タグ別アーカイブ: 外海府

佐渡の北端の絶景スポットである二ツ亀に登頂 其の壱

二ツ亀

佐渡島の北の海岸線を外海府といいますが、この北端にある二ツ亀はトンボロ現象といって、潮の満ち引きによって離れ小島になります。つまり、離島の離島になるわけですが、切り立った岩で遊歩道などはなく、地元の人でも登るという方は少ないようです。そんなわけで、この二ツ亀の上から見た景色はどんなだろう?と思い、登ってみることにしました。

潮見表を見ながら、9:00ぐらいには干潮だったので、その時間帯を目指したのですが、近くでイベントがあったのでそちらに参加した後、二ツ亀ビューホテルの駐車場へ。ホテルの左側には二ツ亀へ降りる階段があるので、そちらから二ツ亀の海岸へ降ります。

二ツ亀海水浴場

二ツ亀の砂州がもう繋がっていませんでしたが、2〜3m程度の浅瀬を超えれば渡れそうです。万全を期してウェーダー(胸まである長靴)を用意してきましたので、余裕で渡れます。この時は気づかなかったのですが、砂州を越えて二ツ亀を登る際にはウェーダーを脱いで、靴に履き替えればよかったです。ウェーダーの靴底面はフェルトソールになっていたので、草むらの斜面では滑って歩きにくいです。

砂州

二ツ亀側から見た佐渡島側の景色です。砂州は砂利が集まって出来た陸地ですので、基本的に地面は柔らかく、足跡は深くなります。つまり歩きにくいわけですが、満潮によって沈む砂州のところはもっと柔らかく、浅瀬だと思って油断すると、ぶずぶと沈みますので長靴だと浸水してしまうかもしれません。向かう時には少し左側の岩場を渡るか、ウェーダーを履いて越えることをおすすめします。
干潮時に渡って、砂州がある時であれば大丈夫ですけど。

ちなみに、佐渡島はご承知のとおり離島なわけですが、この佐渡島の二つ亀は満潮時には離れ小島となるので、「離島の離島」ということになります。

玄武岩

ルート的には二ツ亀に向かって右側が上がりやすいです。左側は岩登りをしないといけないのと、岩も崩れやすそうな感じですのでおすすめしません。海岸線には玄武岩が多く、中には縞模様の岩なんかもチラホラ。

しましまの岩

ちょっと色が分かりづらいかもしれませんが、若干青とピンクと茶色が混ざった縞模様のキレイな岩でした。こんな不思議な模様の岩は、どうやって出来たんだろうと思いを馳せつつも、先へ急ぎます。

二ツ亀

二ツ亀は手前に一つ、沖に一つ山があり、真ん中は少し凹んだ感じの、まさしく佐渡の形を小さくしたようなフォルムです。沖の島、磯の島などとも呼ばれたりもするようですが、実はミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで二つ星の観光スポットとして紹介されています。また、海の透明度は高く、日本の快水浴場100選にも選ばれています。

日本の快水浴場100選

海水浴場の水質検査では毎年AAランクで、佐渡随一の透明度です。とはいえ、ここは潮の流れが早いところでもありますので、沖に流されたら大変です。十分注意して泳ぐことをおすすめします。

運輸省一建

手前の亀に上がり、東側に行くと何やら丸い印がありました。「運輸省一建 NO1」と書かれてあります。いったい何の印なのか皆目検討もつきません。二ツ亀には三等三角点があると思うのですが、それは奥の亀にあると国土地理院の地図に記されています。三等三角点は後で探すとして、とりあえず手前の亀への登頂を果たすことが出来ました。

一説によると、亀=カムイとされ、神聖な島として地元でも登る人はいないようなのですが、危ないというのと、誰もそんなことにチャレンジしようとする人がいないというのが実情です。もちろん、登らせてもらう前に手を合わせて「上がらせていただきます」とお参りしてから登頂いたしました。

今まで遠くから眺めるだけだった、二ツ亀がこんな景色だったなんて初めて知りました。
続きは次のブログ記事にてアップいたします。

当館から二ツ亀への地図

【佐渡最北端二ツ亀登頂】
佐渡の北端の絶景スポットである二ツ亀に登頂 其の壱
佐渡の北端の絶景スポットである二ツ亀に登頂 其の弐
佐渡の北端の絶景スポットである二ツ亀に登頂 其の参

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の四

七ツ滝

佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の壱
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の弐
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の参

さて、いよいよ佐渡最大の瀑布七ツ滝(ななつがたき)へと近づいてきました。この大きな釜を超えれば七段100mの落差を誇る、絶景の秘境七ツ滝が待っています。時刻は12:20となっていましたので、七つ滝を眺めながらのランチとなりそうです。もうここまで来ると、不思議と足取りが軽くなってくるのと、難所続きでテンションが上がっているので、どんどん行けそうです。

七ツ滝

ここが七ツ滝の一段目と二段目、その奥に見えるのが三段目です。
もうお腹もだいぶ空いていたので、こちらでお昼ごはん。その前に記念撮影。ほぼほぼ行動食的なものと、非常食的なものしか持ってこなかったので、サクッとお昼ごはんは済ませ、滝の右斜面をガツガツと上がります。そこで驚きの光景が。

七ツ滝

四段目を登り切ると目の前が大きく開け、勇壮な五段目の滝とその上には六段目、七段目が目前に現れます。今まで見た佐渡の滝の中では、高さはもちろんのこと、その雄大さは写真で表現しきれない程の絶景でした。降りてきてから、しっかりした三脚を持っていくべきだったとか、人物を配しての滝をもっと撮影しておくべきだったとか、いろいろと悔やんでしまいました。

七ツ滝

「佐渡にこんなところがあったとは。」
一行は同じ言葉を何度も口にしました。おそらく前日まで雨が振っていたので、水量もあったと思います。下流から上がってくる際には、こんな素晴らしい景色が待っているとは思いもよらず、驚きと感動で思わず涙ぐみそうになるほどでした。

七ツ滝

難所を越えてきた一行が、滅多に来れる場所ではないから、いろいろなアングルで見てみようと横から見てみると、どうやら滝の裏見が出来そうな感じです。もちろん飛沫でびしょ濡れ必須ではありましたが、、、ここまで来たら行くしか無いでしょうと一行滝の裏へと潜り込みます。

裏見の七ツ滝

裏から見た七ツ滝の五段目です。写真を見ても、肉眼で見た感動は表現しきれていません。
広角レンズですと広く撮れるのですが、どうしても全体を写すため被写体が小さく見えてしまいます。ということで、人物を配して撮ってみることにしました。

裏見の滝

いかがでしょうか。この滝の落差と雄大さが少しでも伝わりますでしょうか。
滝の裏側に余裕で入れて、滝の幅もだいぶあります。とはいえ、滝の飛沫でびしょ濡れにはなりますが。

七ツ滝

続いて言い出しっぺの石塚氏です。この素晴らしい滝へとチャレンジしたい!という気持ちが一番強かったのではないでしょうか。むしろ私は彼の付添のような存在です。彼の感動をカラダで表現してもらいました。「廬山昇龍覇のようだね」と言ったらキョトンとされたので、ここらへんはジェネレーションギャップが否めません。

七ツ滝

「この上も行ってみたいね」という言葉に、流石に時間的に厳しいでしょうという判断から下山を選択。また来ればいいじゃないかの言葉に、ワンテンポもツーテンポも遅れつつ、そうだねと。今までで一番過酷な滝への山行となりましたから。さて、下山をするということは、また超えてきた難所を通らなければなりません。

ステミング

ご覧ください、石塚氏の見事なステミングです。
脳内はミッション・インポッシブルのあの音楽が鳴っていたのではないでしょうか。もし、ズルっといったら顔面から水面へと没入してしまうスリル感。見ている方もハラハラします。

石花

私はウェーダー着用ということもあり、二人よりも足早に前へと進みます。ちょっと二人が見えなくなるぐらい、前に進んでしまったので川に石を立ててみました。ロックバランシングをやるほどの時間はありませんが、自然の中の不自然を創出することが出来たのも記録に収めておきましょう。

へつり

さて、ここの釜も結構深いのですが、二人左右へつりチャレンジ。私はウェーダー着用なのでジャブジャブと水中歩行で突き進みます。そしてこの後、、、バランスを崩し石塚氏(左の黄色いウェアの方)まさかの半身水没。きっと疲れと、滝を見れたという安心感もあり、油断もあったのでしょう。10月も末になっていたので、水も冷たかったことでしょう。

小瀑

途中川が分岐していた先に、小瀑があったのでサクッと撮影。七ツ滝を見た後なので感動は薄いですが、落差3〜4mの割と立派な滝です。七ツ滝を見る前なら、もう少し感動もあったと思われます。

倒木

帰路は流石に疲労が限界で、足もあがらず蔓などに足を取られたり、倒木を超えたつもりが足がひっかかったりと、油断していると大怪我をしかねない状況。休みながら行きたいところではありますが、徐々に日没時間へと近づいてきました。

山葵

ちょうどその時、足元にいっぱいのワサビの葉っぱ。ちなみに、山葵と書いてわさびと読みますが、深山に生えている銭葵(ぜにあおい)と似ている葉っぱ故に山葵と名前がついたとか。(諸説あり)

山葵

わさびは自分の周りに他の植物が育たないように、辛味の成分のひとつであるアリルイソチオシアネートを流出して、生育を阻害します。ただ、自分もこの成分で生育を阻害されてしまうため、この成分が土中に留まらないように水の流れるところじゃないとこれほど大きく育ちません。

帰路

徐々に日が暮れ始めてきた頃、川の音に紛れて波の音が聞こえてきました。もうすぐゴールが近いところで水分補給。逆光であるため、目が死んでいるのがわからなくて良いですね。

帰路

さて、ようやく入渓したポイントまでやってきました。ここまで無事来れたのも、パーティの山スキルが高かったことや、チャレンジ精神旺盛だったことのおかげかもしれません。ちょっと間違えれば大怪我した場所はいくつもあったはずです。本来であれば、ヘルメット着用や応急処置が出来る医療用具があるべきですが、そこらへんは次回への反省点としておきましょう。

外海府の夕日

帰る頃にはすっかり外海府の海に夕日が沈む時間となりました。行きに4時間、帰りに4時間という長丁場ではありましたが、無事七ツ滝を拝み、下山することが叶いました。本当に素晴らしい滝ではありますが、万全の装備とガイドがいてたどり着ける場所かと思われます。この記事が少しでも安全と対策に繋がり、秘境の滝への足がかりになれば幸いと思います。

【深山幽谷の秘境 七ツ滝】
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の壱
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の弐
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の参
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の四

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋

佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の参

七ツ滝

佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の壱
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の弐

倒木ばかり目立つ川沿いを上流へと向かいつつ、七ツ滝を目指します。徐々に川幅が狭くなり、川の両サイドが渓谷のように切り立ったところが多くなっていきます。川底も深くなり、長靴では水没するところが多々出てきます。岩壁を登るようなロッククライミング箇所も出てきますので、難易度は高くなっていきます。機材があった方が安全に行けると思われますが、慎重に行けばなんとか行けるレベルではありました。
とはいえ、かなり危険が伴うと思いますので、安易な気持ちで行けるような場所ではないことをお知らせしておきます。

七ツ滝

ナラ枯れの影響なのか、倒木が流されて行く先々で邪魔をしています。雨降りの後だったので、この倒木の上に乗ると足を滑らす危険もありますし、中がスカスカな状態でポキっと折れる場合もあります。そもそも腐って折れたわけですから、折れやすいのは当たり前なのですけども。

滝仙人

途中良い景色を見つけたら水分補給をしつつ、呼吸を整え、休憩がてら撮影。なかなか雰囲気の良い苔むした渓流の岩場で寛ぐパーティ。とはいえ、結構へとへとになってきた頃合いでもありました。

小河内川

しばらく歩いていると川の岩盤の色の変わったところがあり、まるでおろし金のような凸凹の川底が続く場所です。浅く歩きやすい場所で、川底も凸凹しているので滑りにくいので、サッサと進みます。来たことがある人は、「あぁ、あそこね」という感じに思うことでしょう。

小河内川

小さな滝に差し掛かりました。ここからの釜(滝壺)は意外にも深くなっているところが多いので注意が必要です。硬い岩盤なのにこれだけ深くえぐられるということは、長い年月をかけて小石などが流れてきて削っていったのでしょうか。また、ここから先は特にV字谷になっているようなところもあり、難所が続きます。

マンドラゴラ

セリ科の植物が川に流されて留まっていました。これだけの根っこと生命力からして、シシウドかオオハナウドらへんの大きくなるやつでしょうか。なんとなくマンドラゴラのような動き出しそうな感じにも見えます。

キノコ

相変わらず倒木は多く、倒木のところにはキノコが生えています。食べられるキノコもいくつかありましたが、取る余裕もないのと、そんなに美味しくないイメージ(ムキタケ)があったのですがスルー。10月も終わり頃に行ったので、キノコも腐りかけでしたので。

V字谷

V字谷です。ここはステミング(両足を開いて突っ張りながら)しながら進みます。濡れているので滑りやすくなっているのと、足の長さが足りないと、、、ドボンっと落ちてしまいそうです。なかなかスリルのある難所ですが、全員水没することなくクリア。

さて、いよいよお待ちかねの七ツ滝(ななつがたき)です。

【深山幽谷の秘境 七ツ滝】
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の壱
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の弐
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の参
佐渡最大の秘境滝 七ツ滝への道 其の四

関連記事:

佐渡のビジネス観光旅館 ご縁の宿伊藤屋