佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の弐

堰堤

佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の壱

小河内川の下流から川を上り、最終堰堤を越えると、あとは人の手が入らない自然の川へと変貌。難所もいくつかあり、川の思わぬ深みにハマったり、蔓に足を取られたりします。装備を軽くしたおかげでまだ軽快に歩けるレベルではありますが、この時点でGPSで見る限りでは1/3も進んでいない感じ。

ちなみにスマートフォンのGoogleMAPのアプリで七ツ滝を登録しておいたので、MAPのダウンロードは出来ないにしても、オフラインであっても現在地をGPSで知る事ができますので、おおよその距離感はわかります。スマートフォンの機種によってはGPS性能が異なるので、機能として使えるかどうかは機種次第ではありますが。(私の機種はXperiaでドコモのキャリアで使用)
GoogleMAP七ツ滝

沢渡り

佐渡の山々を歩いていて気になるのが、倒木の多さです。ナラ枯れ病が蔓延し、立ち枯れした木々が沢山あったのですが、集中豪雨や爆弾低気圧、台風の影響でゆく先々で倒木でルートが塞がれている箇所がいくつもあります。川沿いは特に多く、流木となって川の至るところで道を塞いでいました。とても人の手では撤去出来る感じではないので、潜るか跨ぐか交わして歩くしかありません。

小河内川

人が入らない里山は蔓がいっぱいで、木々を弱らせたり、処理されない倒木がいっぱいだったりするわけですが、昔は炭焼きや薪を作る為に山に上る人が多かったので、整備された山が多かったそうですが、今となってはどんどん荒れた山が多くなっているようです。また、気候変動で温暖化による雪の少なさなどで植生も変わってしまったことから、昔の風景とはだいぶ異なっていると年配の方からお話を聞く次第。

ターザンごっこ

せっかくいい感じの蔓があったので、ターザンごっこで川へざぶん!っとやってました。BGMとしては映画のインディージョーンズを脳内再生。ここらへんは、まだ体力があったのでこんな感じの遊びもしながら歩き進めたわけですが、、、いよいよ難所へと差し掛かります。

滝登り

目の前には滝があり、これをかわすべく左斜面を木々を伝って登ります。結構な急斜面ですので正直ロープがあった方が上がりやすいぐらいのレベル。いつも頼りにする木はヒメアオキかイヌツゲ系の木。割と強く根張もいいので、根っこ部分を足場にしたり、茎に手をかけて手がかりにしたり、斜面での命綱的な存在です。

滝登り

斜面を上ると、ここを通ったであろう方のロープの切れ端が木にくくりつけてありました。もう千切れてしまったのか、はたまた人工物を残さず撤去したつもりが取り切れなかったのか、わかりませんがあまり良い気持ちにはなりませんでした。とはいえ、撤去する道具も持ち合わせていなかったので、今回はそのままにしておきました。次回トライする際には撤去出来ればとは思います。

GPS的にはここらへんでようやく半分まで来たという感じ。まだまだ難所が続きます。

きのこ

さぁ、七ツ滝はここからもう少し先です。

【深山幽谷の秘境 七ツ滝】
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の壱
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の弐
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の参
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の四

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋