佐渡でオオコノハズクに出逢った日


オオコノハズク

佐渡のドンデン山は夜景スポット、雲海スポットとしてよく夜中に撮影に行くのですが、この日はラッキーな事にオオコノハズクに遭遇。一年以上前に撮影したのですが、まだブログにアップしていないのをつい忘れており、せっかくなのでお披露目しておきます。撮影日は2016年7月20日の22:00頃。ほんの数分間ですが車のライトに照らされたオオコノハズクが木の枝に止まっていました。カメラ本体のISO感度32000とかなり高めでの設定ですので、画像がザラついてはいますがなんとか撮影。

オオコノハズク

オオコノハズクといっても、想像しているよりも小さくて、20cmあるかないかぐらい。漢字で書くと「大木葉木菟」となりますが、最後の木菟=ミミズクのことなんですよね。耳がついているように見えるフクロウのことを大抵ミミズクというそうです。

オオコノハズク

こちらに気づきました。なんだかガン見されています。

オオコノハズク

流石猛禽類といった目つきです。夜行性の鳥類では食物連鎖のトップになるフクロウ。
そんなオオコノハズクに出逢えるとは限りませんが、ドンデン山で4回ほど遭遇しています。両津梅津から入川に抜ける山道の木の枝か、もしくはガードケーブル(ガードレールのような)の上に留まっていることが多いです。
山道はかなり勾配もありますし、雪がちらつく11月後半には入山が出来なくなる可能性がありますので、ぜひ撮影に行ってみてはいかがでしょうか?

当館からオオコノハズク出現ポイントまでの地図

関連記事:




佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

虫谷の入江の左八文字への抜け道


虫谷 左八文字

この虫谷の入江の左八文字は、弘法大師が書いた文字だと言われておりますが、ここに辿り着くには3つの方法がありました。
1つは力屋観光汽船のモーターボートで来る方法。これが一番お手軽で早い方法。
2つは小木ダイビングセンターのシーカヤックで来る方法。
3つは虫谷の集落を抜けて歩いて来る方法。こちらは向かって左岸を綱渡り的な危うい足場を抜けて辿り着く方法。

今まではこの3つだったわけですが、新たに秘密の抜け道から行ってみました。
まずは県道45号線から虫谷方面へと左折。ちなみに、この県道45号線は日本一長い主要県道なんですって。ご存知でしたでしょうか?
虫谷の入り口

そして道なりにまっすぐ行くと、田んぼの脇道へと差し掛かります。
虫谷

そのまま真っすぐ行くと、畑のようなところに出ますのでそのまま道なりに進むとちょっと広いスペースがあり、その奥には竹藪があります。
そしてその竹藪をよーく見ると獣道のような小さな道があるのがわかります。まるでトトロのめいちゃんが迷い込んだトトロの抜け道のようなところです。
虫谷の竹藪

虫谷の抜け道

メイちゃんになった気分で通り抜けます。
虫谷の抜け道

竹藪は若干下り坂になっておりますが、注意して歩けばそんなに歩きにくいところでもないかなぁと思われます。(自分比)
虫谷の抜け道

そして竹藪を抜けるとそこは!海でした。そしてゴツゴツした岩場を降りて右に行くと(徒歩2分程)虫谷の入江に辿り着くではありませんか!
これはトトロのメイちゃんになった気分です。なんだこの竹藪ワープゾーンは?素敵過ぎます。
虫谷の入江

この海の色が本当青い。天気の良い日はさらに青く綺麗です。この日は曇りであまり日差しは強くなかったのですが、この青さです。
虫谷の入江

左八文字と美しい入江を後にし、逆方向も探検してみたくなりました。しかし、この左八文字ドクロのようにも見えるのは気のせいでしょうか。
左八文字

こちらは矢島経島の方角です。
奥に見えるのが矢島です。ゴツゴツした溶岩の岩場は歩きにくく、倒れたりしたらかなりのダメージをくらいそうなので、気をつけて歩きましょう。丸い感じの溶岩の模様が特徴的な枕状溶岩が見られます。

溶岩で出来た地形は洞窟やら、奇形の岩などフォトジェニックな所がいっぱい。この岩の穴は逆光で撮るとアルファベットの大文字のAのようです。

奥へ進むと矢島経島が見えました。歩いて行けるかというと、かなりの難所があり、海に入る覚悟がないとこれ以上は進めません。少し岩を削って歩きやすく遊歩道を整備すれば、矢島経島と虫谷を行き来出来るし、この素晴らしい溶岩情景が見られると思うのですが。

行き止まりから抜け穴へと戻ります。流木がとても素敵に見えるのも、この溶岩が非日常的な様相だからでしょうか。
虫谷

抜け穴に辿り着きました。パット見茂みしか見えないのでわかりづらいです。
きっと畑の地主さんか地元の方が、海への抜け道として使っているのでしょうね。なんだかRPGの秘密の抜け道は冒険心をくすぐります。
秘密の抜け道ですので、この記事をご覧の皆さん・・・秘密ですよ。

※注意点
畑の横の道を通る時は充分注意しましょう。地元の方の邪魔にならないように駐車する際には気をつけましょう。
とにかく地元の方に迷惑をかけないように注意しましょう。

当館から虫谷の秘密の抜け道への地図

関連記事:




佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

ドンデン山荘からの夜景と天の川


ドンデン山荘と天の川

標高約900mにあるドンデン山荘。標高が高いので街明かりの光害が少なく、夜景と星空を両方楽しめる佐渡の夜景スポットです。
西には天の川が流れ、南には新潟市街の街明かり。月がある時には東から月が登ってきます。今回は月明かりもなく、風も穏やかな感じだったのですが、少し水蒸気が多めな夜空でした。

ドンデン山荘の明かりが少し明るいので、普通に長時間露光で撮影すると明るすぎちゃうので注意です。

ドンデン山荘星景

上の写真はソフトフィルター使用。水蒸気があるので、余計に光が分散して写っています。ちなみに、撮影時間は21:50頃で丁度両津港着船のおけさ丸が到着の時間でした。

ドンデン山荘からの夜景

上の写真はノンフィルター。こちらの方がすっきりして良い感じでした。雲ひとつない星空でしたが、若干雲があった方が絵になる気がします。

ドンデン山荘デッキ

ドンデン山荘は両津港から車で約30分。山道を上がってくる途中に佐渡の固有種サドノウサギや、テンやイタチ、オオコノハズクやトラツグミなど夜行性の動物たちに遭遇することもあります。また、今年は放牧が無かったのですが、例年ですと道路に放牧牛がいたりもします。道路を走行する際には十分ご注意ください。

当館からドンデン山荘までの地図

関連記事:




佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋