長谷寺のウサギ観音Tシャツの売上金の一部(10万円)を寄付

ウサギ観音Tシャツ

今年3月にウサギ観音Tシャツ(販売価格3000円税別)を販売し、長谷寺の庫裡の屋根補修に少しでもお役に立てればと地元のTシャツプリント屋さんである、東屋PRINT FACTORYさん、デザインを請け負っていただいたリューズデザインプラスさんで作成いたしました。

販売しておよそ8ヶ月で100000円弱が集まり、12月17日に長谷寺に寄付してまいりました。
もともと檀家が少ないお寺で、観光バスも立ち寄らないルートから外れたところに位置するので、お寺を維持する維持費がないそうで、檀家も高齢化していて、大変であるというお話も伺っておりました。これは全国でも同じようなことが起きていて、檀家の少なくなってきたお寺さんでは、お寺の修繕費や住職の生活費すら副業で賄っているというお寺も少なくありません。また、後継者不足により住職不在のお寺もあり、一人の住職がお寺をかけもちしながら維持しているところも全体に2割にものぼるのだとか。

よくお寺でコンサートをしたり、ヨガをしたりと、お寺に人が集まるようなことを手掛けながら模索している事例を目にしますが、本来のお寺は地域のコミュニティを担う拠り所でもあったと聞きます。もちろんそれは住職のお人柄が第一でしょうけども。

今回の事例は、たまたま「ウサギ観音建立」という奇想天外なストーリーが世論にウケたのを狙い、Twitterでの発信、それを見つけた各テレビ局や新聞記事などでの拡散、それを見た若者たちが集まることによるお賽銭増加。ただ、ここまでだと一人5〜10円ぐらいのお賽銭が入る程度ですが、このタイミングでTシャツ制作で寄付金を100000円集めることが出来たのではないかと思います。タイミングがよかったというのと、勢いがあるうちに乗れたということでしょうか。

寄付したお金の使いみちは税金と同じく、何に使うか指定は出来ませんが、、、可能ならお寺の修復に使っていただきたいところ。外来種であるウサギの放し飼いも問題視されていますし、課題は山積みの事案ではありますが、来年も寄付ができるよう尽力したいと思います。

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋