあり、スタッフの応援もあり、家族の支援もあり、なんとか出版しカタチにすることが出来た本です。毎日寝る間を削りつつ、編集校正したのも今となっては良い思い出となりました。

本を出版すると印税で儲かるのではないかと簡単に思う方もいらっしゃるでしょうから、はっきり申し上げますが、、、ぜんぜん儲かりません(苦笑)

Amazonでご購入があっても、ほぼほぼ手数料で自分の手元に残るのは1割あるかどうか。大手本屋さんに置いていただいても、手配する代理店、本屋さんへの手数料などがあり、手元に残るのは2〜3割程。もし、私の知り合いで自費出版したい!って言う人がいたら、間違いなく「やめた方がいいよ。よく収支考えたほうがいい。」と止めます(笑)

それでも、この本を出版すれば佐渡に行きたい!という人が増えると想います。そして、その方が絶景に出逢えて素晴らしい写真を撮影し、その写真を見た人が行きたい!となるかもしれません。その可能性が増える本だと思っています。また、佐渡金銀山が世界遺産の国内推薦を得られ、注目された時、佐渡にはこんなところもあるんだ!と気づいてもらえるかもしれない。また佐渡島民、新潟県民が新たに佐渡の魅力に触れることで、自分たちが広告塔になり、お客様を案内し、佐渡の魅力を伝える伝道師になるかもしれない。
そんな一冊になるといいなと想っております。

この本で紹介しきれなかった素敵なところもいっぱいあります。
佐渡は広く、奥深いです。ぜひ、佐渡にお越しになって、素晴らしい景色や文化に出逢っていただきたい。
そんな手助けが出来たら幸いです。

本を購入された方が、素晴らしい佐渡の絶景に出逢えることを願っております。

佐渡PRフォトグラファー 伊藤ヨシユキ

あめやの桟橋

こちらからも購入可能です。
ご縁の宿伊藤屋公式オンラインショップ

佐渡島絶景フォトガイド新潟県取扱店 (7月17日現在)
池田屋書店
玉箋堂
藤井書店
尾畑酒造
リカー&フード庄司屋商店
佐渡観光交流機構
両津観光案内所
佐渡の酒と肴 だっちゃ
ジュンク堂新潟店
そだたべbooks(ぽんしゅ館クラフトマンシップ内 )
文信堂本店(万代店)
文信堂新潟大学店
文信堂CoCoLo長岡店
北書店
県生協県庁店
本町ラプソディ
本間文庫にいがた食の図書館
新潟日報インフォメーションセンターえん
考古堂書店
コーチャンフォー美しが丘店
コーチャンフォーミュンヘン大橋店
コーチャンフォー新川通り店
コーチャンフォー旭川店
BOOK1st.SINJUKU店
ACADEMIAイーアスつくば店
三省堂書店神保町本店
ジュンク堂書店天満橋店
ジュンク堂書店池袋店
MARUZE&ジュンク堂書店札幌店
ジュンク堂書店難波店
文苑堂書店富山豊田店
丸善丸の内本店
丸善博多店
明正堂アトレ上野店
ブックファースト中野本店
八重洲BC本店
紀伊國屋書店新宿本店
コーチャンフォー釧路店
コーチャンフォー北見店
コーチャンフォー若葉台店
ジュンク堂書店名古屋栄店
ジュンク堂書店立川髙島屋店
丸善京都本店
精文館書店豊橋市
蔦屋書店盛岡店
函館蔦屋書店
遊TUTAYA糸魚川店
遊TUTAYA柏崎柳田店
遊TUTAYA高田西店
遊TUTAYA十日町店
遊蔦屋 巻店
遊蔦屋 吉田店
遊蔦屋 村上店
遊TUTAYA 三条四日町店
遊TUTAYA 見附国道店
遊TUTAYA 新発田店
遊TUTAYA 新発田豊町店
遊TUTAYA 豊栄インター店
遊TUTAYA 横越店
遊TUTAYA 水原南店
遊蔦屋 白根店
遊TUTAYA 新津北上店
遊TUTAYA 五泉ビッグロール店
遊TUTAYA 中条店
遊TUTAYA 荒川店
遊TUTAYA 燕三条店
遊蔦屋 分水店
遊TUTAYA 三条大崎店
遊TUTAYA 小千谷インター店
遊TUTAYA 上越ウィング店
遊TUTAYA 六日町南店
蔦屋書店 新潟中央インター
蔦屋書店 小針
蔦屋書店 ベルパルレ寺尾
蔦屋書店 新潟万代
蔦屋書店 竹尾インター
蔦屋書店 南笹口
蔦屋書店 河渡
蔦屋書店 新通
蔦屋書店 新津
蔦屋書店 マーケットシティ白根
蔦屋書店 横越バイパス
蔦屋書店 県央
蔦屋書店 佐渡佐和田
蔦屋書店 新発田
蔦屋書店 柏崎岩上
蔦屋書店 小千谷
蔦屋書店 六日町
蔦屋書店 小出
蔦屋書店 上越インター
蔦屋書店 長岡アクロスプラザ
蔦屋書店 長岡古正寺
蔦屋書店 長岡新保店
蔦屋書店 長岡花園店
蔦屋書店 高田西店
(株)新潟ふるさと村
ND ミニ新潟2F3
ND ミニ燕三条
ND ミニ長岡
ND ミニ越後湯沢
ND ミニ上越妙高
くまざわ書店新潟亀田店
くまざわ書店新潟デッキィ店
くまざわ書店新潟西店
くまざわ書店長岡店
未来屋書店新潟南店
未来屋書店新潟青山店
未来屋書店新発田店
未来屋書店上越店
イト-ヨーカド-丸大 新潟店
宮脇書店新潟東店
宮脇書店長岡店
宮脇書店小千谷店
コメリ書房三条店
コメリ書房新発田店
コメリ書房五泉店
コメリ書房加茂店
コメリ書房北長岡店
コメリ書房分水店
コメリ書房柏崎店
知遊堂三条店
知遊堂亀貝店
知遊堂上越国府店
戸田書店長岡店
Amazon
アマゾン市川
アマゾン堺
アマゾン多治見
楽天RFC

佐渡のガイドブック 地球の歩き方「島旅 佐渡編」が超絶おすすめな理由

地球の歩き方 島旅 佐渡編

佐渡へ旅行をご計画中の皆様。
余計な本を買う必要はありません。この本だけで十分です。
地球の歩き方 島旅 佐渡編

何故なら、る◯ぶやま◯ぷる、こと◯っぷなどの旅行雑誌は、佐渡専門ではないからです。新潟・佐渡と新潟県全域です。それに対してこの地球の歩き方 島旅 佐渡編は佐渡島に特化したガイドブックであり、本当に深く佐渡を掘り下げてインタビュー形式でガイドブックを作り上げた。そういう超大作なガイドブックであるからです。

大変失礼ながら、こういう大手旅行雑誌の記事というのは、記者の方が全域回りきれず、記者のレベルによっては、地元を知らないのに毎年掲載されているからといって、そのスポットを取り上げていたり、観光協会や役所などから聞いて観光施設や宿泊施設、お食事処などを取り上げていたり、割りと無難で大手のツアー会社が組みそうな観光スポット巡りの提案しかしていないのが現状で、ここから中々脱却出来ずにいます。

そんな中、よくぞここまで取り上げてくれた!!というのがこの「地球の歩き方 島旅 佐渡編」であると思うわけです。
表紙の帯にも書いてあります。「島の人たちが教えてくれた佐渡の魅力をギュッと凝縮。さあ、島旅へ!」大変失礼ながら、役所臭さや協会臭さがほとんどしないのがいい。役所や協会が携わると、どうしても会員優先であったり、どこかの施設だけ特別扱い出来ないので、面白味のない内容になってしまいます。

この本がおすすめな理由は上記だけではありません。

超絶おすすめな理由その1:写真が比較的新しい
佐渡の観光パンフレットや観光冊子などで見かける写真が、古くて見慣れたものばかり。酷いものはお寺の屋根が変わっているものや、木の樹形が変わっているものなど、今の現状とは違った雰囲気になっているものすら掲載されています。正直なところ写真という大切なイメージを伝えるアイテムを大事にしていないのが佐渡観光の現状です。この本は比較的写真が新しいのが嬉しいのです。(たらい船や大野亀カンゾウなどの写真は相変わらずだなぁと思いますが。)

超絶おすすめな理由その2:お土産やグルメなどマニアックな情報が掲載
マニアックといえども、佐渡では定番の品であったりするわけです。既存の佐渡ガイドブックではあまり見られないライナップであるということ。おおよその値段やどこで買えるのかなど、詳細な情報まで丁寧に紹介されています。さらに嬉しいのが観光モデルコース沿いにそれらを掲載してあるので、イメージしやすいのも丁寧なご紹介の仕方だなぁと。

超絶おすすめな理由その3:タイプ別モデルプランが親切&新設&丁寧
今までに無いモデルプランと、人の顔が見れるコース。そして、なんといっても佐渡らしさを満喫出来る上手なコース選定。well Goodです。特に町歩きのプランなどは本当に素晴らしい紹介の仕方だなぁと感心します。私も参考になりました。

超絶おすすめな理由その4:島民の顔が見える
一番驚いたのが、だいたい役所の方や観光の大御所のような方がガイドブックに掲載されるものですが、お宿のスタッフさんやご夫婦、佐渡のこどもたち、裏方のスタッフさん、普段あまりお目にかかることがないその道のスペシャリストのような方たちまで掲載されています。顔が見えるのってなんだか安心するというかほっこりするというか、観光において大切だなぁと思うのです。

超絶おすすめな理由その5:旅の基礎情報がすべて網羅されている
大事なこの島へのアクセス情報から、お土産のおすすめ、飲食店や宿泊処のノウハウ、クレジットカード事情やATM事情まで細やかなところまですべて情報が網羅されています。ここまでのガイドブックはありませんでした。ページ下部にあるVOICEというコラム的なやつが、面白いしなるほど!と役に立つ情報もあります。

この地球の歩き方 島旅 佐渡編ですが、人気でして4月に出版して7月には既に2刷目なんです。
書店に売っていない場合は、Amazonなどでも購入できます。
定価1500円+税で1620円です。
Amazonから購入される方はこちら→amazon 地球の歩き方 島旅 佐渡編

佐渡の方もぜひ一冊お持ちいただき、こちらを参考にしながらお客様や友達が来た時にご案内すると良いかも。きっと役に立つ局面があると思います。また、新潟県内の方で佐渡に修学旅行に行ったっきりで、大人になってからの目線で佐渡を覗いてみたい。そんな人もぜひご購入ください。