羽衣杉

大佐渡石名天然杉遊歩道の迫力ある自然美


大佐度石名天然杉遊歩道は平成23年5月のオープン以来何回か通っています。
今回は撮影機材も以前より新しくしたので、撮り直すつもりで遊歩道へ。午前中少し雨もパラつき、撮影するには良いコンディションとなりました。雨に濡れると杉の木肌がしっとりとして美しいのと、苔が青々として美しいのです。
毎年5月下旬頃からオープンして、11月頃まで開通しています。相川の石名から登るか、両津の和木から登るか、迷うところではありますが、当館からは両津の和木から登った方が近いです。

大佐渡石名天然杉遊歩道看板

大佐渡石名天然杉遊歩道看板

大佐渡石名天然杉遊歩道看板

大佐渡石名天然杉遊歩道看板

★大佐渡石名天然杉遊歩道での注意点
・遊歩道とはいえ最低でもスニーカー等歩きやすい靴で行きましょう。
・自動販売機等は無いので、登る前に自動販売機か予め持参することをおすすめします。
・遊歩道とはいえ、山ですので念のため寒さ対策(5月や10月、11月は山の上は寒いです)もしておきましょう。
・夏にはハチやアブなども発生する場合がありますので、黒の服装は控えた方が良いでしょう。また虫除けスプレーなどもしておくことをおすすめします。
・駐車場は複数台停められますが、混雑している場合はちょっと下ったところに広くなっているスペースに停めましょう。
・トイレは遊歩道入口に簡易式のものが設置してありますので、済ませてから遊歩道へ行きましょう。
・携帯電話は繋がりにくいので、万が一の場合は電波の通じるところまで降りないといけません。

砂利道

駐車場から遊歩道入口までは徒歩10分程です。砂利道の坂道となっているので気をつけて登りましょう。登り始めの2~3分がきついと思いますので、呼吸を整えつつ休みながら歩くことをおすすめします。遊歩道入口までの間にも素晴らしい天然杉が点在しています。そちらも見ながらお進みください。

天然杉

大佐渡石名天然杉遊歩道入口

入り口入ってすぐお目見えするのが象牙杉。
マンモスの牙のような地を這うように曲がった枝は、厳しい冬の風雪に耐え、雪の重みにも耐え抜いた自然の造形美。どこを見渡してもまっすぐな杉は皆無です。この遊歩道にある天然杉はほとんどが主役級の様相をしています。生命力溢れる木々の力強さに、感動すら覚えます。

象牙杉

象牙杉

天然杉

天然杉

四天王杉入り口

四天王杉

四天王杉

四天王杉

大変申し訳無いのですが、この天然杉の素晴らしさはぜひとも実際にご覧になっていただかないことには素晴らしさは伝えきれません。
ひしめき合うように共存している植物たち、厳しい環境に耐え抜く生命力、折れても曲がっても新しい芽を伸ばし、神社にあるようなまっすぐ生えた大木の杉などは皆無です。曲がった木の幹のところから別の植物が着生していたり、違う木同士が絡み合うように共存していたり、太い枝を地面を這うように伸ばし、そこから芽を出して杉が繋がっていたり、凄まじい生命力に圧倒されます。

原生林

着生のオオイワカガミ

寄生

天然杉の年輪

木道

大黒杉

大黒杉

大黒杉

自然の造形美

杉の原生林

遊歩道の階段

杉の枝の途中からひげ根が出ているところがありますが、積雪によりそこから根っこが出ている場合があります。5月末まで開通しないのも雪深く雪解けが遅いからなのです。名前ついていない杉や他の木々、植物も大変素晴らしいものが多く、ついついシャッターを切ってしまいます。どれを見ても素晴らしく、被写体が多すぎてなかなか前に進めません。

杉の根

根曲がり杉

曲がり杉

シダの着生

原生林

折れ曲がった杉

着生植物

自然造形

繋がった杉

自然林

家族杉

杉のトンネル

こちらが名前が付いた杉では最後の羽衣杉。
地を這うように伸びた杉を天女の羽衣に見立てたのかも知れません。名前は公募して決めたようで、こちらは長崎の方が名付けたものが採用されたようです。

羽衣杉

羽衣杉

原生林

原生林

杉のトンネル

見晴らし台

見晴らし台からの眺望

見晴らし台

いかがでしょうか?
標高約900mの大佐渡石名天然杉遊歩道は朝方や雨の日などに霧がかかることがあります。霧がかかるとより一層幻想的な景色になると思われます。
まだご覧になったことがない方はぜひおすすめいたします。
元気の無い方、自信の無い方、悩んでいる方が訪れたらパワーを貰えるかも知れません。

パンフレットはこちらからダウンロードが可能です
大佐渡石名天然杉 遊歩道マップ(表) 約900kb
大佐渡石名天然杉 遊歩道マップ(裏) 約2000kb

当館から大佐渡石名天然杉遊歩道まで地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

1月3日開催の月布施毘沙門堂のドウ押し


ドウ押し

佐渡の南西部にある月布施の毘沙門堂にて、毎年1月3日に開催されるドウ押しを撮影しに行ってきました。
ふんどし姿の集落の男性が、25歳と42歳の厄男を一人一人胴上げ・・・というより身体を持ち上げてあちこち曳き回したり、豆殻を燃やした火の上で炙ったりするという、言葉にするとなにやら恐ろしいことをしているかのようですが、そんなにキケンな神事ではありません。

辺りも暗くなった18:30ぐらいになるとお堂の前には集落の人たちや、この様子を一目見ようというお客様や、取材のカメラなどで賑わいます。

月布施の毘沙門堂

鬼役となるふんどし姿の男性たちもぞろぞろとお堂に集まり、挨拶とともにドウ押しが始まります。
囃子方は「ワッショイ、ワッショイ」とかけ声をかけながら木の棒や手足などでお堂の板戸をたたきます。

ドウ押し

あとはひたすら曳き回す。

堂押し

曳き回す。

胴押し

曳き回す!

厄払いの奇祭

曳き回す!!

胴押し

曳き回す!!!

厄年

途中火の上に!そして、鬼たちが濡れた手で豆殻の灰をつけ厄男の顔などに塗りつけます。

厄払い

また曳き回す!

ドウ押し

最後に世襲の神主役を胴上げして終わります。
月布施のドウ押しは佐渡市の無形民俗文化財に指定されています。
ぜひ来年開催の折にご来場してみてはいかがでしょうか。

月布施のドウ押し(毘沙門堂)
開催日時:毎年1月3日 18:30~

当館から月布施毘沙門堂のドウ押しの会場への地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

当館すぐ裏手のおすすめ佐渡食材の和食処 割烹ごしま


割烹ごしま

当館より徒歩2分。
地元の医療関係者の接待先でも使われている、地元食材をふんだんに使ったお料理が自慢の割烹ごしま。当館に朝食付きでお泊りいただき、お夕食はこちらでというお客様もいらっしゃいます。また、あてもなく佐渡旅行に来て、当日になって宿を決めたけど、お夕食どこにしようか・・・などというお客様にもご紹介しているお店でもあります。

私も美味しい和食のお料理を食べたい!という時にこちらを予約することがあり、今回はその時のお料理をちょっとご紹介します。

のっけからこれです。(※注:ビールは別です)
カニのむき身!佐渡はズワイガニや紅ズワイガニなどが採れるところでもあり、それがちゃんとむき身で出てくる。そして、サラダ仕立ての海鮮お料理。これまた絶品。

割烹ごしま付出し

お刺身の盛り合わせが、一人前でこのボリュームです。
地元の鮮魚を仕入れて、こんなに種類豊富に提供してくれるお店なんです。

お刺身盛り合わせ

そして、この時は春だったのでシロウオが近くの川で採れるのでシロウオの柳川鍋。山椒がピリッと効いたあつあつのお鍋。
お出汁の味が絶品です。

シロウオ柳川鍋

これまた日本酒に合わないわけがなく、あつあつのお鍋から取り分けつつ日本酒も。
地元のお酒がまた美味しい。各種取り揃えてます。

シロウオ柳川鍋

この日は真野鶴さんのちょっと特別なお酒をご用意していただいた日でした。

真野鶴

この天ぷらはレンコンのはさみ揚げ。
白身魚のすり身が入った、魚の旨味とレンコンのホクホクな甘味。
これまた日本酒最高に合う。

割烹ごしまの天ぷら

〆のごはんですが、こちら割烹ごしまさんの名物料理。
「ばらちらし」です。私は生魚があまり得意ではなく、こちらのチラシ寿司には生魚は入っていないのです。
とってもおいしくて人気で、地元のスーパーでも小分けにして取り扱っているぐらい。

割烹ごしまのばらちらし

ご予算が心配になると思いますが、お料理だけで3000~4000円ぐらいで十分ご満足いただけると思います。
もちろん、もっと美味しいお料理が食べたい!という方はご予算も奮発していただけたら、ご主人も腕によりをかけてお料理を作ってくれると思います。
地元の美味しい食材と、美味しい地酒を堪能できるお店。地元の人に人気なんだから、絶対おすすめです。

割烹ごしま
佐渡市真野新町172-4
TEL:0259-55-3138
営業時間:17:00〜22:00(不定休)
※ご予約してからのご来店をおすすめします。(当館のブログを見たと伝えてくれると、私が次回来店時に大きな顔できますw)

当館から割烹ごしままでの徒歩地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋