北鵜島の国の重要無形文化財に指定されている車田植


車田植え

北鵜島に代々伝わる神事、車田植を見てきました。
毎年5月の田植えも終わりになる第三大安に行われます。この日は毎年晴天に恵まれるそうで、今年も晴れ。
この田圃の所有者である「やま佐荘」の北村さんの家に、奈良時代から伝わる農耕行事で、早朝から自宅で祈祷するところから始まるそうです。私は9:00頃に田圃に到着し、田植えを拝見しました。

車田植え お神酒

北村さんのご挨拶からはじまり、お神酒を田んぼに注ぎます。柏手で五穀豊穣をお祈りした後、早乙女たちが田んぼに入ります。

車田植え 柏手

車田植え 早乙女

田んぼの中央に天照大神にお供えした苗を植え付け、そこから「の」の字を書くように時計回りに植えていきます。中央に植えた苗は神様であり、そこにお尻を向けないように植えていく為だとか。


車田植え

車田植え 早乙女

車田植え 早乙女

車田植え

車田植え

田んぼの形状は釣鐘状になっていて、山に向かって末広がりになっています。その山手の上には「神さん田(かみさんだ)」と呼ばれる田んぼがあり、そこから田植えがスタートし、最後に車田植の田んぼで田植えが終わるそうです。神さん田には正月に飾った松を刺してあります。

車田植え 釣鐘状の田んぼ

神さん田

神さん田 もち米

田植えの最中には畦で座っているおばあちゃんが田植え唄を唄っていました。

車田植え 田植え唄

車田植え

田植えが終わると、こびりぃというお食事が振る舞われます。赤飯のおにぎりに使っているもち米は神さん田で採れたものだとか。また、海藻の煮付けが非常に美味しく、この地域特産なのだとお聞きしました。スゲナというそうで、銀葉草のようなシャキシャキとした食感の海藻です。
車田植の撮影に訪れていた人たちにも振る舞われ、神事が終わりました。

こびり

海藻スゲナの煮付け

車田植の様子を満喫出来るのは、おそらく田圃の地主さんである民宿のやま佐荘さんに宿泊し、朝の神事から拝見させていただくのが良いのではないでしょうか。個人所有の田圃で、個人の御宅に伝わる伝統神事なので、存続が危惧されています。この車田植の風習は奈良時代から伝わっていて、現在日本にはここ北鵜島と岐阜県高山市松之木町のみ残っているのだそうです。

やま佐荘
〒952-3202 新潟県佐渡市北鵜島551
TEL:0259-26-2416

当館から車田植の田圃までの地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

2016年6月18日開催 世阿弥讃仰 正法寺ろうそく能(演目・鵜飼)


正法寺

ろうそく揺らぐ灯りの中での観能もまた格別です。
かつてろうそくが屋内の照明だった時代、多くの能舞台ではこのわずかな灯りをたよりに演じられてもきました。ろうそくの明かりが、幽玄を一層濃く感じさせるような効果をもたらす、新しい演出手段としてよみがえったのです。「何かを減らす」ことで、本来の魅力が濃く現れる。これがろうそく能の魅力です。

世阿弥所縁の地・正法寺で今年も「ろうそく能」が行われます。
寺院本堂の中、ろうそくの灯りをともして行われる能を体感ください。

日時/平成28年6月18日(土)開場18:00 開演18:30
会場/佐渡市泉「正法寺」本堂

●講演「能【鵜飼】について」
能楽評論家 児玉 信 氏

●能「鵜飼」(観世流)  
シテ・重要無形文化財指定 松本千俊 師

一般奉賛金として 3,000円をご負担願います。 
(入場定員あり) 

チケットお問い合わせ
主催 佐渡の能を識る会事務局 0259-63-3181
共催 (一社)佐渡観光協会 0259-27-5000

正法寺ろうそく能

正法寺ろうそく能

当館から正法寺までの地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

6/4開催!【学校蔵の特別教室】第3回 「佐渡から考える島国ニッポンの未来」


学校蔵の特別授業

旧西三川小学校で開催されております「学校蔵の特別授業」の開催日が決定しました。
今年は6月4日(土) 13:30~18:00(予定)となります。

学校蔵の特別授業って何?という方に、簡潔にご説明いたします。
当館より車で20分程の距離にある旧西三川小学校は廃校となり、そこを尾畑酒造さんがなんとかしたい!との想いで学校蔵というお酒造りを学べる蔵にするというコンセプトのもと、廃校プロジェクトとして立ち上げ、その特別授業として「学校蔵の特別授業」というのを開催しております。主な内容は、地域づくりのパネルディスカッション型式の討論+講演という感じ。

ちなみに私は立ち上げの当初からPRフォトグラファーとして参加しております。

この学校蔵の校訓は「幸醸心
しあわせをかもすこころと書きます。酒造りを通した人のつながりから幸せを醸すという意味を込め、学校蔵の校訓としたそうです。
学校蔵校訓

この特別授業に携わって感じたことは、授業の内容の良さもさることながら、尾畑酒造さんの人脈の幅広さと濃さに注目していただきたい。島内のへんぴな廃校(失礼)で開催されるにも関わらず、泊まりがけでこの授業に参加していただく生徒(参加者)の方々、また先生となる講師の方もテレビや雑誌などで見かける有名な方。つまり、この授業に参加するだけで、その方たちのマインドを共有するチャンスでもあるということ。

これは地元商工会が開催する講演会とは空気感が違ってきます。(これまた失礼)島の外から交通費をかけて宿泊費をかけてまで集まるわけですから、その意識の高さは相当なはずです。

また、「佐渡から考える島国ニッポンの未来」というタイトルですが、都会が主役ではなく、地方が主役となり、地方から日本の未来を見据えた地域づくり、人づくりを考えていこうというのがいい。今までは都会主体の考えを田舎にプロットしようとして、失敗してきた例を沢山見てきたので、このタイトルに佐渡島が今後どのように進んでいくべきか、自分たちでそれを見出すきっかけになるのではないかという期待感を持っております。

さて、今回はどんな授業となるのか、楽しみです。
私はもちろん参加させていただきます。(PRフォトグラファーとして)
尚、当館は特別授業開催日はお部屋が残り少なくなってきております。お申し込みはお早めにお願いいたします。

【学校蔵の特別教室】第3回 「佐渡から考える島国ニッポンの未来」
日時: 2016年6月4日(土) 午後1時半~午後6時(予定)
場所: 学校蔵(佐渡市西三川1871
テーマ: 「世界とつながる」「地方で起業」
お申し込み → http://www.obata-shuzo.com/home/gg_news1604.htm

当館から学校蔵への地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋