カテゴリー別アーカイブ: 農業・漁業・林業

何故?佐渡牛が美味しいのか秘密を探るべく、堂林放牧場へ征く。

佐渡の金井地区の山手にある、佐渡市の管理する堂林放牧場へお邪魔しました。
勝手に行ったわけではなく、今回は佐渡市役所農業政策課 生産振興係の方のご許可とご案内をいただくべくアポをとっておきました。

今まで、牛の生産者の方やJAの方からお話を聞くことはあれど、行政の方から畜産のことについてお話を聞くのは初。堂林牧場に到着すると、さっそく遠くの方から牛を呼び寄せる役所職員。市役所の職員さんが飼育のことをガッツリやれることにびっくりですが、知識量が生産者さんと同等かそれ以上なのではと感じざるを得ません。

今回の目的は牧場のドローン撮影と、牛の様子を撮影させていただくべくアポをとっていたわけですが、佐渡牛の畜産知識についても市役所職員さんからお聞き出来たので、備忘録としてブログに綴っておきます。

堂林放牧場の佐渡牛を撮影したYouTube動画はこちらです。

堂林放牧場は金井地区の平清水をさらに上がった山の高台にあり、国中平野を一望出来る眺めの良い場所。牛さんたちも気持ちよさそうに、草を喰み、のどかな牧歌的風景の典型的ともいえる景色を堪能できます。この放牧場は佐渡市の公共牧場となっていて、広さはおおよそ20ヘクタールあるそうです。
佐渡島の牧場は他にも、関岬放牧場、青木牧場、坪山牧場、経塚放牧場、二ッ岩牧場とあります。

堂林放牧場に入牧させるのは、4月下旬ころ。放牧される牛は、ほとんど繁殖牛で肥育牛の放牧はしません。入牧させる際には、牛たちは大喜びで飛び跳ねたり、柵を飛び越えてしまったりと大はしゃぎするそうで、その様子も見てみたいものです。中には興奮のあまり有刺鉄線に突っ込んで怪我をする牛もいるとか。

撮影に訪問したのは10月頃でしたが、わらびの成長した株がいくつもあり、きっと早春はわらびでいっぱいなのでしょう。市役所職員さんに聞くと、たまに牧場見学のついでにわらび採りもする方もいらっしゃるようで、むしろありがたいとのこと。牛はわらびを食べることはないが、牧草がなくなると食べてしまうこともあるのだとか。わらびを食べるとわらびの中毒成分であるプタキロサイドによって骨髄機能が障害され、血液凝固不全が起こり、出血により重症の場合は1〜3日で死んでしまうこともあるのだそうです。

また、ちょっとした窪みに嵌って起き上がれなくて牛も死んでしまうことがあるとか。約500kgある巨体の牛は自分で起き上がることが出来ず、胃の中のガスが排出されず胃が膨張し、心臓を圧迫して死んでしまのだとか。起き上がれない牛を見つけたらすぐに起こすそうです。

畜産農家の方は、春の放牧で牛を預けて秋まで放牧させます。もちろん経費はかかりますが、預けている間に田んぼをやったり、他のことが出来るので良いのでしょうね。肥育より繁殖をやる畜産農家さんが多いことも頷けます。肥育の場合は自分の牛舎で育て、毎日の世話があるので、旅行にも出かけられないと聞いたことがあります。

放牧場にぽとりと置いてあったレンガのようなものを、牛が舐めていたので、市役所職員さんにお聞きすると、これはミネラルブロック(鉱塩)といって、尿石症の予防や微量ミネラルの補給のために置いてあるそうです。牛も自分のカラダに必要なものを、わかって摂取するんですね。
余談ですが、家の玄関入り口に盛り塩をするのも、牛の舐塩行動が由来するそうで、平安時代の頃、縁談を待つ女性の家の前に盛り塩をし、牛舎に乗った男性貴族を立ち寄らせようと、牛を足止めするのを目論んで置いたのがはじまりだとか。

佐渡牛は黒毛和種という和牛の品種ですが、よく見ると茶色です。黒ぽい茶色といいましょうか、焦げ茶色というか、そんな色をしています。肥育牛の牛舎の中にいる黒毛和種の牛は、それこそもっと黒っぽいのですが、どうやら放牧で外にいると紫外線により毛色も茶色っぽくなるようです。ちなみに、生まれたての子牛は茶毛です。

放牧場は豊富に草が生えているので、資料として牧草を与えることは牛小屋で育てるよりは少ないのですが、ゼロではなく、時々与えています。減反で青刈りした稲わらを乾燥させ発酵させることで、カビが生えないようにするのと、ビタミンやミネラルを凝縮するのと、乾燥した牧草を食べることで唾液分泌が多くなり、第一胃の内の働きと発酵を良くし、胃の健康維持にも役立つのだとか。
佐渡のトキの棲む田んぼで、安心安全な稲わらを食べて、ミネラル豊富な牧草を喰み生活している佐渡牛たちから、健康的な子牛が生まれ育ち、天塩にかけて育てられているのだなと感じました。

今回撮影させてもらって、知られざる牧場での牛の生活を垣間見ることが出来ました。
牛舎でのお話も色々とお聞きしたのですが、今回は書ききれないので、また牛舎に取材に行った際に記事にしたいと思います。

美味しい佐渡牛が出来るまで、色んな人の手がかかっているのだと認識しました。
感謝して、いただきます。

佐渡島ご当地パズル「岩首昇竜棚田」を作りました

岩首昇竜棚田パズル

佐渡島ご当地パズル「北沢浮遊選鉱場跡」に続く第二弾!岩首昇竜棚田のパズルが完成いたしました。本来はジオパークのパズルを作ろうと思っていたのですが、尾畑酒造のクラウドファンディング「佐渡島の棚田の風景を守る日本酒を。老舗蔵の伝統と挑戦。」がスタートするとのことで、それに合わせて岩首昇竜棚田のパズルを先に作ろうと急遽予定を変更。

前回と同様にパズルの購入費の一部は寄付する予定です。寄付先はもちろん岩首の棚田の風景を守るため岩首談義所へ。つい先日、岩首昇竜棚田パズル完成のご報告とダンボール一箱分のパズルを棚田仙人こと、大石惣一郎さんにお届けしてきました。
棚田仙人 大石惣一郎

このパズルの元絵となったのは岩首昇竜棚田の展望台からの朝日が登る風景。田植えが終わったばかりの田んぼに、朝日のやわらかな光が差し込み、あたりがピンク色に染まった一日の始まりの瞬間。本当に美しい景色だったので、みなさんに見てもらいたい!そんな想いから元絵にチョイスしました。真ん中に見えるシンボルツリーになっているのは佐渡市の木アテビ。一時期はこのシンボルツリーも棚田の景色に邪魔ということで、切るという話もあったとか。昔からある岩首の自然の風景の一部として守ろうということになったようです。

岩首棚田パズル

こちらのパズルですが、当館および、レストラン&バーこさど、尾畑酒造、佐渡汽船両津港ターミナル売店、新潟港ターミナル売店、西三川ゴールドパーク、佐渡UIターンサポートセンターにて販売しております。
ネット販売は尾畑酒造オンラインショップにて販売中です。

佐渡島ご当地パズル取り扱い店舗様

佐渡島ご当地パズル 3500円(税別)
岩首昇竜棚田
 500ピース
サイズ 縦380mm✕横530mm
のり、のり用スポンジ付き

※売上の一部を岩首棚田保全事業(岩首談義所)へと寄付させていただきます。

ご当地パズル

佐渡産の無農薬パッションフルーツの栽培

パッションフルーツ

真野でパッションフルーツを栽培しているところがある!らしい・・・というお話をお聞きし、JA佐渡さんに問い合わせつつ(個人情報のこともあるのでなかなか情報を渡せないらしい)知り合いからの情報を頼りに、パッションフルーツを育てている、土屋はるみさんの畑へとお邪魔いたしました。
トケイソウのような花が咲くというは知っていましたが、正直パッションフルーツがどんな風に育つのか、よくわからなかったのです。

パッションフルーツはトケイソウ科トケイソウ属の植物で、トケイソウの実のなるタイプ。パッションフルーツのパッションは情熱という意味ではなく、受難という意味で、花の形がキリストの磔にされた十字架のような形であるとか、キリストが受難の際に被らされたといういばらの冠のようであるということから、パッションフルーツと名付けられたのだとか。

パッションフルーツ

世界の熱帯から亜熱帯地域で栽培されている果物で、南国のイメージがあるこのパッションフルーツが佐渡で栽培されているとのことですが、ハウス栽培とか温室栽培かなぁと思いきや、、、まさかの露地植えでした。日本でも九州や沖縄などで露地植えされていましたが、近年では千葉や岐阜などで露地植え栽培されているとのこと。

パッションフルーツ

パッションフルーツは基本的には虫媒花ですが、人工受粉で実をつけさせます。その後実が大きくなり緑色のテニスボール大になります。こちらで栽培されているのは紫玉の方で、他にも黄色や中間交配種があります。生食用に適しているのは紫玉の方で甘みが強く、黄玉の方は果汁が多いそうです。

パッションフルーツの花

果実が大きくなったら、約1ヶ月半で茎のところから落ちるそうです。最初緑色をしていますが、徐々に赤みを帯びてきます。基本的には実も硬いので食べに来る害虫もいないし、高温障害や冬場の越冬以外(4度以上)であれば丈夫で、勢力旺盛でどんどん蔓を伸ばすのだとか。そのため無農薬でも大丈夫だそうです。

パッションフルーツの実

こちらの農園では緑色に大きく育った実に袋をかけて、落下する茎の上の部分から袋をかけて落下を防ぎ、袋の中に落ちるようにしています。透明じゃないのでわかりづらいのですが、慣れると手で持ってみたり、落ちた袋の膨らみでわかるのだとか。
※ぶどう用の袋をかけていますが、中身はパッションフルーツです。

無農薬パッションフルーツ
パッションフルーツ
パッションフルーツ

収穫した実は箱に並べて追熟をします。まだ若干青みがかった感じですが、既にパッションフルーツの甘酸っぱいエキゾチックな南国のフルーツの香りが漂います。佐渡でパッションフルーツを育てているのは、こちらの農園だけのようで、金井のよらんか舎、佐和田の喜右衛門や マツヤ各店、各Aコープなどで取り扱っています。(必ずあるとは限りません)

パッションフルーツ

出荷時期は9月〜10月ぐらいまで。おおよそ1個150円〜200円ぐらいでしょうか。パッションフルーツはクライマクテリック型の果実で、追熟すると美味しくなるフルーツ。表面の皮がしわしわになってからが甘みが増します。ちなみに、りんごと一緒に置いておくと早く追熟します。(フジやジョナゴールドはエチレンの放出が少ないので追熟用には向かないようです。)
逆に追熟させたくない場合は、エチレンの影響を受けないように、袋に入れて密閉しておくと追熟が遅くなり日持ちします。

無農薬パッションフルーツ

食べ方としては、半分に割ってスプーンで掬って食べるもよし、ヨーグルトに果肉を落として食べるもよし。種ごとポリポリ食べれますが、裏ごしして果汁をソーダと砂糖を入れてドリンクにしても美味しいです。ちなみに種にはピセアタンノール(Piceatannol)という成分が含まれており、美容効果や心血管保護などが期待出来るようです。
ちなみに葉っぱや花にも有効成分があり、ハルミンという神経を落ち着かせる作用やがあるのだとか。葉っぱや花は乾燥してお茶にすると美味しく飲めるようです。

佐渡産パッションフルーツ

こんなスーパーフルーツのパッションフルーツが佐渡で栽培されているのを、佐渡の人もあまり知らないと思いますので、ぜひ記事として取り上げたい!そんな想いで農家さんのところへお邪魔して取材させていただきました。
佐渡の初秋の新しい味覚として仲間入り!ぜひご賞味くださいね。