カテゴリー別アーカイブ: 体験

琴浦の青の洞窟は 落石の恐れがあり通行止めに

青の洞窟通行止め

小木ダイビングセンターから琴浦の竜王洞(青の洞窟)への道が、落石の恐れがあるため通行止めとなりました。
もともと、岩盤が脆く、上の崖のところから崩れてきていました。ココ最近の嵐の際にあちこち大きな岩が落ちてきたり、クラックが入ったりと大変危険な状態だったのでやむ無しですね。

予算があれば崩れても大丈夫なゲートなど作れば大丈夫でしょうけど、そこまでする費用対効果も見込めないでしょうしね。

青の洞窟

とはいえ、力屋観光汽船のモーターボートや、小木ダイビングセンターのシーカヤックで行くことは可能です。
青の洞窟が一番綺麗に見えるのが11:00から14:00ぐらいの太陽光が真上にある時です。青の洞窟が何故青く見えるのかというと、太陽の光は、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の7色で構成されていますが、その中でも青色は水に吸収されにくく、透明度の高い海ならその青色が散乱するため鮮やかな青色に見えます。
たらい舟に乗ったらこれも!青の洞窟 竜王洞と虫谷の入江にモーターボートで!

力屋観光汽船モーターボート

5月には長い海藻が海の底からゆらゆらと漂うのが見られるし、7〜8月は海の透明度も高く日差しも強いのでより青く見えると思います。また、8月のナイトカヤックで行く光る青の洞窟は、地元の人も殆ど知らない超絶景アクティビティだと思います。最近会う人に超絶オススメ中のアクティビティなのです。
夜の青の洞窟が光る不思議なナイトカヤックツアー

小木ダイビングセンター シーカヤック

なかなかたどり着けないからこそ、より一層の秘境感が出た琴浦の竜王洞「青の洞窟」ですが、やっぱりこの青い海の色はぜひ一度見ていただきたいですので、訪れる際には小木ダイビングセンターのシーカヤック、力屋観光汽船のモーターボートで青の洞窟を体験してみてください。

小木ダイビングセンター
力屋観光汽船

琴浦竜王洞「青の洞窟」への地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

佐渡の北端の絶景スポットである二ツ亀に登頂 其の壱

二ツ亀

佐渡島の北の海岸線を外海府といいますが、この北端にある二ツ亀はトンボロ現象といって、潮の満ち引きによって離れ小島になります。つまり、離島の離島になるわけですが、切り立った岩で遊歩道などはなく、地元の人でも登るという方は少ないようです。そんなわけで、この二ツ亀の上から見た景色はどんなだろう?と思い、登ってみることにしました。

潮見表を見ながら、9:00ぐらいには干潮だったので、その時間帯を目指したのですが、近くでイベントがあったのでそちらに参加した後、二ツ亀ビューホテルの駐車場へ。ホテルの左側には二ツ亀へ降りる階段があるので、そちらから二ツ亀の海岸へ降ります。

二ツ亀海水浴場

二ツ亀の砂州がもう繋がっていませんでしたが、2〜3m程度の浅瀬を超えれば渡れそうです。万全を期してウェーダー(胸まである長靴)を用意してきましたので、余裕で渡れます。この時は気づかなかったのですが、砂州を越えて二ツ亀を登る際にはウェーダーを脱いで、靴に履き替えればよかったです。ウェーダーの靴底面はフェルトソールになっていたので、草むらの斜面では滑って歩きにくいです。

砂州

二ツ亀側から見た佐渡島側の景色です。砂州は砂利が集まって出来た陸地ですので、基本的に地面は柔らかく、足跡は深くなります。つまり歩きにくいわけですが、満潮によって沈む砂州のところはもっと柔らかく、浅瀬だと思って油断すると、ぶずぶと沈みますので長靴だと浸水してしまうかもしれません。向かう時には少し左側の岩場を渡るか、ウェーダーを履いて越えることをおすすめします。
干潮時に渡って、砂州がある時であれば大丈夫ですけど。

ちなみに、佐渡島はご承知のとおり離島なわけですが、この佐渡島の二つ亀は満潮時には離れ小島となるので、「離島の離島」ということになります。

玄武岩

ルート的には二ツ亀に向かって右側が上がりやすいです。左側は岩登りをしないといけないのと、岩も崩れやすそうな感じですのでおすすめしません。海岸線には玄武岩が多く、中には縞模様の岩なんかもチラホラ。

しましまの岩

ちょっと色が分かりづらいかもしれませんが、若干青とピンクと茶色が混ざった縞模様のキレイな岩でした。こんな不思議な模様の岩は、どうやって出来たんだろうと思いを馳せつつも、先へ急ぎます。

二ツ亀

二ツ亀は手前に一つ、沖に一つ山があり、真ん中は少し凹んだ感じの、まさしく佐渡の形を小さくしたようなフォルムです。沖の島、磯の島などとも呼ばれたりもするようですが、実はミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで二つ星の観光スポットとして紹介されています。また、海の透明度は高く、日本の快水浴場100選にも選ばれています。

日本の快水浴場100選

海水浴場の水質検査では毎年AAランクで、佐渡随一の透明度です。とはいえ、ここは潮の流れが早いところでもありますので、沖に流されたら大変です。十分注意して泳ぐことをおすすめします。

運輸省一建

手前の亀に上がり、東側に行くと何やら丸い印がありました。「運輸省一建 NO1」と書かれてあります。いったい何の印なのか皆目検討もつきません。二ツ亀には三等三角点があると思うのですが、それは奥の亀にあると国土地理院の地図に記されています。三等三角点は後で探すとして、とりあえず手前の亀への登頂を果たすことが出来ました。

一説によると、亀=カムイとされ、神聖な島として地元でも登る人はいないようなのですが、危ないというのと、誰もそんなことにチャレンジしようとする人がいないというのが実情です。もちろん、登らせてもらう前に手を合わせて「上がらせていただきます」とお参りしてから登頂いたしました。

今まで遠くから眺めるだけだった、二ツ亀がこんな景色だったなんて初めて知りました。
続きは次のブログ記事にてアップいたします。

当館から二ツ亀への地図

【佐渡最北端二ツ亀登頂】
佐渡の北端の絶景スポットである二ツ亀に登頂 其の壱
佐渡の北端の絶景スポットである二ツ亀に登頂 其の弐
佐渡の北端の絶景スポットである二ツ亀に登頂 其の参

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

千と千尋の神隠しのモデルになった小木たらい舟の非日常風景

たらい舟

ジブリの大ヒット映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われている、小木のたらい舟。現在では力屋観光汽船、矢島経島、宿根木などで搭乗体験が出来ますが、やはり一番の非日常感のある風光明媚な場所といえば、「矢島経島」ではないかと思います。大人500円、小人300円が体験料金で、矢島のいわれ、経島のいわれなどガイドしながら船頭さんが漕いで案内してくれます。船頭さんが磯着姿なのは、本来たらい舟は漁で使用するためであり、岩場の入り組んだところで小回りがきくたらい舟は、漁をするのに丁度良いからです。

たらい舟

絣の半纏姿の船頭さんに乗せてもらい、いざ出発。この矢島経島のたらい舟は真ん中にガラス窓があり、水中が見えるようになっているのです。そのため少々安定感は無いのですが、スリルも味わえます。自信の無い方は漕ぎ体験は遠慮した方が良いかもしれません。私の知っている範囲では落ちたという方はいませんけども。

矢島経島

ちなみに撮影する際には、遊歩道側から撮ると赤い太鼓橋をバックにたらい舟が映えて良い写真が撮れるのではないでしょうか。無風状態で雲のちょっとある状態の青空の晴れた日なんかは、絶景で透明度の高い海にたらい舟が浮かんでいて良い光景が撮影できると思います。この太鼓橋らへんで折り返しになり、今度は漕ぎ手体験が出来ます。櫂が一本しかなく、これを八の字に回して前進するわけですが、正直何故これで前に進むのか理解出来ません。大抵の方はその場でぐるぐる回るだけで、前に進むことは叶いません。まさにたらい回し状態というやつです。

たらい舟

たまにクロダイが藻の中から出てきたり、小魚の群れが泳いでいたりと海の中も美しい景色が広がっております。入江になっているので、あまり波は立たないのですが、風が強い日は体験が出来ない場合もあります。天候に左右されるアクティビティではありますが、佐渡ならではの体験としてぜひおすすめしたいところであります。

矢島経島

矢島経島
〒952-0605 佐渡市小木365-1 TEL:0259-86-2992
営業時間:8:00~17:00(11月~3月はお休み)
たらい舟:大人500円、小人300円

当館から矢島経島までの地図

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋