新穂ダム上流の名瀑 臼ヶ滝


臼ヶ滝

新穂のトキが生息していたという黒滝山付近にある臼ヶ滝へ行ってきました。場所は新穂第二ダムのキャンプ場を目指し、そのまま真っすぐではなく、少しダムを周回しつつ川の上流へと上がって行きます。そのまま真っすぐ道なりに進んでいくと分かれ道に差し掛かり、左へ行くと臼ヶ滝、真っ直ぐ行くと黒滝へと行きます。

うすがたき橋
うすがたき橋

うすがたき橋と書いてある橋を渡るとその先にはゲートがあります。ゲート前は駐車禁止と書いてあるので、このうすがたき橋の手前に邪魔にならないように車を停めておきましょう。

国有地ゲート

ゲートを交わして歩いていくと、20分程で現在地の地図が描かれた看板にたどり着きます。この看板どおりだと、現在地よりさらに上流に臼ヶ滝があることになっていますが、以前来た時に上流に歩けども歩けども滝らしいものは無く、どうやら違うと断念したことがありました。今回はこの地図のところから、20mぐらい下流へと歩いてみました。

現在地の地図

国土地理院のうぉっちずでは臼ヶ滝がここらへんということで記載されてあります。ドコモの電波は殆ど入りませんので、電波のある所でGoogleマップの地図を表示させておきます。あとは電波の無いところに行ってもGoogleMAPで位置を確認し、GPSで現在地を見ることが出来ます。ただし、地図を動かしたり拡大縮小などすると、表示されなくなるので注意が必要です。

滝への折口

看板すぐ脇に工事用のバリケードがあるので、そこを下ります。上記写真はそこを下った後の振り返って撮った写真です。誰かが藪こぎしてくれた後なのか、少し高い草などが刈ってあり、降りやすくなっていましたが、足元は悪いので長靴は必須です。降りていくとすぐ臼ヶ滝上流らへんの沢にたどり着きます。

臼ヶ滝上流
臼ヶ滝上流
臼ヶ滝上流

沢沿いに降りて行くと臼ヶ滝の落口へとたどり着きます。落差6~8mと記録にありますが、水量の影響なのか迫力がありそれよりも高く感じられます。とてもジャンプして降りられるような感じではなさそうです。

臼ヶ滝落口

直瀑タイプの滝ですので、滝壺へは少し遠回りしながら降りないといけません。少し上流まで戻り、左に進むと流れがあったような谷に差し掛かります。そこはなだらかになっているので、降りやすいかと思います。

臼ヶ滝の滝壺への谷

斜面を降りたら滝壺の方に向かうとようやく見えてきました。これが臼ヶ滝か・・・。なかなか迫力のある滝で、岩盤に囲まれた深そうな滝壺です。

臼ヶ滝

滝の横には四角くくり抜いた岩盤の中に、龍神様を祀った石碑が収められていました。

今回はウェーダー(胸まである胴長の長靴)で滝まで行ったので、滝壺までじゃぶじゃぶと躊躇なく入っていくと、防水加工が落ちて効いていないせいなのか、濡れた感触が。。。とはいえ、撮影もしたいので三脚を沈め揺れないように抑えながら長時間露光。水流でぶれたのも何枚かありましたが、抑えが効いたのだけをチョイス。

今回はウェーダーを着ていったのと、ゴアテックスのウェア、首にはタオルを巻いて帽子をかぶり、なるべく肌の露出を控えてのトライ。何しろ新穂の山にはヤマビルがいて、油断すると血を吸われるからです。近い山とはいえ、野遊びするには万全の装備で行かないとですね。
(滝に行く装備的には万全とはいえないと思いますけど)

佐渡での野遊びは楽しいですよ。なにせ貸し切り状態で遊べますから。

当館から臼ヶ滝への地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

JA佐渡米はネオニコチノイド系農薬不使用で日本一安心安全美味しい理由


トキ認証米

ツイッターを見ていたら鳥類学者の方のツイートでこんなのを見つけた。


農家をしていないにも、ネオニコチノイド系農薬が生態系に及ぼす危険性については、ニュースや知り合いのSNSの投稿などで見てはいました。特に齊藤農園の齋藤真一郎さんが一生懸命取り組んでいたので耳にはしていました。調べてみると2013年頃から廃止したのだとか。ちなみに齋藤真一郎さんはWikipediaにも掲載されている有名農家さん。

佐渡米

そして13年連続食味「特A」で現在連続記録としては日本トップ。(昨年魚沼産コシヒカリは連続28年特AがAランクに)これも凄いのですが、除草剤を使わないから田んぼの畦道は綺麗に緑色をしています。そのかわり、農家さんたちは草刈りをしなくてはならず、夏の暑い時でも早朝の涼しい時や夕暮れ時になると、田んぼに出かけて草刈りをしています。手間はかかるけど生き物たちは住みやすくなり、結果安全で美味しいお米になるのかもしれません。

佐渡米

JA佐渡 特別栽培米農林水産省新ガイドライン
環境にやさしい農業の島だからできる農法【生きものを育む農法(生物多様性農業)
「生きものを育む農法」とは、農薬や化学肥料を削減するだけでなく、朱鷺を中心とした豊かな生態系を守り、生きものが暮らしやすい水田環境を作り出す農法です。

具体的には、
・化学農薬・化学肥料の減・・・従来の慣行栽培方法の5割減以上とする。
・生きものを育む技術・・・冬期湛水、江の設置、魚道の設置、ビオトープの設置等の取り組み
・生きもの調査・・・年2回の田んぼの生きもの調査の実施
これらの要件を満たすお米が「朱鷺と暮らす郷」米になります。(佐渡市による認証制度「朱鷺と暮らす郷認証制度」)
さらに、美味しさを追求し、タンパク含有率6.2%以下が、認証米要件に加わりました。(平成25年産米より)
– 上記JA佐渡より抜粋 –

普段何気なく食べている佐渡産コシヒカリですが、当たり前の味の裏にはこんな農家さんたちの努力があるんだよなぁと知るきっかけになりました。
朱鷺に棲んでもらいたい。その一心で様々な研究者も佐渡に来て農家さんたちと一緒に取り組んだ努力の賜物。それが世界農業遺産(GIAHS)の登録にも繋がったんですよね。
皆さんも普段食べているお米を佐渡米に切り替えたくなったのではないでしょうか?ちょっと試してみたい!と思ったら取り寄せてみてくださいね。

通販でも買える「朱鷺と暮らす郷認証米」購入サイト
佐渡もん – 相田ライスファーム 佐渡スーパーコシヒカリ –
佐渡特選市場 斎藤農園
楽天市場 食の宝島佐渡 朱鷺と暮らす郷コシヒカリ

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

佐渡島の海岸に生息する神秘の光を放つウミホタル


ウミホタル

皆さんはウミホタルをご存知でしょうか?
ウミホタルといっても、東京湾にあるパーキングエリア「海ほたる」のことではありませんよ?ウミホタルは海中にいるプランクトンの仲間で、顎脚綱(がくきゃくこう)、貝虫亜綱(かいちゅうあもく)、ミオドコパ上目、ミオドコピダ目、ウミホタル科ウミホタル属に属する甲殻類です。学名はVargula hilgendorfiiで、英語ではSea-fireflyといいます。

佐渡の方にウミホタルのことを聞くと、夜光虫と混同されている方が多く、正しくはウミホタルと夜光虫は別物です。ウミホタルは動物性プランクトンで目視が出来る程の大きさ、夜光虫は植物性プランクトンで500μ(0.5mm)以下で目視が出来ません。またウミホタルは砂浜のわりと浅い海岸に棲んでいるので、岩場の海岸にいるのは夜光虫です。光り方も夜光虫は自ら発光しますが、ウミホタルは光る液体を射出するので、その液体を触ると数秒間青く光って見えます。

ウミホタル

上の写真はウミホタルを撒いて光の液体を手で伸ばしたものです。ウミホタルは日中は砂の中に隠れているのですが、夜になると行動する夜行性です。海の底にいる底生生物(ベントス)で、普段は海の底に沈む生物の死骸などを餌にしている海のお掃除屋さん。淡水が多く交じるところでは生きられないので、大きな川の側などにはいません。また、照明などが強いところや満月の時などには、あまり活動しません。

時期的には5月から10月ぐらいまで見られます。出来るだけ暗い新月に近い日で、波が少ない時が見やすいでしょう。

ウミホタル

ウミホタルが光るのは交尾の為や、捕食者から逃げる為とも言われています。発光物質は基質ウミホタルルシフェリンと酵素ウミホタルルシフェラーゼで、海中の酸素と反応して光ります。また、乾燥したウミホタルの死骸ても体内に有した酵素で光ります。

ウミホタル

写真はウミホタルを採取して海岸に撒いて撮影したものです。昔は砂浜の波打ち際にキラキラと光るウミホタルが見られたのですが、今では少なくなりました。佐渡島内では真野湾で見られます。おそらく対馬海流の当たる西側だからこそ生息しているのだと思われます。

ウミホタル

上の画像はウミホタルのマクロ画像です。実寸は1〜3mm程度の大きさです。左上に見えるオレンジ色のつぶつぶはウミホタルの卵で、殻の中で育てます。黒く見えるのは目で、右下の個体から出ているのが足です。

ウミホタルを採取した様子の動画(4K)

ウミホタルのマクロ動画(4K)

ウミホタルはキレイな海にしか生息していません。また飼育は大変難しいので、持ち帰っても育てることは余程の機材がないと出来ません。
こんなにキレイなウミホタルをぜひ見てもらいたいので、ウミホタルが見れる場所の地図を掲載しておきます。機会がありましたら、ぜひ夜行ってみてください。

ウミホタル鑑賞の際の注意事項
・海岸には蚊がいますので、しっかり虫除け対策しましょう。
・足元を照らす懐中電灯を用意しましょう。
・海に落ちないように十分気をつけましょう。
・ウミホタルを採取しても海に逃してあげましょう。

当館からウミホタルが見れる海岸への地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋