佐渡にもあった!エンジェルロードが出現する二ツ亀


エンジェルロード

エンジェルロードは小豆島の弁天島に潮の満ち引きで出来る砂州のことで、手を繋いだ恋人が結ばれるという噂のあるところで、それが佐渡の二ツ亀にもあるじゃん!ということで、そういう切り口でいってみたいと思います(笑)
陸繋島トンボロ現象という言い方もするようですが、やはりウケ狙いで「エンジェルロード」がいいですよね。満潮、干潮によって離れ小島になったり、陸続きになったりと不思議な島ですが、満潮と干潮で30~60cm程の差異があるそうです。佐渡島の潮位表はこちら

佐渡島の離島二ツ亀

こちらはミシュラングリーンジャポン二ツ星に選ばれる程の景勝地でもあり、環境省が選定する日本の快水浴場百選にもなっている注目のスポット。今まで遠くてなかなか行くことが無かったのですが、この二ツ亀はエンジェルロードのみならず、他にも面白そうなネタが満載なスポットであると確信しております。ここは佐渡の北端に位置する場所ですので、朝日と夕日が両方見れる場所です。季節的にいつ頃が朝日と夕日が見れるのか、これから検証していこうと思いますが、早朝二ツ亀まで当館から行くとなると・・・なかなか大変であります。

二ツ亀

俗説ではありますが、二ツ亀の「亀」は、アイヌ語のカムイを意味し、神聖な島というのがこの地の由来ともいわれています。
神と繋がる佐渡北端のエンジェルロード。なんとも神々しいネーミングになりました。いつかこの佐渡のエンジェルロードでウェディングフォトなど撮れたらいいなぁと思います。

トンボロ現象

ちなみにトンボロ現象で有名なのは、フランスのモンサンミッシェルや、イタリアのセント・マイケルズ・マウント。日本にも数か所存在しますが、そのうちの一つがここ佐渡島にあるとPRしたいところですよね。
この記事を見て、もっと広めたい!と思った方はシェアボタンで拡散しちゃっても大丈夫です。

当館から二ツ亀エンジェルロードへの地図

関連記事:




佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

地獄谷線の名瀑布 黒滝・白滝


林道地獄谷線

先日、佐渡のことを佐渡の人に知ってもらおうということで、大人の遠足へと行ってきました。
大佐渡スカイラインから林道地獄谷線に入り、そこから下ること約1時間程。途中倒木や崩れなどもあり、正規ルートを見失ってようやく辿り着いた感じですが、以前は遊歩道的に整備されていたのですが、ここは観光で簡単に来れるような感じではありません。また、以前はマムシにも遭遇したので、今回はウェーダーを履いての万全装備。

チシオタケ

途中色んなキノコに遭遇しましたが、中でも綺麗な奴だったチシオタケ。傷をつけると、そこから血のような赤い液体が滴るという不思議なキノコ。
もしかしてチシオタケかも?とも思いましたがその時は正規ルートを見失っている最中でしたので、そんな余裕などありませんでした。

黒滝

川の流れる方に藪の中へと突入しつつ、ようやく辿り着いた黒滝です。

黒滝

末広がりの名瀑布ですが、この日は水量も少なく以前見た時よりも少々迫力にかけるビジュアル。

黒滝

今回はスポーツショップダグアウトのスたッフの石塚くんを連れての滝行でしたので、黒滝と一緒に記念撮影。トレッキングのアイテムも多数取り揃えています。

スポーツショップダグアウト

ここよりさらに下流の方には白滝という滝があり、そちらもせっかくなので向かいます。

白滝

流れに沿って下り、白滝上に差し掛かったところで右へと巻きながら下り、滝壺へと向かいます。

白滝

ちょっと危険が伴う感じではありますが、気をつけて下れば大丈夫かなぁというレベルです。

森の光

滝を堪能した後の帰り道は当然のことながら上りとなります。車を止めてから結構降りるので、なかなかハードな感じです。
もし行ってみたい!という方は、それなりの装備で行くことをおすすめします。

当館から黒滝・白滝入り口への地図(GoogleMAPでは降り口までのガイドが出来ませんので、その手前となります。)

関連記事:




佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

トキの羽根が拾えるかも?牛尾神社にお参りに行こう。


牛尾神社

毎年6月には薪能の演能がある牛尾神社。普段お参りに行く機会が無かったのですが、拝殿の彫刻がとっても素晴らしいのでその撮影に訪れました。カメラを変えたり、レンズを変えたりすると、また違った目線での撮影が出来ますよね。新たな気持で訪れると違った発見もあったりするものです。こちらの駐車場はちょっと入りにくいのと、出る時も車の通行量がある道路に面しているので、なかなか出にくいです。裏手の参道もあるのですが、出来れば表側の参道をおすすめしたいです。

大鳥居

大鳥居をくぐると、凛とした雰囲気に包まれています。
左手に天満宮の薬師堂があり、正面には拝殿、拝殿横には能舞台、拝殿前には樹齢1000年の安産杉があります。参道の杉はどれも巨木でこの神社が古来から由緒ある神社であることが伺えます。

安産杉

天満宮の屋根は茅葺き屋根で、風情があります。

天満宮 薬師堂

こちらが拝殿です。正面、横にも見事な彫刻が施され、当時の棟梁の技術の高さが伺えます。立体的に掘られたこの彫刻は本当に見事なものです。
脚立を持ってきて、本格的に撮影したいなぁと思いました。望遠レンズでの撮影では細部の細部までは再現出来ません。

牛尾神社

主に竜の彫刻が多く、鱗のひとつひとつが丁寧であり、ディティールも素晴らしいです。作り手によってはまんが昔ばなしに出てくるような、ほんわかした竜の表情だったり様々ですが、こちらの彫り物は写実的な感じで迫力のある竜です。

竜の彫刻

竜の彫刻

獅子の彫刻

龍の彫刻

お参りを済ませて、鳥居をくぐると何やら羽根のようなものが落ちているのを発見。やや朱色がかったこの羽根はトキの羽根ではありませんか!
私はお参りの時には必ず100円をお賽銭として入れるのですが、ご利益があったのでしょうか。人生初のトキの羽根発見に、嬉しさを隠せません。(ということでブログ記事に)

トキを幾度となく撮影しておりましたが、トキの羽根を拾ったのは初めてです。確か記憶によれば、ワシントン条約により販売してはいけないし、国外に持ち出してはいけない。という規制があったと思いますが、これを拾ってはいけないということは無いというのをお聞きしたことがあります。また、他人に譲渡してはいけないという注意があったような記憶もありますが、正しくは環境省にお問い合わせください。
環境省トキ情報

トキの羽根

そういえば、この牛尾神社の近くをトキがよく飛んでいるので、その時に羽根を落としたのでしょうね。
おそらく近くにトキの巣があると思われますので、巣に近寄るのはやめましょう。そして、拾った羽根は他人に譲渡などせず大切に保管しましょうね。
以前、専門家の方に紫外線に当てるといずれ色が抜けると聞いたような気がします。とはいえ、金庫などに保管しては見れないので、飾るのであれば直射日光の当たらないところに飾ることをおすすめします。

ちなみに、このトキの羽根は伊勢神宮の遷宮で奉納される須賀利御太刀の柄に、トキの羽根が二枚使われているのです。20年に一度新調されるのですが、これだけトキが増えれば安泰ですよね。第63回式年遷宮は2033年ですから、その時には佐渡島以外でもトキが見られるかも知れませんね。

当館から牛尾神社までの地図

関連記事:




佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋