上野の老舗伊豆榮の国産うな重が食べれるホテル天の川荘


うな重

今日は土用丑の日なので、念願であったホテル天の川荘さんへお邪魔しました。
こちらでは江戸中期から代々鰻を専門に扱っている、老舗割烹伊豆榮(いずえい)の国産鰻を使用したうな重が食べれるのです。しかも今日は土用丑の日なので、通常2700円のところ2500円!普通なら需要がある時だから高くしても売れそうなものなのに・・・まぁ200円ぐらいの差ならここまでのものを食べるのに躊躇無しですけどね。本気の料理には心で食べるわけであり、金額で食べるわけじゃないのです。
ちなみにうな重は焼き上げるまで30分ぐらいかかるので、時間の無い方は予約をして食べる時間を指定した方が良いと思われます。

天の川荘さんの玄関を入って左側にエレベーターがあり、6Fまで上がるとレストランがあります。指定した時間ピッタリに行ったら、ちょうど焼き上がったばかりのようで、待たずにすぐ食べることが出来ました。

上野 伊豆榮

重箱の蓋を開けると・・・書いてあるではありませんか、上野池之端伊豆栄。ほら、国産鰻様が顔を出しました。
実を言うと、うなぎってあまり好きじゃなかったのです。特にスーパーなどで売っている中国産うなぎって、皮がぐにゅぐにゅしていて、しっぽの方は泥臭いし、タレはベタベタ甘いし。故に昭和天皇まで愛してやまなかったという、上野の伊豆栄さんのうな重とはいかほどのものなのか?と興味津津だったのです。

国産鰻のうな重

大変申し訳無いのですが、もう食べ始めたら箸が止まらず・・・一気に食べてしまいました。なので、綺麗なままのうな重写真でご勘弁ください。
まずこの国産鰻ですが、箸を入れたら、皮までホクッと切れる。あのぐにゅぐにゅな皮など別の生き物なのでは?ってぐらいです。そして、身もホクホクな感じのふっくらした焼き上がり。一口おくちへと運ぶと、炭火で焼いた時の特有の炭焼きスモークな香りを纏っていて、それが鰻のタレと相まって絶妙な香ばしさ。もちろんあのベタベタに甘いタレではなく、あっさりとした中にもコクのある醤油ベースのタレ。

あのベタベタに甘いタレだとご飯の味を殺すどころか、甘いから気持ち悪くなるのですが、もうこちらは別料理として認識しています。比べるだけ野暮というもの。ご飯の旨味を引き出しつつ鰻の香ばしさや脂のコクをさっぱりとさせるタレの効果。なんという美味しさでしょう。今まで食べた鰻料理の中で一番美味しかったです。

ホテル天の川荘

しかし、ひとつ疑問が残りました。
何故上野と佐渡が繋がるのか。伊豆栄さんと何の関係があるのだろう?疑問を残しつつ、うな重は残さずホテル天の川荘を後にしようとしたら、エレベーター近くに鰻割烹伊豆栄8代目土居一夫さん(佐渡出身)という記事が貼ってあり、謎が解けました。7代目の娘さんとご結婚し伊豆栄を継いだそうで、300年続く老舗の暖簾を継ぐことに対するプレッシャーや下働きのつらさ、失敗や環境の違いなどにご苦労された話などつらつらと記事に書かれていました。8代目を継いでから、6年後には老舗の様相から7階建てのビルに建て替えたそうで、その時常連だった中尾彬さんからは「風情も味のうち」と心配されたそうな。しかしビルに建て替えても味わ変えず、中尾さんも今でも通ってくださっているのだとか。

この記事を読んでいて、とても共感いたしました。
飲食店の事業承継というのは、先代が偉大であればあるほど後継者は大変であり、お客様の目は厳しく比べられます。乗り越えなければならない試練ではありますが、店を潰してもいけないし、自分が潰れてもいけない。その次代に合った事業展開をしつつ進化し続け、味を守っていく。味と向き合い、お客様と向き合い、覚悟を持って取り組む。伊豆栄の8代目からはそのようなことを勝手に感じました。

これは上野に行って、8代目と早くお逢いして本店のうな重を食べなくてはいけません。
今年中にはいざ上野へ。

あ、ちなみにホテル天の川荘さんは、うな重屋さんではありません。伊豆栄のうな重を食べれるホテルです。お間違いなく。

ホテル天の川荘
〒952-0011 佐渡市両津夷182-4
電話 0259-27-3215
ランチの営業時間 11:00~14:00

当館からホテル天の川荘への地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

第72回新潟県美術展覧会(県展) 写真部門入選


新潟県美術展覧会(県展)入選

第72回新潟県美術展覧会(県展)の写真部門に作品を応募して入選しました。
今年の写真応募総数1846点あり、入選354点のうちの1点ということになります。

作品を応募するきっかけとなったのは、市展を見た時に、ここに飾られたら多くの写真家の方が注目する。そしてその同じ景色を撮りに行きたいと思うはず。という思惑があったので、応募しました。正直なところ、応募すれば誰でも飾られると思っていたら、応募された中から選ばれないと、即作品はお持ち帰りとなるのだとか。およそ、1500点もの作品が誰の目に触れることもなく(あ、審査員は見るか)持ち帰らせるわけです。

県展用に作品を印刷して、専用の額に入れるだけで今回13736円かかりました。その他に出品料として1点につき4000円(学生は3000円)かかります。
写真部門だけで、1846点あったわけですから、その作品の現像料金をトータルすると、32740656円!!凄い金額が出ちゃいましたね。たまたま入選出来たから良かったものの、これ入選出来てなかったらショック大きいです。(自分比)

Facebook上のタイムラインに公開した後、県展の応募規約を見たら既に公開されたものに関しては応募出来ませんという記載があり、SNSで公開したものもダメなのかと諦めたていたのですが、それでも引き伸ばして大きな写真にしようかと思い、カメラのキタムラさんに立ち寄ったら、たまたまFUJICOLORの方がいらっしゃって、県展に応募しようと思ったのですが、SNSで公開しちゃったので諦めました。とお話したところ、「え?大丈夫ですよ。」との回答。それではということで、作品を応募することに相成りました。

提出日も差し迫っていたところ、カメラのキタムラさんにもご迷惑をおかけしつつ、尽力していただきなんとか間に合いそうだということになりましたが、なんと提出日が佐渡ロングライド210の前日と当日という、まったくもって身動きが取れない日でした。事務局に事情を説明したところ、提出日の前日に受理していただくという特別に対応していただきました。(本来は提出出来ないところだったわけですが、たまたま団体受付が個人受付の前の日に行っていたので)
ということで、個人エントリー番号1番という番号をいただいたわけです(笑)

天架ける一本橋

作品の撮影地は岩首昇竜棚田の夜。狙いとしては、棚田の水鏡に星が写って綺麗なんじゃないかなぁということで撮影に行きました。
現地に到着すると案の定真っ暗。月明かりも無い日で、天の川が綺麗に横切り、新潟市街の街明かりが水平線のように広がっていました。狙い通り田んぼの水鏡に星が映り込み、その景色に感動しつつシャッターを切ってみると、以前と樹形の変わった木が一本見えました。
とても気になったので、この木を被写体にしようと、この木を真ん中に据えて撮影してみよう。と長時間露光をしても木が真っ暗。これでは木の存在感が無いなぁとスマホのライトを当ててみると、今度は葉っぱの緑が発色していい感じになりました。おまけに天の川と棚田に架ける橋のようにも見え、また、新潟市街と棚田に架ける橋のようにも見え、自然と街と里山を繋ぐ一本橋ということに見立てて、「天架ける一本橋」というタイトルをつけました。

後で岩首の棚田仙人(大石惣一郎さん)からお話を聞くと、観光関係者からはあの木を切ってしまえと言われたとか。
大石さんは、昔からあるこの木も景観の一つであり、大切にしたい。木を切るのはお断りしたそうです。そんなお話を聞いたので、県展の作品展示が終わった後は大石さんにこの作品を献上しようと決めました。

大石惣一郎

岩首昇竜棚田の景観は本当に素晴らしく、いつまでもこの景色と人の営みが続きますように星に祈りを捧げたいと想います。

当館から岩首昇竜棚田までの地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

糖度の高い緑色した高級イチジクのザ・キング


ザ・キング

7月頃から出荷が始まる夏果専用品種の「ザ・キング」の販売が始まりました。
こちらを育てているのが、佐渡の黒ダイヤで有名の小木ビオレー生産者の石塚さん。いつものようにハウスにお邪魔して撮影させていただきました。

夏果専用品種 ザ・キング

この青イチジクとも呼ばれるキングは、皮も薄く皮ごと食べられるイチジクで、中の果肉は普通のイチジクのように赤いのです。糖度は16~20度ぐらいでわりと高糖度。見た目が緑色なので、イメージ的に甘く無さそうに見えますが、青臭さはなく、わりとさっぱりとした味わい。冷やして食べるとさらにさっぱりとした味わいになります。

いちじく キング

ザ・キングの栽培されているハウスにお邪魔すると、なんとも鈴なりのキングが枝という枝にびっしり!
こういうのを見ると、農家さんっていいなぁなどと安易に思ってしまいます。実際はこの設備投資やら、栽培のご苦労やらが沢山あるのでしょうけども。

緑果イチジク ザ・キング

ハウスの中はキング無双!!見渡す限りザ・キングだらけ。果実の大きさもあり、見ごたえあります。
あと特筆すべきは、イチジクの効能。整腸作用や健胃、潤腸作用もあり、消化酵素も含むので、夏バテして胃腸が弱りそうな時にもピッタリな食べ物。食物繊維や豊富なミネラルも含み栄養価も高いのです。また成分としてメラニン色素を抑えると言われているので、美肌にも良いとか。また女性のホルモンバランスを整える効果があると言われる、植物性エストロゲンも多く含まれているそうです。

いちじく キング

甘くて美味しくて健康・美容にも良いフルーツ。
この時期にしか食べられないというのも魅力のひとつですよね。秋には高糖度の佐渡の黒ダイヤ「おぎビオレー」、夏には「ザ・キング」をぜひご賞味いただきたいです。

当館から小木特産品開発センターへの地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋