佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の参

七ツ滝

佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の壱
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の弐

倒木ばかり目立つ川沿いを上流へと向かいつつ、七ツ滝を目指します。徐々に川幅が狭くなり、川の両サイドが渓谷のように切り立ったところが多くなっていきます。川底も深くなり、長靴では水没するところが多々出てきます。岩壁を登るようなロッククライミング箇所も出てきますので、難易度は高くなっていきます。機材があった方が安全に行けると思われますが、慎重に行けばなんとか行けるレベルではありました。
とはいえ、かなり危険が伴うと思いますので、安易な気持ちで行けるような場所ではないことをお知らせしておきます。

七ツ滝

ナラ枯れの影響なのか、倒木が流されて行く先々で邪魔をしています。雨降りの後だったので、この倒木の上に乗ると足を滑らす危険もありますし、中がスカスカな状態でポキっと折れる場合もあります。そもそも腐って折れたわけですから、折れやすいのは当たり前なのですけども。

滝仙人

途中良い景色を見つけたら水分補給をしつつ、呼吸を整え、休憩がてら撮影。なかなか雰囲気の良い苔むした渓流の岩場で寛ぐパーティ。とはいえ、結構へとへとになってきた頃合いでもありました。

小河内川

しばらく歩いていると川の岩盤の色の変わったところがあり、まるでおろし金のような凸凹の川底が続く場所です。浅く歩きやすい場所で、川底も凸凹しているので滑りにくいので、サッサと進みます。来たことがある人は、「あぁ、あそこね」という感じに思うことでしょう。

小河内川

小さな滝に差し掛かりました。ここからの釜(滝壺)は意外にも深くなっているところが多いので注意が必要です。硬い岩盤なのにこれだけ深くえぐられるということは、長い年月をかけて小石などが流れてきて削っていったのでしょうか。また、ここから先は特にV字谷になっているようなところもあり、難所が続きます。

マンドラゴラ

セリ科の植物が川に流されて留まっていました。これだけの根っこと生命力からして、シシウドかオオハナウドらへんの大きくなるやつでしょうか。なんとなくマンドラゴラのような動き出しそうな感じにも見えます。

キノコ

相変わらず倒木は多く、倒木のところにはキノコが生えています。食べられるキノコもいくつかありましたが、取る余裕もないのと、そんなに美味しくないイメージ(ムキタケ)があったのですがスルー。10月も終わり頃に行ったので、キノコも腐りかけでしたので。

V字谷

V字谷です。ここはステミング(両足を開いて突っ張りながら)しながら進みます。濡れているので滑りやすくなっているのと、足の長さが足りないと、、、ドボンっと落ちてしまいそうです。なかなかスリルのある難所ですが、全員水没することなくクリア。

さて、いよいよお待ちかねの七ツ滝(ななつがたき)です。

【深山幽谷の秘境 七ツ滝】
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の壱
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の弐
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の参
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の四

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋