カテゴリー別アーカイブ: グルメ・地酒

贅沢なお茶の葉「佐渡番茶」を使った佐渡番茶プリン

佐渡番茶プリン

当館のお菓子工房にて作っている「佐渡番茶プリン」は、佐渡産のお茶と、佐渡乳業の牛乳がいっぱい入ったトロトロのぷるんぷるんな、番茶のコクと風味が香るプリンです。レストラン&バーこさどにて販売しております。店内でお召し上がりいただけますし、お持ち帰りもOKです。

佐渡番茶プリン

佐渡乳業の牛乳はパッケージの可愛さだけでなく、味も風味もよく牛乳好きにも評価が高いです。こちらをたっぷりと入れたプリンなので、トロトロでぷるんぷるんな食感になります。番茶は味と香りとコクを最大限引き出すために、粉茶になった佐渡産番茶を使用します。

佐渡番茶プリン

焼き上がった佐渡番茶プリンは冷まして、黒蜜ソースをかけてお召し上がりいただきます。量的にも多すぎず少なすぎず、80g程充填しています。市販のプッチンプリンが67gですから、それより少し多めとなっています。

佐渡番茶

原料の佐渡産のお茶の葉ですが、両津地区の潟端・横山・吉井地区で主に栽培されています。こちらは神蔵恵治さんの茶畑で、新芽が出るのが6月頃と8月頃で、二回お茶の葉を収穫することが出来ます。この葉っぱを番茶にするわけですが、番茶というと普段飲みする低級品なお茶を指していて、夏以降に採った三番茶、四番茶を用いたり、製造工程ではじかれた大きな葉っぱを用いられたりします。

神蔵恵治

佐渡産の番茶は一番茶も二番茶も柔らかい若芽も贅沢に焙じているため、苦味や雑味が少なくスッキリとしたお茶の甘みとコクが味わえます。お茶の生産地としては村上と同様北限地帯であり、普通は静岡や京都や佐賀など温かい地方での栽培が多いようです。

お茶の刈り取り

お茶の刈り取りはアーチ状になったバリカンのような機械で行います。大きな袋の中にどんどん入っていき、収穫した葉っぱはすぐJAお茶加工場へと運びこまれます。こちらで破砕、蒸し、乾燥などを行い製品となるお茶へと加工します。

JAお茶加工場

神蔵さんと一緒に加工場の中に入らせていただき、見学させていただきました。お茶の香りがブワッとしつつ、夏の暑さをさらに工場の蒸し暑さが上乗せされたような場所でお茶が作られます。

佐渡産お茶の加工
佐渡お茶職人
佐渡お茶職人

お茶の葉っぱの揉み加減や、番茶の焙じる加減など最終的には職人さんの目利きで商品へと仕上がっていきます。佐渡番茶の商品が仕上がると、柿の葉茶などの加工もしていたり、他のお茶製品もこちらで加工しているようです。

・さどまるしぇ 佐渡番茶
https://sado-sanchoku.net/index.php?dispatch=products.view&product_id=108

・さどのめぐみっ茶
https://megumittya.com/

・矢田農園 柿の葉茶
https://sadoyata.theshop.jp/items/2004250

・沼垂ビール 佐渡番茶エール
https://nuttaribeer.stores.jp/items/6030a188aaf043223a326f77

逸見酒造 真稜山廃純米酒GON

真稜 山廃純米GON

当館からほど近い酒蔵の逸見酒造さんの新銘柄「真稜 山廃純米GON」が入荷いたしました。
真稜の山廃といえば、山廃純米大吟醸のみでしたが、精米歩合65%の純米酒が出来ました。以前蔵元さんからぬる燗で飲んでみてくださいとおすすめされ、おすすめのとおりぬる燗にして飲んでみたところ旨味が増し、冷で飲むより酸味が抑えられ
抜群に美味しく感じられました。機会がありましたらお試しください。

真稜山廃純米GON(ごん)の名付け親は、佐和田の山田屋喜右ヱ門のスタッフの方。逸見酒造さんの屋号である権左衛門から命名されたそうです。また、ラベルの揮毫者は真野の本間啓五さん。この方は全国きき酒大会で見事優勝された方で、この方の後追いで私も全国大会に出場いたしましたが、団体戦で3位という結果で及びませんでした。真野には全国大会出場者が3人もいるわけですが、以前は蔵も4軒ほどあり、これらの銘酒がきき酒レベルを育んだのかもしれません。

逸見酒造さんの真稜山廃純米GONは限定販売ですので、なかなか入手が困難かもしれません。
ご購入はぜひ佐渡の酒屋さんにてお買い求めください。(お店によっては地方発送も承っていますので)

逸見酒造
〒952-0305 佐渡市長石84
TEL:0259-55-2046
http://henmisyuzo.com/

当館から逸見酒造への地図

沖縄から佐渡へ。イタリア風洋食屋の夕食堂

夕食堂

4月末にオープンしたばかりのお店、「夕食堂」にさっそくお邪魔しました。
当館からは車で3分程の距離にある、わりと近場のレストランで、沖縄から移住されて佐渡市真野新町で開業されたそうです。
沖縄の夕食堂のブログはこちら。
https://yuushokubou.ti-da.net/

古民家をリフォームしているので、あまり広くは無い作りですが、予約すればお席の確保も出来るようです。

夕食堂

営業時間はランチタイムが12:00~14:00、ディナータイムが17:00~21:00で、定休日は不定休となってます。
駐車場は少し離れたところに停めるような感じです。お店の前が「真野御陵入り口」のバス停があり、小木線や赤泊線でお店の前に丁度降りられます。
タクシーで行く場合、新しいお店の名前って知れ渡っていないことがあるので、「真野御陵入り口バス停まで」というと近くまで行ってくれると思います。(とはいえ、タクシーの運転手さんがバス停の場所まで把握はしていないかも知れませんけど。)

ちなみに、店名が「夕食堂」だからランチはやっていないと思われてしまいがちですが、ランチもやってます。

夕食堂 営業時間

メニューは毎回印刷するのか、その日の日付が記載されております。
日によって提供されるものが違うって、なんだか通いたくなってしまいますよね。メニューを見るとパスタや洋食が中心のようなのですが、一応店主の方にお伺いして「何屋さんでしょうかね?」と問いましたら「イタリア風洋食屋」という感じにお答えになったので、なるほどと。ただの洋食屋というより、イタリア風とつくことでなんとなく想像がつきますよね。

夕食堂 メニュー

とりあえず、佐渡産の黒豚を使ったハンバーグが目についたので、こちらを注文。豚100%なのか、とっても柔らかくてジューシー。デミグラスソースは玉ねぎの甘みを感じる、濃厚なソースでこの豚肉との相性も良く、ごはんが進みます。また、ごはんの炊き加減が絶妙。ほんと美味しいです。佐渡の食材を大切につかってくださってるなと感じます。

佐渡産黒豚のハンバーグ

パスタメニューは佐渡でもなかなか無いので、(最近は増えてきましたが)こちらを注文。小エビときのこのパスタですが、麺の茹で加減もちょうどよく、美味しい。こんなお店が近くに出来てよかった。

パスタ

せっかくなので、デザートも注文。カタラーナというアイスっぽいクリーム菓子で、キャラメリゼしたところにオレンジが載った、濃厚なクリーム感と、さっぱりした味わいの冷たいデザート。ここまできたら、コーヒーもセットで頼むしかありません。コーヒーはドリップで丁寧に抽出したもので、こういうところでもお人柄が垣間見えるというものです。

カタラーナ
コーヒー

当館から徒歩で10分ほど、車で2分という近場に出来た飲食店。
沖縄からいらっしゃったご夫婦が経営するお店ですので、沖縄の情報も聞けることでしょう。
ぜひ、お立ち寄りくださいね。(伊藤屋さんのブログを見て来ました!というと、僕が喜びます。)

夕食堂
佐渡市真野新町413
電話:0259-67-7356
営業時間:ランチ 12:00〜14:00 ディナー 17:00〜21:00
定休日:不定休

当館から夕食堂への地図