カテゴリー別アーカイブ: 番頭ブログネタ

ご縁の宿伊藤屋リニューアルプロジェクト プロローグ

和室ベッド部屋

昭和8年建立の本館のお部屋はトイレも洗面所も無く、共同トイレと共同洗面所を利用してもらう感じで、当時は喫煙・禁煙の分煙もないことから壁に染み込んだ臭い、ヤニ染みなどもあり、また防音や断熱なども施されておらず、クレームの原因にもなっていました。いつか、これをトイレ洗面付きのお部屋へとリニューアルしたいと前々から工務店の方にも説いていて、構想を練っていたところへ、観光庁の「地域一体となった観光地・観光産業の再生・高付加価値化事業」の補助金の話が舞い込みました。

既にリニューアルの構想はあったので、すぐさま工務店に連絡し、申請をするので資料を用意してもらいたいとお願いしました。この補助金事業も観光庁としては新たな取り組みで、不動産関係に補助金が付くのは珍しいこと。これを逃したら次は無いかも?などと言われたもので、絶対に通す!という意気込みで企画を練りました。

私の補助金に対する考え方は一貫して2点に気をつけています。
1,補助金以上に税金でお返しする事。
2,地域にお金が落ちるように地元の企業を使う事。

工務店はいつもお世話になっている藤栄工務店さん、そして今回レストランもリニューアルすることで兵庫工務店さんにもご協力いただくことにしました。どちらも佐渡の地元企業で、地域のために尽力されている方たちです。そして、設計デザインをしっかりしたいと思っていて、以前真野新町にあるシェアベースの大久保新さんから昔ご紹介いただいていた、隈研吾建築都市設計事務所今井博康さんに打診したところ、快諾いただきました。今井さんは佐渡島内では北沢浮遊選鉱場のカフェのデザインも手掛けています。

今井さんに依頼したのは2つの目的がありました。
1,都会でのノウハウを地元企業に落とし込むこと
2,しっかりしたデザインでお客様の満足度をあげること

様々な補助金事業をこの目で見てきて、大体は一過性のもので終わってしまうパターンが多いので、目的1はデザインにおける考え方を地元に落とし込みたかったのが狙いです。佐渡にはデザインについての考え方がとても薄く、印刷においても、設計においても、ホームページおいてもそういった事にお金を費やすことに慣れていないので、未熟な部分が多く、今回のプロジェクトで少しでも地元に「デザインとは?」を落とし込めればと考えました。

ただ、大きな超えなければいけないハードルがあり、募集から申請締め切りまで10日ほどしかない。(DMOへの提出期限で国への申請は1ヶ月程ありましたが)今回のプロジェクトは5000万円程。補助率は2/3で1/3(補助は税抜きなので約1800万)が自己負担となる。国からの補助なので、佐渡島にこれだけのお金が舞い込む形となるので、経済効果的には外貨獲得(島外資金という意味で)として大きい。そして私の今まで手掛ける一番大きな金額のプロジェクトとなりました。

まぁほぼほぼ、リニューアルの構想は描けていたので申請書類の提出、大まかな設計図も提出し、銀行へも取り付けが出来て無事申請完了。そして審査は通りました。正直寝る間も惜しんで書類を書いたし、他の事業も同時着手していた案件が3~4個程あったのでかなり大変ではありましたが、なんとか纏め上げて事業着手に至りました。

リニューアル工事

工務店さんへは次のことを指示しました。
・なるべく地元の材を使う事、地元の業者を使うこと(佐渡産>新潟県産>国産)
・懸念する箇所(老朽化や今後不具合が起きそうな所)があれば随時報告
・将来こうした方がいいという案を報告(今回は手掛けないとしても)
・災害復旧優先してください(2022年12月24日の佐渡地方大雪による倒木や停電等)

いざ工事を始めて、コロナ禍もあり材が入ってこない、コロナ感染による工事人員確保が困難&中断、ロシアウクライナ戦争の影響による材料費燃料費高騰、工事中の佐渡地方大雪による停電や倒木による災害発生などありとあらゆる障害が立ちはだかり、様々な変更や中断を余儀なくされました。一体何の苦行でしょうか?と問いたくなるような次々舞い込む課題に、日々疲弊しつつも、今井さんの設計していただいたデザインの素晴らしさに希望をいだきつつ、ただただ奮闘しておりました。

無事工事は完了し、2023年4月15日にリニューアルオープン。
ご縁の宿伊藤屋リニューアルオープン資料

佐渡のナイトカヤックなら達者がおすすめ

佐渡ナイトカヤック

佐渡島で超絶おすすめなアクティビティが、この達者でのナイトカヤックです。以前小木のナイトカヤックをおすすめしましたが、あれはあれでとても素晴らしいのですが、このナイトカヤックは達者海岸だからこそ体験出来る美しさといったところでしょうか。
まずこれがどこで予約出来るのか?というところからお伝えしておきましょう。
https://showbyjaws.com/

昼間は昼間の美しさを体験出来ると思うのですが、私が超絶おすすめなのは夜。季節によって時間が異なるのですが、マジックアワー(日が沈んだ後の残照時間)に合わせて開始がおすすめです。

マジックアワー

この夕日が日本海に沈む時間を堪能しつつ、夕闇が徐々に広がっていく様の美しさといったら写真では表せる限界があります。この日はたまたま予約した日が天気もよく、波も穏やかだったのでα7RⅣを片手に乗り込むことにしました。当然海の上ですから、落ちたりバランスを崩してカメラを水没させてしまう可能性もあるので、ハウジングをつけるか、何らかの防水手段を施した方が良いです。またスマートフォンで撮影する際にも、フローターをつけたり、首から下げる防水ケースのようなものを購入することをおすすめします。

シーカヤックパドル

まだ明かりが残るうちに精算を済ませ、軽く準備運動をし、パドルの使い方などのレクチャーを受け、いざ!マジックアワーの海へと出航です。この残照があるうちにある程度撮影しておいたのが正解でした。やはり暗くなるとブレたり、ISO感度ガンガン上げての撮影でザラついた使いもんにならない写真を量産していました。

ナイトカヤック

このカヤックの下にライトがついているわけですが、集魚灯(魚が集まりやすい水中ライト)をカヤックの底に付けてあります。このライトが海底を照らし、海の中をドラマチックに演出してくれるとともに、魚を集めてくれて、イカやトビウオ、イワシやサヨリやフグなど様々な魚が見られます。実はこのアイデアはこうすると絶対佐渡の海でやったら人気出るよね!と私が助言したのを実行してくれた方がいて、その方が達者でも伝えてくれて実現したものです。(あちこちでこの集魚灯カヤック&SUPのアイデアはお伝えしました。)

マジックアワー

ナイトカヤックは複数台いた方が、集まった際の明かりの強さも出ておすすめです。インストラクターの方が1艘出るので、最低でもあと3艘ぐらいあると良いなと感じました。(この日は合計4艘)
スマートフォンで撮影する際にも絵になります。私のようにミラーレス一眼をハウジング無しで持っていく無謀はやめた方が良いです。もし、漕ぐのに自信がないという方は、インストラクターさんとタンデムシートで乗ってもらい、自分は漕がないという選択もありかもしれませんので、そこらへんはご相談でしょうか。

ナイトカヤック

どうでしょうか。この残照が残る空の下に広がる、海藻の世界。カメラでは写すことの出来ない全景は、体験しないとわからない世界。とはいえほんの切り取りではありますが、ある程度伝わるのではないでしょうか。ただただ、美しい。

ホンダワラ

おそらくホンダワラの類でしょうか。大きく育ったこの海藻が海の中の森のような感じで、この海藻があるからこそ、魚の住処となったり、産卵する場所となったり、多くの生き物を育む要因となるんですね。これがライトアップされると本当に美しい。

集魚灯

集魚灯に寄せられた魚たちが撮影出来ました。ナイトカヤックは景色も素晴らしいのですが、この集まってくる魚たちも素晴らしいのです。季節によって集まる魚は違いますので、何度行っても楽しめること請け合いです。この達者の海岸は砂地のところから岩場へと向かうこの瞬間が撮影ポイント。海岸の右側には岩場の洞窟があり、そこを潜り抜ける時が本当に素晴らしい。

龍の洞窟カヤック

この達者の海岸にある洞窟ですが、「龍の洞窟」と言われるそうで、龍の伝説があることからその名がついたのだとか。詳しくはインストラクターの岡部くんに聞いてみましょう。この龍の洞窟をナイトカヤックで潜り抜ける際に、集魚灯の明かりが乱反射し、洞窟全体が光輝いて見えます。ここは日中でも日が当たらない場所ですので、少しヒンヤリします。
この洞窟から見る残照の空とのコントラストも絶景ですので、ぜひ写真に収めてください。

佐渡ナイトカヤック

波があると洞窟内はウネリが発生しやすく、危ないかもしれません。そこはインストラクターの言うことをちゃんと聞きましょう。また、船酔いするという方は、予め酔止めをドラッグストアなどで買って乗る前に飲んでおいた方が良いと思います。天気に左右されるアクティビティですので、インストラクターが今日は危ないと判断したら、それは諦めましょう。
お客様によっては滅多に来れない佐渡島のナイトカヤックかもしれませんが、せっかくならベストな感じでトライしていただきたいですし、安全第一ですからね。数日滞在する場合は、その旨お伝えし予備日なども含めて予約を検討してみてはいかがでしょうか。なかなか夏のハイシーズンともなると予約が取りづらいかもしれませんけど。

見てください、この魚の群れ。シーカヤックに追走するように押し寄せてきます。パドルを漕ぐのをためらう程の大群です。ここは洞窟を抜けた後の場所で、ここまで来ると辺りは暗くなってきます。もう星空が見えてくる時間帯ですね。とはいえ、三脚も無いし手持ちで星空を撮影してもキレイに撮れないので、多くは望みません。
日によっては月明かりなどもあるでしょうから、月齢などもチェックしてみると良いかもしれません。

この日同乗した体験者の方が、手づかみでサヨリらしき魚を捕まえて、そのまま踊り食いしてみる!ということで、捕食シーンを撮影。なんといいましょうか、ホラーな感じではありますが、、、生臭いのでやめた方が良いのと、万が一寄生虫などにやられる可能性もあるので、皆さんは真似しないようにしてください。
まぁ、網などがあれば掬えるぐらい魚が寄ってきますが、小さい小魚ばかりですので、せいぜい唐揚げにする程度だとは思いますが。

おおよそ2時間ちょっとだと思いますが、水没することなく戻ってくること出来ました。景色の素晴らしさもさることながら、こんなにも魚が集まり、ライトアップされた達者の海の中、岩肌の様子、時間によって変わっていく空の景色、どれをとっても素晴らしい体験が出来たと思います。
遊園地の一瞬で終わってしまうアトラクションに比べれば、こんなにも長い時間を自然と一体になって楽しめるのは、かけがえのない想い出となること間違いなしだと感じました。
お天気次第の体験ではありますが、ぜひベストなタイミングで体験されることを願っております。

ちなみに、8月~9月ぐらいにかけて夜光虫が沢山龍の洞窟近辺に発生し、オールを漕ぐたびにキラキラと光って、めちゃくちゃ幻想的。そして、波打ち際にはウミホタルも見られ、本当に素晴らしいスポットなんですよね。

達者 ウミホタル

達者 ウミホタル

達者のカヤック&SUPの体験申し込みはこちら

住所:〒952-2135 新潟県佐渡市達者486
TEL:070-4428-0938
https://showbyjaws.com/

公式Instagram https://www.instagram.com/showbyjaws/

昭和8年建造の客室を和室ベッド部屋へとリニューアル

和室ベッド部屋

うちの旅館は1878年(明治11年)創業で、その頃の建物は昭和8年に改築されました。昭和8年の頃の建物ですから、トイレも洗面所もなく、いつかトイレ付きのお部屋にしたいと思っていました。丁度観光庁の「地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化事業」という補助金のお話をいただき、今回のリニューアルへと踏み切りました。

とはいえ、細かいプランなどなく、ただお部屋にベッド付き&トイレ洗面付きにしたいという思いだけで、重要な設計をどのようにするかを悩んでいました。ちょうど良いタイミングで、隈研吾建築都市設計事務所の今井博康さんを知人から紹介され、このプロジェクトを引き受けてくださいました。

今回の工事にあたり、なるべく地元のものを使いつつ、地元の業者で手掛ける。これが私の工務店への依頼でもありました。
旅館のリニューアル工事を引き受けてくださったのは、地元羽茂の藤栄工務店さん。たまたま近所の工事に携わっていたところ、うちもお願い出来ないかと相談したところ、快く引き受けてくださり、施工も打ち合わせも丁寧で、信頼のおける工務店さんです。

いざ工事が始まると、床の高さは建物の歪みからバラバラで、水平にするために追加工事が必要だったり、柱の補強が必要だったり、排水用の配管が通せない作りだったりと、予想していなかったことが沢山噴出しつつ、昨年12月24日の大雪で各地で被害が出て、工務店さんも設備屋さんも各地回らなくてはならない状況に、コロナでスタッフの方が休み、尚且つ海が荒れて部材が入って来なかったり、コロナ禍で部品がなかなか入ってこないという状況もあり、苦難ばかりのリニューアル工事となりました。

違い棚

リニューアルしたお部屋は2部屋を繋げて、1部屋にすべく広さも贅沢にした快適な作り。昭和8年の床の間はそのまま残し、古いものと新しいものが共存する空間。そして今井さんの意匠である、浮いたように見える座敷。そこにベッドを置く。そんなデザインになりました。

この浮いたように見える座敷は、内覧会に来た方たちも不思議そうに覗き込み、どうやって作ってあるのだろうと乗ってみたり押してみたり、人の興味を惹くデザインとなっているようです。普通は畳を抑えるための枠がついたり、抑えのための金具がついたりするわけですが、地元の畳屋さん、工務店さん、設計の今井さんとで、このデザインを実現するためにどうしたら出来るのかを悩み、試行錯誤しつつ完成した共同合作の「浮いたように見える座敷」なのです。

浮いたように見える座敷

その他にも沢山の工夫とこだわりを詰め込んだこのリニューアル工事ですが、これからブログを頻繁に更新すべく徐々にお伝えしていこうと思います。
4月15日の12時より予約受け付け開始となります。島開きに合わせてリニューアルオープンとさせていただきました。
このお部屋のお泊りの値段ですが、お一人様1泊2食付きで 18,000円~(シーズンや曜日により変動)となります。
ゴールデンウィークはまだこのお部屋は空いていますので、佐渡にご旅行の予定がありましたら、お泊りお待ちしております。