カテゴリー別アーカイブ: 体験

たらい舟(はんぎり)職人金子啓次さんのたらい舟制作現場

たらい舟作り

佐渡島はたらい舟保有台数が世界一!昭和60年代にはおよそ200艘あったと言われております。(小木たらい舟製作技術保存会調べ)今では使われなくなってしまったたらい舟も含め、およそ100艘まで減ってしまったようです。(新潟県調べ)
そんなたらい舟ですが、実は制作する方も亡くなり詳しい資料とかも残されていなかったと、ダグラスブルックスさんの「佐渡のたらい舟」という書籍に記されておりました。こちらの書籍には事細かく、設計図や道具、たらい舟の歴史や現在の使われ方などが書いてあり、大変参考になります。
ですが、、、やはり実際にたらい舟を作っているのを見てみたい!

そんなことで、実際たらい舟を作っている金子啓次さん(宿根木のはんぎり)のところにお邪魔してお話を伺いました。ちなみにはんぎりとは、樽を半分に切ったような底の浅い桶のこと。

竹釘

たらい舟は海で漁具として使われるもので、磯ネギ漁で漁師さんが舟として今でも使っているものです。小木地区の海岸は海底溶岩が隆起して出来た地形で、ゴツゴツして入り組んだ岩場となっており、海藻や貝類など生息しやすい磯となっています。細長いボート状の舟ですと、小回りが効かないので、たらい舟の方が適しているのだそうです。
海で使うものなので、鉄製の釘ではすぐ錆びてしまいますので、この竹釘が使われます。

はんぎりの作り方
たらい舟の作り方

たらい舟は全部で約40枚の横板を並べて、竹釘でつなげていきます。緻密な大工仕事と桶職人ならではの木材の吸水と膨張率など素材の特性を熟知した熟練の技で組み上げていきます。金子さんはたらい舟(はんぎり)の作り手でもあり、漕ぎ手でもある故に、使い勝手も熟知しているので、桶職人や大工さんには無い知恵と知識があり、まさにたらい舟職人さんとしての熟練の技があるお方です。

たらい舟の作り方
たらい舟の作り方
宿根木はんぎり

見ている間に次々と横板が継がれていき、木槌の音が工場に鳴り響きます。木で出来ているので、水を含めば膨張しますし、乾燥すると収縮します。陸に上げておくと当然乾燥するので、そういった手入れも必要になるのだとか。最近ではFRP(繊維強化プラスチック)などでコーティングしたたらい舟がありますが、木が呼吸しづらくなるので、腐りやすくなるのだとか。

たらい舟修復

この棕櫚(シュロ)の繊維は、水漏れする隙間に詰め込み浸水を防ぐ役目があるそうです。昔は乾ききった和船の船底から浸水したら、この棕櫚を詰めて防水していたことから、たらい舟にも使われたのだとか。

たらい舟作りの道具
たらい舟制作の道具

大工道具でも、やはり普通の大工さんが使わないような道具もいくつかあるようです。特にノコギリの形状や刃渡り、鉋の種類など、特殊なものが多いような気がします。

たらい舟の箍
竹の箍を編む

こちらはたらい舟の箍(たが)です。竹で箍を編んでいくのですが、このように長い長い竹を丁寧に割いて編んでいきます。これを嵌めればいよいよ完成に近づいていきます。
このように木と竹だけで舟が作られているんですね。この竹は切る時期も重要だそうです。これをたらいの円周に合わせて編み上げるのも、とても技術のいる作業だそうです。(本人は簡単だよと言いますが、、、)

たらい舟制作 たらい舟制作

最後の板が嵌り、ぐるっと一周横板が繋がりました。あとは箍をハメればいよいよ「たらい舟」らしくなってきます。最後の板ってどうやって叩くんだろう?と思っていたら、板と板の段差のところを叩いて嵌めるんですね。あとは箍を嵌める時にギュッと締めるので、きっちり隙間がなくなるそうです。

たらい舟ミニチュア

作業場の棚にはミニチュアのたらい舟が置いてありました。なんとも可愛らしい感じですが、作る工程は一緒なので、手間はかかるでしょうね。ちなみに、たらい舟一艘いくらぐらいですかとお聞きしたところ、30万で出来るとのこと。一艘欲しい!という方、またディスプレイで使いたい!という方はぜひ金子さんにコンタクト取ってください。

金子啓次さん Facebookアカウント

金子さんは冬はスキーのインストラクターもやっていて、年中お忙しい方なのに、合間でたらい舟も制作しているって本当に凄い。今度は時間を作って、金子さんのご指導の元たらい舟を漕ぐ修行をしたいと思っております。

琴浦の青の洞窟は 落石の恐れがあり通行止めに

青の洞窟通行止め

小木ダイビングセンターから琴浦の竜王洞(青の洞窟)への道が、落石の恐れがあるため通行止めとなりました。
もともと、岩盤が脆く、上の崖のところから崩れてきていました。ココ最近の嵐の際にあちこち大きな岩が落ちてきたり、クラックが入ったりと大変危険な状態だったのでやむ無しですね。

予算があれば崩れても大丈夫なゲートなど作れば大丈夫でしょうけど、そこまでする費用対効果も見込めないでしょうしね。

青の洞窟

とはいえ、力屋観光汽船のモーターボートや、小木ダイビングセンターのシーカヤックで行くことは可能です。
青の洞窟が一番綺麗に見えるのが11:00から14:00ぐらいの太陽光が真上にある時です。青の洞窟が何故青く見えるのかというと、太陽の光は、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の7色で構成されていますが、その中でも青色は水に吸収されにくく、透明度の高い海ならその青色が散乱するため鮮やかな青色に見えます。
たらい舟に乗ったらこれも!青の洞窟 竜王洞と虫谷の入江にモーターボートで!

力屋観光汽船モーターボート

5月には長い海藻が海の底からゆらゆらと漂うのが見られるし、7〜8月は海の透明度も高く日差しも強いのでより青く見えると思います。また、8月のナイトカヤックで行く光る青の洞窟は、地元の人も殆ど知らない超絶景アクティビティだと思います。最近会う人に超絶オススメ中のアクティビティなのです。
夜の青の洞窟が光る不思議なナイトカヤックツアー

小木ダイビングセンター シーカヤック

なかなかたどり着けないからこそ、より一層の秘境感が出た琴浦の竜王洞「青の洞窟」ですが、やっぱりこの青い海の色はぜひ一度見ていただきたいですので、訪れる際には小木ダイビングセンターのシーカヤック、力屋観光汽船のモーターボートで青の洞窟を体験してみてください。

小木ダイビングセンター
力屋観光汽船

琴浦竜王洞「青の洞窟」への地図

佐渡の北端の絶景スポットである二ツ亀に登頂 其の壱

二ツ亀

佐渡島の北の海岸線を外海府といいますが、この北端にある二ツ亀はトンボロ現象といって、潮の満ち引きによって離れ小島になります。つまり、離島の離島になるわけですが、切り立った岩で遊歩道などはなく、地元の人でも登るという方は少ないようです。そんなわけで、この二ツ亀の上から見た景色はどんなだろう?と思い、登ってみることにしました。

潮見表を見ながら、9:00ぐらいには干潮だったので、その時間帯を目指したのですが、近くでイベントがあったのでそちらに参加した後、二ツ亀ビューホテルの駐車場へ。ホテルの左側には二ツ亀へ降りる階段があるので、そちらから二ツ亀の海岸へ降ります。

二ツ亀海水浴場

二ツ亀の砂州がもう繋がっていませんでしたが、2〜3m程度の浅瀬を超えれば渡れそうです。万全を期してウェーダー(胸まである長靴)を用意してきましたので、余裕で渡れます。この時は気づかなかったのですが、砂州を越えて二ツ亀を登る際にはウェーダーを脱いで、靴に履き替えればよかったです。ウェーダーの靴底面はフェルトソールになっていたので、草むらの斜面では滑って歩きにくいです。

砂州

二ツ亀側から見た佐渡島側の景色です。砂州は砂利が集まって出来た陸地ですので、基本的に地面は柔らかく、足跡は深くなります。つまり歩きにくいわけですが、満潮によって沈む砂州のところはもっと柔らかく、浅瀬だと思って油断すると、ぶずぶと沈みますので長靴だと浸水してしまうかもしれません。向かう時には少し左側の岩場を渡るか、ウェーダーを履いて越えることをおすすめします。
干潮時に渡って、砂州がある時であれば大丈夫ですけど。

ちなみに、佐渡島はご承知のとおり離島なわけですが、この佐渡島の二つ亀は満潮時には離れ小島となるので、「離島の離島」ということになります。

玄武岩

ルート的には二ツ亀に向かって右側が上がりやすいです。左側は岩登りをしないといけないのと、岩も崩れやすそうな感じですのでおすすめしません。海岸線には玄武岩が多く、中には縞模様の岩なんかもチラホラ。

しましまの岩

ちょっと色が分かりづらいかもしれませんが、若干青とピンクと茶色が混ざった縞模様のキレイな岩でした。こんな不思議な模様の岩は、どうやって出来たんだろうと思いを馳せつつも、先へ急ぎます。

二ツ亀

二ツ亀は手前に一つ、沖に一つ山があり、真ん中は少し凹んだ感じの、まさしく佐渡の形を小さくしたようなフォルムです。沖の島、磯の島などとも呼ばれたりもするようですが、実はミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで二つ星の観光スポットとして紹介されています。また、海の透明度は高く、日本の快水浴場100選にも選ばれています。

日本の快水浴場100選

海水浴場の水質検査では毎年AAランクで、佐渡随一の透明度です。とはいえ、ここは潮の流れが早いところでもありますので、沖に流されたら大変です。十分注意して泳ぐことをおすすめします。

運輸省一建

手前の亀に上がり、東側に行くと何やら丸い印がありました。「運輸省一建 NO1」と書かれてあります。いったい何の印なのか皆目検討もつきません。二ツ亀には三等三角点があると思うのですが、それは奥の亀にあると国土地理院の地図に記されています。三等三角点は後で探すとして、とりあえず手前の亀への登頂を果たすことが出来ました。

一説によると、亀=カムイとされ、神聖な島として地元でも登る人はいないようなのですが、危ないというのと、誰もそんなことにチャレンジしようとする人がいないというのが実情です。もちろん、登らせてもらう前に手を合わせて「上がらせていただきます」とお参りしてから登頂いたしました。

今まで遠くから眺めるだけだった、二ツ亀がこんな景色だったなんて初めて知りました。
続きは次のブログ記事にてアップいたします。

当館から二ツ亀への地図

【佐渡最北端二ツ亀登頂】
佐渡の北端の絶景スポットである二ツ亀に登頂 其の壱
佐渡の北端の絶景スポットである二ツ亀に登頂 其の弐
佐渡の北端の絶景スポットである二ツ亀に登頂 其の参