作成者別アーカイブ:

佐渡産の無農薬パッションフルーツの栽培

パッションフルーツ

真野でパッションフルーツを栽培しているところがある!らしい・・・というお話をお聞きし、JA佐渡さんに問い合わせつつ(個人情報のこともあるのでなかなか情報を渡せないらしい)知り合いからの情報を頼りに、パッションフルーツを育てている、土屋はるみさんの畑へとお邪魔いたしました。
トケイソウのような花が咲くというは知っていましたが、正直パッションフルーツがどんな風に育つのか、よくわからなかったのです。

パッションフルーツはトケイソウ科トケイソウ属の植物で、トケイソウの実のなるタイプ。パッションフルーツのパッションは情熱という意味ではなく、受難という意味で、花の形がキリストの磔にされた十字架のような形であるとか、キリストが受難の際に被らされたといういばらの冠のようであるということから、パッションフルーツと名付けられたのだとか。

パッションフルーツ

世界の熱帯から亜熱帯地域で栽培されている果物で、南国のイメージがあるこのパッションフルーツが佐渡で栽培されているとのことですが、ハウス栽培とか温室栽培かなぁと思いきや、、、まさかの露地植えでした。日本でも九州や沖縄などで露地植えされていましたが、近年では千葉や岐阜などで露地植え栽培されているとのこと。

パッションフルーツ

パッションフルーツは基本的には虫媒花ですが、人工受粉で実をつけさせます。その後実が大きくなり緑色のテニスボール大になります。こちらで栽培されているのは紫玉の方で、他にも黄色や中間交配種があります。生食用に適しているのは紫玉の方で甘みが強く、黄玉の方は果汁が多いそうです。

パッションフルーツの花

果実が大きくなったら、約1ヶ月半で茎のところから落ちるそうです。最初緑色をしていますが、徐々に赤みを帯びてきます。基本的には実も硬いので食べに来る害虫もいないし、高温障害や冬場の越冬以外(4度以上)であれば丈夫で、勢力旺盛でどんどん蔓を伸ばすのだとか。そのため無農薬でも大丈夫だそうです。

パッションフルーツの実

こちらの農園では緑色に大きく育った実に袋をかけて、落下する茎の上の部分から袋をかけて落下を防ぎ、袋の中に落ちるようにしています。透明じゃないのでわかりづらいのですが、慣れると手で持ってみたり、落ちた袋の膨らみでわかるのだとか。
※ぶどう用の袋をかけていますが、中身はパッションフルーツです。

無農薬パッションフルーツ
パッションフルーツ
パッションフルーツ

収穫した実は箱に並べて追熟をします。まだ若干青みがかった感じですが、既にパッションフルーツの甘酸っぱいエキゾチックな南国のフルーツの香りが漂います。佐渡でパッションフルーツを育てているのは、こちらの農園だけのようで、金井のよらんか舎、佐和田の喜右衛門や マツヤ各店、各Aコープなどで取り扱っています。(必ずあるとは限りません)

パッションフルーツ

出荷時期は9月〜10月ぐらいまで。おおよそ1個150円〜200円ぐらいでしょうか。パッションフルーツはクライマクテリック型の果実で、追熟すると美味しくなるフルーツ。表面の皮がしわしわになってからが甘みが増します。ちなみに、りんごと一緒に置いておくと早く追熟します。(フジやジョナゴールドはエチレンの放出が少ないので追熟用には向かないようです。)
逆に追熟させたくない場合は、エチレンの影響を受けないように、袋に入れて密閉しておくと追熟が遅くなり日持ちします。

無農薬パッションフルーツ

食べ方としては、半分に割ってスプーンで掬って食べるもよし、ヨーグルトに果肉を落として食べるもよし。種ごとポリポリ食べれますが、裏ごしして果汁をソーダと砂糖を入れてドリンクにしても美味しいです。ちなみに種にはピセアタンノール(Piceatannol)という成分が含まれており、美容効果や心血管保護などが期待出来るようです。
ちなみに葉っぱや花にも有効成分があり、ハルミンという神経を落ち着かせる作用やがあるのだとか。葉っぱや花は乾燥してお茶にすると美味しく飲めるようです。

佐渡産パッションフルーツ

こんなスーパーフルーツのパッションフルーツが佐渡で栽培されているのを、佐渡の人もあまり知らないと思いますので、ぜひ記事として取り上げたい!そんな想いで農家さんのところへお邪魔して取材させていただきました。
佐渡の初秋の新しい味覚として仲間入り!ぜひご賞味くださいね。

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

天領佐渡両津薪能 紅葉狩

天領両津薪能 紅葉狩

9月7日土曜日に開催された、天領両津薪能の演目は紅葉狩。ツレさんが4人も登場する豪華な始まりです。
今回はSONYのα7RⅣが(9/6発売)ちょうど手元に届いたばかりなので、その機能も試すべく撮影してまいりました。使用したレンズは85mmと24mmのSONYのGM単焦点レンズで撮影。本来はカメラ2台でバシバシと撮影すれば良いのでしょうけど、私はいつも現場でレンズ交換しつつ撮影しております。落としたり、ホコリがセンサーに入るリスクもあるのですが、まぁ後で掃除すればいいやという安易な考えのもと行っております。

さて、佐渡の薪能については撮影OKなものが多く、薪能の幽玄な世界をカメラに収めたいというカメラマンの方にも人気です。わざわざ薪能の撮影の為だけに、泊りがけで佐渡にご来島される方もいらっしゃいます。

天領佐渡両津薪能

天領佐渡両津薪能は5月~10月(8月を除く)までの第一土曜日の19:30より開催され、協力金としてお一人様1000円いただいております。
薪能・狂言・文弥人形カレンダー

この日は火入れ式に間に合わず、既にツレさんが登場した後でした。
撮影の話で少々マニアックではありますが、暗部までしっかりと記録されたRAWデータを現像した時は驚きでした。このカメラの性能は以前よりも比べて格段にすごいとは思っておりましたが、ここまでとは!と驚きを隠せません。そして、以前使用していたα7RⅡのシャッター音に比べると半分以下の音量やシャッターショック。(α7Rのシャッターショックは酷かった)薪能のような静まりかえった雰囲気での撮影でも、遠慮なくシャッターを押せます。

紅葉狩
紅葉狩
薪能

紅葉狩のお話は観世小次郎信光作で、船弁慶や鐘巻(道成寺の原型)といった鬼退治も入ったチャンバラ入った見応えある演目。
4人の女性が紅葉を見ながら宴を催していたところ、通りかかった平維茂に一緒にどうですかと声をかける。美しい女性にお酒を注がれ、酔いつぶれてしまいます。武内の神が酔いつぶれた平維茂の夢の中に現れ、平維茂を篭絡した女は戸隠山の鬼女であることを告げ、八幡大菩薩からの下された神剣を平維茂に授けます。夢から覚めた平維茂に姿を現した鬼女が襲いかかり、激しい戦いの末に神剣で鬼女を退治します。

紅葉狩
紅葉狩
紅葉狩
紅葉狩
紅葉狩
紅葉狩
紅葉狩
紅葉狩
紅葉狩

昔は音声ガイドイヤホンがあったので、解説を聞きながら観覧出来たのですが勿体ないですね。(機材の用意や人員がいるので中々難しいのですが。)
入り口で渡された資料を見ながらとなると、暗いので見えないし、明かりをつけると雰囲気壊しちゃいますからね。とはいえ、撮影するなら事前に演目がわかっているでしょうから、予習して撮影すると良いでしょう。何もわからないで撮影するのと、この能の演目の見どころはこういうところであると事前にわかって撮影するのとでは、作品の出来が違ってくるでしょう。

紅葉狩
紅葉狩
紅葉狩
紅葉狩
紅葉狩

薪能は薪が燃えるパチパチする音や、コオロギたちが鳴く音、風の音、すべてが音響であり雰囲気を楽しむ演出であると思っております。これは写真では表現しきれません。また、この日は夜空には星空が美しく見えていた日でもありました。これは肉眼で見ないと舞台と星は一緒に写せません。今回85mmと24mmの単焦点レンズでの撮影でしたが、あまり望遠で撮影してもキレイに撮影出来る自信がないのと、見ている側に臨場感が伝わりにくいし、全体的な雰囲気を見ていただきたいと思ったので、このレンズをチョイスしました。一番うしろから55mmぐらいのレンズで撮影するのも良いかもしれません。

薪能

撮影される際には、補助光やフラッシュ、カメラのピント音などを消してから撮影しましょう。(オフに出来る機能があれば)スマートフォンで撮影される際には、フラッシュをオフに、そして前列で高く掲げて撮影されるのはおやめください。当然ではありますが、携帯着信音はオフにしておきましょう。最低限のマナーです。
また、ここは神社の境内でもありますので、始まる前か終わった後にはお参りを済ませることをおすすめしたいです。

ぜひ佐渡の薪能の撮影に起こしください。

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

千と千尋の神隠しのモデルになった小木たらい舟の非日常風景

たらい舟

ジブリの大ヒット映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われている、小木のたらい舟。現在では力屋観光汽船、矢島経島、宿根木などで搭乗体験が出来ますが、やはり一番の非日常感のある風光明媚な場所といえば、「矢島経島」ではないかと思います。大人500円、小人300円が体験料金で、矢島のいわれ、経島のいわれなどガイドしながら船頭さんが漕いで案内してくれます。船頭さんが磯着姿なのは、本来たらい舟は漁で使用するためであり、岩場の入り組んだところで小回りがきくたらい舟は、漁をするのに丁度良いからです。

たらい舟

絣の半纏姿の船頭さんに乗せてもらい、いざ出発。この矢島経島のたらい舟は真ん中にガラス窓があり、水中が見えるようになっているのです。そのため少々安定感は無いのですが、スリルも味わえます。自信の無い方は漕ぎ体験は遠慮した方が良いかもしれません。私の知っている範囲では落ちたという方はいませんけども。

矢島経島

ちなみに撮影する際には、遊歩道側から撮ると赤い太鼓橋をバックにたらい舟が映えて良い写真が撮れるのではないでしょうか。無風状態で雲のちょっとある状態の青空の晴れた日なんかは、絶景で透明度の高い海にたらい舟が浮かんでいて良い光景が撮影できると思います。この太鼓橋らへんで折り返しになり、今度は漕ぎ手体験が出来ます。櫂が一本しかなく、これを八の字に回して前進するわけですが、正直何故これで前に進むのか理解出来ません。大抵の方はその場でぐるぐる回るだけで、前に進むことは叶いません。まさにたらい回し状態というやつです。

たらい舟

たまにクロダイが藻の中から出てきたり、小魚の群れが泳いでいたりと海の中も美しい景色が広がっております。入江になっているので、あまり波は立たないのですが、風が強い日は体験が出来ない場合もあります。天候に左右されるアクティビティではありますが、佐渡ならではの体験としてぜひおすすめしたいところであります。

矢島経島

矢島経島
〒952-0605 佐渡市小木365-1 TEL:0259-86-2992
営業時間:8:00~17:00(11月~3月はお休み)
たらい舟:大人500円、小人300円

当館から矢島経島までの地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋