ドンデン山荘からの夜景と天の川


ドンデン山荘と天の川

標高約900mにあるドンデン山荘。標高が高いので街明かりの光害が少なく、夜景と星空を両方楽しめる佐渡の夜景スポットです。
西には天の川が流れ、南には新潟市街の街明かり。月がある時には東から月が登ってきます。今回は月明かりもなく、風も穏やかな感じだったのですが、少し水蒸気が多めな夜空でした。

ドンデン山荘の明かりが少し明るいので、普通に長時間露光で撮影すると明るすぎちゃうので注意です。

ドンデン山荘星景

上の写真はソフトフィルター使用。水蒸気があるので、余計に光が分散して写っています。ちなみに、撮影時間は21:50頃で丁度両津港着船のおけさ丸が到着の時間でした。

ドンデン山荘からの夜景

上の写真はノンフィルター。こちらの方がすっきりして良い感じでした。雲ひとつない星空でしたが、若干雲があった方が絵になる気がします。

ドンデン山荘デッキ

ドンデン山荘は両津港から車で約30分。山道を上がってくる途中に佐渡の固有種サドノウサギや、テンやイタチ、オオコノハズクやトラツグミなど夜行性の動物たちに遭遇することもあります。また、今年は放牧が無かったのですが、例年ですと道路に放牧牛がいたりもします。道路を走行する際には十分ご注意ください。

当館からドンデン山荘までの地図

関連記事:




佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

加茂神社夜能 演目 源氏供養


加茂神社能舞台

8月27日に加茂神社能舞台にて開催された夜能を観覧してきました。この日は安寿天神祭りが同畑野地区にて開催されており、大勢の人で賑わっているところから少し離れた神社で催されました。
ちなみに「夜能」と書いて「やのう」と読みます。

主催が畑野能楽クラブ一葉会さん。演目は源氏供養。

地謡

源氏供養は紫式部の亡霊が現れ、源氏物語の供養を怠ったため苦しんでいるところ通りかかった僧に供養を頼み、お礼に舞を舞うというお話。

加茂神社夜能

源氏供養

紫式部の亡霊

仏教では嘘をついてはいけないという、不妄語戒(ふもうごかい)という五戒のうちの一つがあり、紫式部の書いた架空の物語である源氏物語が不妄語戒に反するというのが源氏供養の由来だそうです。

安居院法印

安居院法印

Noh Performance

紫式部

夜能

能舞台

石山観音の化身

最後は光源氏の供養を果たし紫式部が消えていきます。

畑野能楽クラブ一葉会

毎年恒例となっている加茂神社夜能。
他にも佐渡には沢山の演能がありますので、ぜひ演能の機会に合わせてご来島ください。

2017年 佐渡薪能・狂言・ろうそく能スケジュール

当館から加茂神社能舞台への地図

関連記事:




佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

佐渡島でグランピングしてみませんか? Let’s GLAMPING!!


旅するテント

グランピングって何?という方はまだ多いのではないでしょうか。GLAMPING(グランピング)とはグラマラス/Glamorousキャンピング/Campingを組み合わせた造語で、自然環境の中でホテル並のお料理や快適なサービスを受けられるゴージャスなキャンプスタイルのことを指します。テントを張ってカレー作って寝袋で寝るというスタイルではありません。

今回そのグランピングを手掛ける旅するテントさんが佐渡で企画するとのことで、ちょっとだけお邪魔してきました。

会場となったのは、素浜海岸。
既にサーカステントのような白地のテントが張ってあり、集まった皆様もドレスコードは白。こういった雰囲気作りからテンションが上がってきます。
そしておもてなしのテーブルコーディネートが本当に素敵過ぎます。キャンドルが煌めき、飾りのフルーツやおしゃれな小物も配置してあり、まさにホテルのバンケット会場かのようです。

SWAMPさん

まずはスパークリングワインで乾杯ということで、SWAMPさんが抜栓。
気遣いがホテルマンのごとく手際がよく素晴らしい。グランピングってもてなす側のサービスも大事だなぁと感じました。また、もてなす側の楽しませる!の意気込みと、お客様側の楽しむ!の意気込みがマッチしているのも大事ですね。今回集まった方たちは本当素敵で、佐渡の自然を満喫しながらゴージャスな雰囲気も楽しんでいらっしゃいました。

このロケーションはホテルの窓からでは味わえませんね。

佐渡グランピング

帳の落ちた頃、白いキャンパス地を張ったところにプロジェクターを投影して、皆さんで映画を楽しむという素晴らしさ。
佐渡随一の砂浜で映画を見るなんて、、、今まで考えたこともなかった。

尾畑酒造

そして、こんな感じで地元食材のお料理と並ぶのは、地元のお酒。
我らが真野鶴でございます。こういった地元の自然環境の中で地元のお料理と地元のお酒を味わうって、よくよく考えたら贅沢ですよね。

GLAMPING

私はあまり時間がなく、ちょこっと撮影にお邪魔しただけですが、佐渡でグランピングっていいなぁと思いました。
オートキャンプ場のような施設ではなく、お風呂やプールがゴージャスな感じで揃っているような施設があったら、もっとハイクラスのグランピングの体験が出来るのではないでしょうか。
佐渡のアウトドアは簡易的なものばかり今まで作ってきたけど、これからは本格的なものに取り組んで行かなくちゃいけないなぁと感じました。

佐渡でグランピング。アリです。

snowpeakの常設グランピング施設(2017/6/9 OPEN)
http://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/

GLAMPINGコーディネート 旅するテント
http://tabisuru-tent.com/

関連記事:




佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋