佐渡の深山に出没する火の鳥アカショウビン(赤翡翠)を追う


アカショウビン

声はすれど姿は見えず。キュロロロロっと可愛らしく鳴く綺麗な赤いくちばしの鳥、アカショウビン。火の鳥と称されるこのアカショウビンは渡り鳥で、東アジアから東南アジアまで生息域は広く、夏になると日本に飛来してくるそうです。

ここ佐渡にもアカショウビンの飛来はあるようで、よく出没するポイントへと足を運びました。
ポイントに到着してわずか数分後、新緑の映える木々の奥に一際目立つ赤いくちばしの鳥アカショウビンが飛来!なんともラッキーな出会い。前回は人が数組居合わせて、じっくり撮影が出来なかったのですが今回の出会いは邪魔者は居ません。ここは三脚を据えてじっくり撮影といきましょう。

アカショウビン

毛づくろい中のアカショウビン。

アカショウビン

羽をパタパタっと乾かしているアカショウビン。

アカショウビン

餌取りダイブのアカショウビン。

アカショウビン餌取りダイブ

獲物を捉えたアカショウビン。

獲物を捉えたアカショウビン

採った獲物はカエルでした。

アカショウビンとカエル

獲物を弱らせるために枝に叩きつけます。アカショウビン的なお料理といったところ。

アカショウビン捕食

バシバシっと数回叩きつけて丸呑み。

アカショウビンとカエル

これだけじっくりとアカショウビンを観察出来たのは初めてでして、こんな野鳥素人の私でも簡単に出逢うことが出来たのは、佐渡だからなのか・・・それともたまたま運が良かったのか・・・定かではありませんが、毎年夏には出逢える可能性は高そうです。

尚、撮影場所については自然保護のため伏せさせていただきます。

アカショウビン(英名:Ruddy Kingfisher)
学名:Halcyon coromanda
分類:ブッポウソウ目カワセミ科ショウビン亜科ヤマショウビン属

2016/5/24のアカショウビンとの出逢いの記録

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

北鵜島の国の重要無形文化財に指定されている車田植


車田植え

北鵜島に代々伝わる神事、車田植を見てきました。
毎年5月の田植えも終わりになる第三大安に行われます。この日は毎年晴天に恵まれるそうで、今年も晴れ。
この田圃の所有者である「やま佐荘」の北村さんの家に、奈良時代から伝わる農耕行事で、早朝から自宅で祈祷するところから始まるそうです。私は9:00頃に田圃に到着し、田植えを拝見しました。

車田植え お神酒

北村さんのご挨拶からはじまり、お神酒を田んぼに注ぎます。柏手で五穀豊穣をお祈りした後、早乙女たちが田んぼに入ります。

車田植え 柏手

車田植え 早乙女

田んぼの中央に天照大神にお供えした苗を植え付け、そこから「の」の字を書くように時計回りに植えていきます。中央に植えた苗は神様であり、そこにお尻を向けないように植えていく為だとか。


車田植え

車田植え 早乙女

車田植え 早乙女

車田植え

車田植え

田んぼの形状は釣鐘状になっていて、山に向かって末広がりになっています。その山手の上には「神さん田(かみさんだ)」と呼ばれる田んぼがあり、そこから田植えがスタートし、最後に車田植の田んぼで田植えが終わるそうです。神さん田には正月に飾った松を刺してあります。

車田植え 釣鐘状の田んぼ

神さん田

神さん田 もち米

田植えの最中には畦で座っているおばあちゃんが田植え唄を唄っていました。

車田植え 田植え唄

車田植え

田植えが終わると、こびりぃというお食事が振る舞われます。赤飯のおにぎりに使っているもち米は神さん田で採れたものだとか。また、海藻の煮付けが非常に美味しく、この地域特産なのだとお聞きしました。スゲナというそうで、銀葉草のようなシャキシャキとした食感の海藻です。
車田植の撮影に訪れていた人たちにも振る舞われ、神事が終わりました。

こびり

海藻スゲナの煮付け

車田植の様子を満喫出来るのは、おそらく田圃の地主さんである民宿のやま佐荘さんに宿泊し、朝の神事から拝見させていただくのが良いのではないでしょうか。個人所有の田圃で、個人の御宅に伝わる伝統神事なので、存続が危惧されています。この車田植の風習は奈良時代から伝わっていて、現在日本にはここ北鵜島と岐阜県高山市松之木町のみ残っているのだそうです。

やま佐荘
〒952-3202 新潟県佐渡市北鵜島551
TEL:0259-26-2416

当館から車田植の田圃までの地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

2016年6月18日開催 世阿弥讃仰 正法寺ろうそく能(演目・鵜飼)


正法寺

ろうそく揺らぐ灯りの中での観能もまた格別です。
かつてろうそくが屋内の照明だった時代、多くの能舞台ではこのわずかな灯りをたよりに演じられてもきました。ろうそくの明かりが、幽玄を一層濃く感じさせるような効果をもたらす、新しい演出手段としてよみがえったのです。「何かを減らす」ことで、本来の魅力が濃く現れる。これがろうそく能の魅力です。

世阿弥所縁の地・正法寺で今年も「ろうそく能」が行われます。
寺院本堂の中、ろうそくの灯りをともして行われる能を体感ください。

日時/平成28年6月18日(土)開場18:00 開演18:30
会場/佐渡市泉「正法寺」本堂

●講演「能【鵜飼】について」
能楽評論家 児玉 信 氏

●能「鵜飼」(観世流)  
シテ・重要無形文化財指定 松本千俊 師

一般奉賛金として 3,000円をご負担願います。 
(入場定員あり) 

チケットお問い合わせ
主催 佐渡の能を識る会事務局 0259-63-3181
共催 (一社)佐渡観光協会 0259-27-5000

正法寺ろうそく能

正法寺ろうそく能

当館から正法寺までの地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋