カテゴリー別アーカイブ: ニュース

夜の新スポット長谷寺のウサギ観音の光る赤い目


ウサギ観音

11月3日除幕式にて公開された長谷寺(ちょうこくじ)のウサギ観音。夜になると目が光るというスペックの御影石仕立ての立像ということで、これは新たな夜のスポット誕生になったのではないかということで、撮影してきました。

ウサギ観音

真正面から捉えると、ライトアップの陰影の影響か、フォルムから少々バルタン星人的ではあります。ライトアップされているので、真っ暗闇というわけではありません。

ウサギ観音

この日はたまたま星空もキレイだったので、星空を眺めるウサギ観音の構図も素敵になりました。満月の夜などに撮影したらどんな風に映るのでしょうね。

ウサギ観音

ウサギ観音のお腹を開いて顔を覗かせているのは、十一面観音。長谷寺の十一面観音は国指定の重要文化財になっており、33年に一度御開帳という決まりがあります。なぜ33年に一度なのかというと、観音菩薩が33の姿に変身して衆生を救うという話に由来しているようです。

長谷寺 ウサギ観音

■草取りウサギのモニュメント(製作)構想
 ~長谷寺の文化財維持保存の救世主にしたい~
(目的)
1,佐渡の観光は、このところ低迷状態が続いており、観光客の数も減少の傾向にあります。そこで世界に通用するモニュメント像(シンガポールのマーライオン)に匹敵するような像を設置したい。
2,この構想は日本だけでなく、世界の草取りウサギとして、また将来の佐渡の目玉として佐渡観光増に貢献したい。
※ウサギ観音の目に施す予定であった赤色のレーザーは航空法の都合により断念いたしました。

長谷寺公式HPより抜粋

長谷寺 うさぎ観音

こちらは昼間のウサギ観音。台座を含めると高さ6mだそうです。

長谷寺 うさぎ観音

ぜひ佐渡の新たな名所としてご訪問と参拝をしてみてはいかがでしょうか。
放し飼いにされている草取りウサギもカワイイです。

報道関係者の方へ
報道資料としてZIPファイルをこちらからダウンロードしてください。
パスワードをかけてありますが、悪用防止の為直接メールまたはお電話にてお問い合わせください。

真言宗 豊山派 北豊山 長谷寺
佐渡市長谷13
TEL:0259-66-2052
http://sado-choukokuji.jp/

当館から長谷寺への地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

第72回新潟県美術展覧会(県展) 写真部門入選


新潟県美術展覧会(県展)入選

第72回新潟県美術展覧会(県展)の写真部門に作品を応募して入選しました。
今年の写真応募総数1846点あり、入選354点のうちの1点ということになります。

作品を応募するきっかけとなったのは、市展を見た時に、ここに飾られたら多くの写真家の方が注目する。そしてその同じ景色を撮りに行きたいと思うはず。という思惑があったので、応募しました。正直なところ、応募すれば誰でも飾られると思っていたら、応募された中から選ばれないと、即作品はお持ち帰りとなるのだとか。およそ、1500点もの作品が誰の目に触れることもなく(あ、審査員は見るか)持ち帰らせるわけです。

県展用に作品を印刷して、専用の額に入れるだけで今回13736円かかりました。その他に出品料として1点につき4000円(学生は3000円)かかります。
写真部門だけで、1846点あったわけですから、その作品の現像料金をトータルすると、32740656円!!凄い金額が出ちゃいましたね。たまたま入選出来たから良かったものの、これ入選出来てなかったらショック大きいです。(自分比)

Facebook上のタイムラインに公開した後、県展の応募規約を見たら既に公開されたものに関しては応募出来ませんという記載があり、SNSで公開したものもダメなのかと諦めたていたのですが、それでも引き伸ばして大きな写真にしようかと思い、カメラのキタムラさんに立ち寄ったら、たまたまFUJICOLORの方がいらっしゃって、県展に応募しようと思ったのですが、SNSで公開しちゃったので諦めました。とお話したところ、「え?大丈夫ですよ。」との回答。それではということで、作品を応募することに相成りました。

提出日も差し迫っていたところ、カメラのキタムラさんにもご迷惑をおかけしつつ、尽力していただきなんとか間に合いそうだということになりましたが、なんと提出日が佐渡ロングライド210の前日と当日という、まったくもって身動きが取れない日でした。事務局に事情を説明したところ、提出日の前日に受理していただくという特別に対応していただきました。(本来は提出出来ないところだったわけですが、たまたま団体受付が個人受付の前の日に行っていたので)
ということで、個人エントリー番号1番という番号をいただいたわけです(笑)

天架ける一本橋

作品の撮影地は岩首昇竜棚田の夜。狙いとしては、棚田の水鏡に星が写って綺麗なんじゃないかなぁということで撮影に行きました。
現地に到着すると案の定真っ暗。月明かりも無い日で、天の川が綺麗に横切り、新潟市街の街明かりが水平線のように広がっていました。狙い通り田んぼの水鏡に星が映り込み、その景色に感動しつつシャッターを切ってみると、以前と樹形の変わった木が一本見えました。
とても気になったので、この木を被写体にしようと、この木を真ん中に据えて撮影してみよう。と長時間露光をしても木が真っ暗。これでは木の存在感が無いなぁとスマホのライトを当ててみると、今度は葉っぱの緑が発色していい感じになりました。おまけに天の川と棚田に架ける橋のようにも見え、また、新潟市街と棚田に架ける橋のようにも見え、自然と街と里山を繋ぐ一本橋ということに見立てて、「天架ける一本橋」というタイトルをつけました。

後で岩首の棚田仙人(大石惣一郎さん)からお話を聞くと、観光関係者からはあの木を切ってしまえと言われたとか。
大石さんは、昔からあるこの木も景観の一つであり、大切にしたい。木を切るのはお断りしたそうです。そんなお話を聞いたので、県展の作品展示が終わった後は大石さんにこの作品を献上しようと決めました。

大石惣一郎

岩首昇竜棚田の景観は本当に素晴らしく、いつまでもこの景色と人の営みが続きますように星に祈りを捧げたいと想います。

当館から岩首昇竜棚田までの地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

6/4開催!【学校蔵の特別教室】第3回 「佐渡から考える島国ニッポンの未来」


学校蔵の特別授業

旧西三川小学校で開催されております「学校蔵の特別授業」の開催日が決定しました。
今年は6月4日(土) 13:30~18:00(予定)となります。

学校蔵の特別授業って何?という方に、簡潔にご説明いたします。
当館より車で20分程の距離にある旧西三川小学校は廃校となり、そこを尾畑酒造さんがなんとかしたい!との想いで学校蔵というお酒造りを学べる蔵にするというコンセプトのもと、廃校プロジェクトとして立ち上げ、その特別授業として「学校蔵の特別授業」というのを開催しております。主な内容は、地域づくりのパネルディスカッション型式の討論+講演という感じ。

ちなみに私は立ち上げの当初からPRフォトグラファーとして参加しております。

この学校蔵の校訓は「幸醸心
しあわせをかもすこころと書きます。酒造りを通した人のつながりから幸せを醸すという意味を込め、学校蔵の校訓としたそうです。
学校蔵校訓

この特別授業に携わって感じたことは、授業の内容の良さもさることながら、尾畑酒造さんの人脈の幅広さと濃さに注目していただきたい。島内のへんぴな廃校(失礼)で開催されるにも関わらず、泊まりがけでこの授業に参加していただく生徒(参加者)の方々、また先生となる講師の方もテレビや雑誌などで見かける有名な方。つまり、この授業に参加するだけで、その方たちのマインドを共有するチャンスでもあるということ。

これは地元商工会が開催する講演会とは空気感が違ってきます。(これまた失礼)島の外から交通費をかけて宿泊費をかけてまで集まるわけですから、その意識の高さは相当なはずです。

また、「佐渡から考える島国ニッポンの未来」というタイトルですが、都会が主役ではなく、地方が主役となり、地方から日本の未来を見据えた地域づくり、人づくりを考えていこうというのがいい。今までは都会主体の考えを田舎にプロットしようとして、失敗してきた例を沢山見てきたので、このタイトルに佐渡島が今後どのように進んでいくべきか、自分たちでそれを見出すきっかけになるのではないかという期待感を持っております。

さて、今回はどんな授業となるのか、楽しみです。
私はもちろん参加させていただきます。(PRフォトグラファーとして)
尚、当館は特別授業開催日はお部屋が残り少なくなってきております。お申し込みはお早めにお願いいたします。

【学校蔵の特別教室】第3回 「佐渡から考える島国ニッポンの未来」
日時: 2016年6月4日(土) 午後1時半~午後6時(予定)
場所: 学校蔵(佐渡市西三川1871
テーマ: 「世界とつながる」「地方で起業」
お申し込み → http://www.obata-shuzo.com/home/gg_news1604.htm

当館から学校蔵への地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋