佐渡のソウルフードいごねりの早助屋さん

佐渡のヘルシーで美味しい海藻の郷土料理といえば・・・「いごねり」ですよね。
今回は、沢根にあるいごねりの早助屋さんにお邪魔しました。

いごねりとは、えご草(いご草)を熱を加え溶かし、板状になるように型に流し固めたもので大変ヘルシーで美味しい佐渡の郷土料理のことです。
福岡の郷土料理おきゅうと(「お救人」、「浮太」、「沖独活」とも表記)に似ていますが、天草を加えるのがおきゅうとの作り方で、いごねりはえご草だけで作ります。

食べ方ですが、いごねりには2種類あって、角いごねりと巻いごねりとあり、新潟県本土では角いごねりが主流で、佐渡では巻いごねりが主流です。
巻いごねりは、薬味を載せて醤油で食べるのが一般的、角いごねりは酢味噌で食べるのが一般的だそうです。

巻いごねり写真
巻いごねり
角いごねり写真
角いごねり 酢味噌

えご草の説明をしてくださった山内さん
エゴ草 海藻

いごねりに熱を加えて溶かして練ったものを板状に伸ばして冷やし固めます
いごねり板状

板状になったいごねり
いごねり伸ばし

板状になったいごねりを切って巻きます
巻いごねり

巻いたいごねり
巻いごねり

ちなみに賞味期限は巻きいごねりは冷蔵で約1週間程。角いごねりは冷蔵で1ヶ月程。
冷凍保存できるか山内さんにお聞きしたところ、業務用の瞬間冷凍であれば可能であるが、一般の家庭用冷凍庫では食感が変わってしまい、無理とのことでした。

お買い求めは佐渡の物産をやっているデパートやアンテナショップ、または佐渡早助屋さんのショッピングサイトにて販売しています。

早助屋さんのショッピングサイトはこちら
佐渡 早助屋 いごねり直送便
いごねりの早助屋Facebookページ


大きな地図で見る

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋