佐渡の牡蠣のがんがん焼きを購入して食べてみた → 旨すぎる!

佐渡カキのガンガン焼き

佐渡カキのガンガン焼き山田屋の三井さんから購入してました。

このガンガン焼きのことは、以前このブログ記事でもご紹介いたしました。
佐渡カキのガンガン焼きの注文受付が開始されました

ガンガン焼きというのは、大きな缶のようなもので、その中に牡蠣が20個ぐらい殻付きのまま入った状態でそのまま火にかけて蒸し焼きにするという商品。
これを以前から注文しようと思っていて、やっと念願叶って購入した次第です。

さて・・・いてもたってもいられず、同封されていた説明書と、軍手、ビニール手袋、ナイフを缶から取り出し、水と少量のワインを加え、火にかけます。
牡蠣は平らな方を上にして敷き詰めます。

牡蠣のガンガン焼き

こんな感じでコンロに直接。
吹きこぼれるようでしたら、ちょっと火を弱くしましょう。
12~15分程で火が通る頃合いと、同封のマニュアルに書いてありますのでそのとおりに。

殻付きカキ

上のカキの蓋がパカっと開いたら完成。
中に牡蠣のエキスが染みだした汁が入ってますので、こぼさないように静かに蓋を開けましょう。

蒸し牡蠣

中には蓋が開きにくいものもありますが、それは付属のナイフでこじ開けます。
これが中々手強い・・・。だいたい蓋を持ち上げるようにクイッと上にあげると、合わせ目がわかります。

牡蠣剥き

コツが分かればすぐ開けられますので、修行の精神で挑んでください(笑)
先に蓋が開いたやつを、温かいうちに食べちゃってから、開きにくいのは、ガンガンの中にいれて蓋をしておいて冷めないようにする。
で、後でじっくり・・・というのも良いかもしれません。

佐渡牡蠣のガンガン焼き

レモンをちょっと絞って・・・佐渡の地酒の熱燗で一杯・・・たまりません(笑)
ワインやシャンパンと併せても美味しいですよね♪
熱々の牡蠣を殻付きのままご家庭で楽しめるこのセット。子供も大喜びでした!

お値段は約20個入りで4,500円の税込価格。おまけに送料は無料。
ご注文・お問い合わせは牡蠣(下記)まで。

佐渡カキのガンガン焼き
TEL/FAX 0259-52-6513

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋